Diary

【大量廃棄を防げる?】年末年始は牛乳で乾杯しよう。

2021年12月22日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

【大量廃棄を防ぐ】年末年始は牛乳で乾杯しよう。

 

こんにちは、ひでおわーるどです。

 

さっそくですが、あなたは牛乳がお好きですか?

 

ぼくは、わりと好きなほうです。プロテインとかミロなどを飲むときに牛乳で割って飲むが好きです。

 

そして、なんとですね、岸田首相「牛乳をいつもより一杯多く飲んで頂く、料理に乳製品を活用頂くなど国民の皆さんの御協力をお願いしたい」とおっしゃっているそうです。

岸田首相「年末年始は牛乳を多く飲んで」異例の呼びかけ(TBS News)

 

ということで本日は牛乳のことを記事にして、情報をシェアできればなと思います。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

なんとローソンが年末年始に「牛乳支援」を実施するそうです。

なんと、あの大人気コンビニ、「ローソン」で2021年12月31日~2022年1月1日の2日間限定で全国のローソン店舗で「マチカフェ ホットミルク」を半額の65円で販売するそうです。

 

ちなみに、ローソンのマチカフェの商品はこちら。

https://www.lawson.co.jp/recommend/original/coffee/

 

ホットミルク 130円

ホットミルク

 

ローソンもなかなかやりますね。

スポンサーリンク

牛乳が余ってしまう要因と、対策はヤフーニュースが参考になるかも。

なぜ、牛乳が余ってしまうの?そして対策はどうすればええんや
青い鳥

 

ググってみたところ、ヤフーニュースさんが取り上げてくださっていました。

⋙5000トンの“生乳”が年末年始に余る可能性も…大量廃棄させないために消費者ができること(ヤフージャパンニュース)

 

以下、引用させていただきます。

 

――年末年始に余る見通しとなったのは、なぜ?

要因は、大きく3つあります。

(1)過去の“バター不足”などを背景に、消費者ニーズに応えるべく業界として生乳増産の努力を続けてきたことや、今年は夏・秋に比較的涼しかったこともあり(牛は暑さに弱いです)、生産が好調なこと。

(2)牛乳・乳製品の消費が落ち込んでいること(コロナの影響で飲食店、カフェチェーンなどでの需要が減っていることも響いています)。

(3)そんな中で、年末年始は学校が冬休みで給食用牛乳がなく、スーパーも一部、休みになるところもあり(特に三が日)、一時的に需給が緩和する要因が重なるタイミングであること。

引用元:ヤフージャパンニュース

 

――大量廃棄を避けるために、どのような対策をしている?

酪農家、乳業メーカーなど、それぞれの立場で、できることに取り組んでいただきたいと呼び掛けております。

具体的には…

・業界全体的な取り組みとして「酪農家・乳業者など関係者自らの牛乳利用拡大や地域、家庭など周辺への働き掛け」

・酪農家での取り組みとして「一時的な生乳出荷抑制の実施(12月下旬~1月上旬)」

・乳業メーカーでの取り組みとして「製品における生乳使用率の引き上げ」「乳製品工場のフル稼働」「積極的な販促活動」

・指定団体や乳業者が連携した取り組みとして「各乳業工場やクーラーステーションでの貯乳能力のフル活用」 などをお願いしています。

引用元:ヤフージャパンニュース

 

超個人的ですが、近くのスーパーやドラッグストアで、普段よりも安く購入できればな~なんて思っています。

スポンサーリンク

じつは、西村ひろゆきさんが既に最適解を出していました。

正直言うと、スーパーやドラッグストアでは、値下げは起きない感じがしますよね。

 

ローソンも半額という大胆な行動をされるようですが、量的には、、、と思ってしまいます。

 

そこで、じつは「2ちゃんねる創設者」の西村博之さんが既に最適解を出してくれています。

 

以下、ツイートを引用させていただきます。

 

生乳はバターにすると長期保存可能。 国産バターの9割は北海道で製造。 北海道の生乳は「ホクレン」がほぼ独占。 ホクレンは、生乳をバター用にすると利益が減るので増やさない。 ホクレンは、生乳の価格を下げるより、捨てたほうが儲かるので、生乳価格も下げずに捨てる。

引用元:Twitter

 

 

安くバターを売って各家庭の冷凍庫で保存すれば、バターは6か月以上持ちます。 安く売れば在庫は減るけど、安売りをしたくないので在庫が溜まるという状況ですよね。

引用元:Twitter

 

 

台湾では日本の牛乳が1リットル約1000円で売られていたりします。 海外輸出を広げるというのも一つの手です。 価格が下がるから牛乳を捨てるのを長期的に続けるよりは、外販を考えるほうがマシだと思うおいらです。

引用元:Twitter

 

「バター用の生乳価格を安くして、バターの安売りをしないのは何故?」という当たり前の質問をしないジャーナリスト。 忖度して聞かないのか、頭が悪いのか、どちらなんですかね? 消費者が家庭の冷凍庫にバター入れとけば半年以上持ちます。

引用元:Twitter

 

バターにすることで、「6か月ほど長持ちして保管できる」というメリットがあるんですね。

 

確かにそうすれば、「とりあえず今捨てなきゃいけない運命」を阻止することは可能ですね。

又、「海外輸出して高く売ろう」という作戦もよさげですよね。日本には利益となるわけですし。

 

ところがどっこい、何かの利権なのか手間だからなのか、バターにはせず、又、値下げもせず、という感じの流れではあるようですね。

スポンサーリンク

おなか壊さないように、プロテインとかと飲もう!

ということで、牛乳のお話でした。

 

年末年始はきっと今よりも寒さが増していることでしょう。

 

ですので、おなかを壊さないように牛乳を飲んでいければなと思います。

 

おすすめは、「プロテイン」「ミロ」です。

 

プロテインのおすすめは、やはり大人気の「マイプロテイン」です。

 

ちなみに最近は、マイプロテインよりも若干安い、「WINZONE(ウィンゾーン)」というブランドのプロテインを飲んでいます。マイプロテインよりもアッサリしています。マイプロテインもウィンゾーンもどちらも美味しいですね。

 

そして、最後は「ミロ」です!

たまーに、夜、寝る数時間前に、ホットのミロを飲んで癒されています。美味しいですよね。

 

ということで牛乳のおともに、ぜひ、プロテインやミロも飲んでいきましょう。

 

ではでは、本記事は以上となります。

 

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Diary
-, ,