Gadget

返品期間が過ぎてたAmazonで購入したASUS Zenfone6。まさかの返金対応して頂くことができました。

2020年6月6日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

 

昨晩、購入してから約2ヶ月ほどのZenfone6をAmazon.co.jpにて返金対応して頂いた話を書きます。

 

宜しくお願い申し上げます。

結果から。

普通、30日返品対応を過ぎると、返品ができません。

 

だけどググりまくっていたら、なんと「可能だった」という人も。

 

そうしていろいろと進めるうちに、無時に返金対応をして頂くことになりました。

 

チャットで対応してくださったサポートの人やAmazonに感謝です。

ありがとうございます。

やり方

Support Options & Contact Us というAmazonのカスタマーサポートセンターてきなページにアクセス。

 

 

ここまでは一見、アプリとかでよく見る、

「注文履歴」とかなのですが、

 

その下の

「今すぐチャットをはじめる」を押します。

電話でのサポートも可能です。

 

そうすると、新しくウィジェットが開き、AIがまず対応してくださいます。

 

そうすると、

「注文した商品」とか

「kindle」とか

そういう項目がでてきます。

 

僕の場合、「注文した商品」を押しました。

 

そうすると、

自分の購入した商品たちが、一覧で表示されます。

 

スクロールして下のほうまでいくと、何か月も前の商品もタップできます。

 

そして商品をタップすると、

 

「担当者におつなぎいたします。チャットか電話どちらの対応を希望ですか?」

・チャット

・電話

・希望しない

 

という風な選択ができます。

 

僕は電話もチャットもしましたが、

結果的にチャットのほうが状況を落ち着いてうまく伝えられたのはチャットでした。

 

そうすると、

「呼び出しております」てきな感じになって、

いろいろと手続きや状況確認(商品にどんな不具合があった、など)をして進めてくださいます。

購入してからの流れ

Zenfone6は、本当に良い端末です。とても良い相棒です。

 

しかし、「初期不良」というのがやはりネックでした。

 

4月3日ほどにZenfone6を購入。

4月4日くらいに到着、開封。その瞬間に再起動ループ。

そして即日「返品交換」をしたら、翌日には「交換品のZenfone6」が届きました。

 

嬉しかったです。

 

しかし使用して数時間後には、いきなり再起動をしました。

「アップデートかな?ハハハ」と思いこんでいましたが、それは違いました。

 

気が付けば、電源が落ちるようになったり、再起動を繰り返したり、朝起きると1時間くらいは文鎮状態になっていたり。

 

本当にまだ使用して「数週間」などでしたので

「そのうち、直るでしょ。しかもコイツはスペック高いからやっぱりソコが好きだし」と自分は思ってました。

 

だけどやはり外でも、家でも使用中に電源が落ちてしまうという事態があり、

「よし、ここは返品しよう。集中力が途切れてしまう」と思って、

 

Amazonのページを見ると、

「返品・返金手続きのボタンが、、、、ない、、、」という。

 

その日は5月6日か7日だったのを覚えています笑

 

つまりは「ルール上では30日以内に手続きしてね」というのがAmazonのルールなわけです。

 

僕はもうそこで「諦めよう」とおもって、ほかのスマホ端末を購入して、Zenfone6はサブ端末(カメラ専用)として使用することになりました。

 

Pixel3XLをメルカリで購入したり、

AmazonでUMIDIGI F1 PLAYを購入して現在も使用していたり。

 

「なんで、Zenfone6を購入したのにほかの端末を購入してるんだろう。。」と疑問がわきました。

 

それはやはり「初期不良」という製品に問題があることなのに、

それを「選んだ自分が悪い」という風にいつの間にかそう思っていました。

 

そこでダメもとでぐぐってみると、つまりは上記のような手続きができることを知りました。

 

「電話で対応」を選択してAmazonからお電話がありましたが、

若干電波が遠いのか遅延てきな感じの会話だったのと、

受付のかたが「申し訳ない。やはり期限が過ぎてるので無理でした。ASUSにご連絡ください。保証書などあると思います。」

てきな感じでした。

 

ASUS Zenfone6に保証書は入っていますが、

要するに「2週間以内に初期不良があればこちらで検査・整備します。」というモノなのです。

 

実は一度、1台目が初期不良だったのでASUSに電話していろいろ対応していただきました。

アジアのかたがカタコトでお話して対応してくださって、ちゃんとやり取りができて丁寧なかたでした。

 

がしかし、

「点検した商品は3週間かかる」という感じ。

 

結構「ASUS Zenfone6」的な感じでググるといろんな体験談があるので、勉強になります。

 

「せっかく購入したのに、返ってくるのが3週間後くらい。それならほかの端末使用してほうがいいんじゃ。。もしくはこのまま使うか」

という気持ちでした。

 

というエピソードがあったのと、既に購入してから2ヶ月が過ぎていたので、

多分、費用が発生してしまいます。

 

「わかりました。ありがとうございました。失礼します。」とAmazonとのやり取りは終了。

 

一応だめもとで、「チャットでの対応」をしました。

 

先ほどとは違うかたがチャットで対応してくださり、

 

「さようでございますか。不具合や症状はどういうものでしょうか」

と丁寧に気持ちを汲み取って、状況を文字できいてくださいました。

 

「電源が突然落ちたり、再起動を繰り返したりします。でも普通に使えるときは使えてしまいます。カメラや動画も使ってます。でもいきなりまた使えなくなるので、困っております。」みたいな感じでチャットを送と、

 

「電源が落ちる。再起動を繰り返す。上記の不具合から、使用し続けることは困難と判断できます」

「その場合は、返品返金を承ることは可能でございます」

 

と丁寧にご対応してくださいました。

 

僕はまじで歓喜と驚愕の展開で

「え!マジですか!」という風に文字を返しました。

Amazonにまた恩ができました。

結果的に、返金手続きをして頂き、Zenfone6をダンボールに詰めてコンビニから着払いで発送しました。

 

6月6日今現在は、まだ何も返金もご連絡もありませんが、1つ進展できたことが嬉しいです。

 

実際には、

「商品を確認してからの返金」になるので、行方はどうなるかはわかりません。

全額は無理かもだし、よくて50%分ひかれての額かもしれません。

 

あまりそこは期待せず、ただただ対応して頂けたことだけでも嬉しいなと思います。

 

返金されたら、ココの段落に

「結果」を書いておきますね。

終わりに。

いろいろググって情報を見てみると、僕含め、様々な事情があることを知れるいい機会になりました。

 

「友人のためにプレゼントを購入して1か月後にプレゼントを渡して開封すると、余計に1つ追加されていた。」

とか。

 

多分、今までのECサイトや世間の常識だと、

「それは、もうしょうがない」

「まぁそんなこともある」

「だからネットショップはやめておけ」

という事が多かったと思います。

 

僕も昔、ECサイトでネット注文してよく服のサイズとか表記されてるものと全然ちがくて困っていました。

 

だけどAmazonはそれを解消してしまうバケモンな組織だと今回思いました。

 

気が付けば毎週や毎月にはAmazonで注文して翌日には到着してることが多いです。

 

又、KindleやPrimeMusicも毎日使用しています。

 

なんというかもう凄い時代ですよね。

もはやAmazonやGoogle無しではこの世界の多くのひとが大変なことになってしまうくらい依存しているという。

 

なのでAmazonの対応がよくて、更にサービスや購入をしようと思いました。

 

昨日まさかの展開でしたので、今既にスマホがUMIDIGI F1 PLAYだけになって少し寂しい気持ちではありますが、

これでまた1つ気持ちやモノゴト、お金の区切りがついて気持ちがスッキリします。

 

Amazon.co.jpやAmazonのサポートセンターの受付の男性のかたには、深く感謝申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

 

今後は、「あれ?おかしい?」とおもったらはやめに「手続き」しようと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Gadget