Minimalism Relationships

スマホを使いこなすだけで嫌な事を減らせたり、楽しい時間を増やせる。

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

 

今日は
「スマホってさいこー」って話です。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

結論から。

結論から言うと、スマホはもう「持ち運べるパソコン」です。

 

なので使いこなせるとそりゃ当然で「できるが増える」のです。

 

できることが増える→処理能力が高くなる→無駄な事をやめたり、ちょっとした作業を瞬間的に処理できる。

てきな感じで、

 

面倒なことや、手間がかかることを減らせます。

 

そしてyoutubeやブログを見たり、アプリで学習したり遊んだり、写真を撮影して楽しんだり、無料通話アプリでチャットやビデオ通話なども楽しめます。

 

つまり

「スマホさいこー」

 

ってことです。

 

スマホをまだ「ケータイ」と思ってる人が多い。

要するに「携帯電話」ですね。

 

僕も、遥か昔、ピピットフォンという電話だけ使える白黒のPHSみたいな電話や、ガラケーなどを使用していました。

もちろん「古きアンドロイド」も使用していたので、あのころはエラーとかバグが凄かったです。

 

現在は、Xiaomi Redmi Note9Sというコスパ最強スマホを使用して動画撮影や編集、youtube閲覧などを楽しんでいます。

 

そこでたまに遭遇します。

 

たまにどころじゃなくて「ほとんどの知人」ですね。

 

・これから「電話」して確認したいことがあるけどいい?

・アプリってなに?

・やっぱりiPhoneだよね

 

てきな人たちです。

 

要するに「ケータイデンワ」という認識ですね。

もちろん携帯電話なのは確かです。間違った情報ではないです。

 

でも僕の認識として、android端末やiPhone端末を見ると

「おお!良いデバイス使ってるね」

「最新のテクノロジーじゃん」

「いいパソコン持ってるね」

というような感覚です。

 

「携帯電話」という単語がほとんどでなくて、要するに「スマホ」ですね。

いまこうしてブログ記事をかいて初めて「携帯電話」という単語を打ち込んでることに気付きました笑

 

要するに、そういうことです。

 

もはやこのスマホ1台で

・旅行にも行ける

・資産運用ができる

・仮想通貨の売買ができる

・動画編集をして面白い映像を作れる

・QRコード支払いでお買い物ができる

・PCのデータを一時的に保存できる箱にもなる

・タクシーも呼べる

・ご飯も自宅に届けてもらえる

・分からない単語や言語、フレーズをgoogleで調べて学ぶことができる

・エクセルの編集などをして送れる

・知らない国の人とゲーム対戦ができる

・音楽がきける

・映画やドラマが見れる

・無料のドライブに動画や画像をたくさん保存できる

・書類をPDF化(電子化)できる

などなど。

 

いやもうまだまだあります。ここまでにしておきましょうか。

 

「携帯する電話」なのは確かに間違いはないのですが、

どちらかというと

「持ち運べる何でも叶えてくれる四角い物体」てきな感じです。

 

それを言うのが面倒なので

「持ち運べるPC」でいいんじゃねって感じです。

 

これを知るだけでも「スマホって、ただの電話とメールの機能だけじゃないんだな」というのが理解できると思います。

 

もはや電話より「画像とチャット」のほうが早かったりします。

 

電話で相手の連絡先を見つけて、そこからコールしてprrrrして、相手が「もしもし、どうしたん?」って言ってるこの20秒~40秒くらいの間に、

 

チャットで

「これって合ってる?」と画像を付けてチャットすれば、

下手すれば「LINEスタンプ」などで「YES!」とか「やるじゃん」みたいな可愛いイラストで応答して即終了することもできます。

 

すごい時代ですよね。

 

無駄を減らせて、やりたい事の時間を増やせる。

要するに、上記の通りで無駄を減らすとその分の労働力や疲労、思考力、気遣いなどの精神力を無駄に使わずに済みます。

 

電話するとなると

・長話になると大変だから先にトイレいっておこう

・相手の体調はどうかな

・相手はいま忙しいかな

・通話代金、少しかかるなぁ。早めに終わらせたいなぁ

・年上だし敬語使うのかぁ。せっかくコーヒー飲んでゆっくりしてるんだけどな。

・喉が痛いけど、電話して無駄に相手の話に付き合って笑わないとなぁ。

・たまに相手電波途切れて、無言の時間が30秒くらいあるんだよなぁ

・声がうるさいので、家から出ないとなぁ、外は天気悪いしめんどうだなぁ。

・バッテリーきれそうだから、途中で切れたら面倒だな

 

みたいな感じで、もうとにかく集中力や、気にしないといけない場面が多いです。

 

これってまじで無駄ですよね。

 

いや無駄ではないのかも。相手の声をきくと、気遣うとか、そういうのは「俺は良い人アピールできるチャンス」でもありますね。

 

でもやはり冷静に考えると今のこの文明の時代ですと、無駄になってしまう可能性のほうが高いです。

 

なぜならば、

「それは自分の都合だから」です。

 

逆を言えば、人や個体にもよるのは当然ですが、たぶん大体は「自分の都合」というのが反映されていると思います。

 

つまりは「自分が上記の通りのことを感じた」のであれば、

相手も「うわ!だる!めんど!」という事も、無きにしも非ずですよね。

 

てことは、お互いに「じゃあ、無駄じゃね」ってなると思います。

 

そして文明や時代のおかげで、

「チャットでよくね」とか「URL送っておいて」とか「画像に〇書いておいて、あとでみるー」というようになりました。

 

そうすると、自然に無駄を減らせます。

 

無駄が減るので、わざわざ「電話代金」とか気にせず、自分のタイミングで発信や伝達ができますね。

 

あなたが「うんこ中」でも「新しいテクノロジーの情報」を調べることができます。

あなたが「草刈り中」でも「耳から音声学習」をして作業をすることができます。

あなたが「スマホゲームで遊んでる最中」でも「ロビー画面からタスクを切り替えて、チャットの返信」ができます。

あなたが「ウォーキング中」でも「データのやり取り」が数タップでできます。

 

つまりは、無駄が多すぎたのです。

 

それを減らせて、しかも減らしたことで他の事に思考力や集中力が使えるので、ほかの作業が捗って、達成感や積み上げができて楽しい時間を過ごせます。

 

電話番号は変えて教えない。

電話番号は僕は何度か変えています。

 

そして変えるたびに「電話番号変えました」とか報告してました。

 

逆をいえば「あれ?電話番号かわった?教えてー」というのもありました。

 

でも今はLINEも消して、電話番号も変えたので、そもそも連絡がきません笑

 

Gmailなどで「どうしたー?話きくよー、番号おしえてー」と来ますが、

丁寧に「番号ないんです。番号を所有していても役所や窓口用に使用しているので。」というように素直に応答します。

 

本当はLINEで役所とか病院の窓口に電話できたら最高ですが、やはり電話番号はまだこの世界は使わないと、

困ったときや、ググっても分からないときに逆に手間になります。

 

でもだれにも教えていません。

 

そうすると当然ですが、「折り返し」なんていう手間も存在しません。

 

LINEにも通話がたまにきます。でもLINEはアプリで通知をオフにしているので気付きません。

でも折り返しせずに「電話できない」と言っています。

チャットのほうが「早い」から。

 

そして情報が残る。

 

「振込先は~~、住所は~~、持ち物は~~、、何時に~」

みたいなのありますよね。電話していると。

 

でもそれがチャットの場合、コピぺできます。めちゃラク。

すぐにグーグルマップにペーストして移動ができる。

 

だから自分はこの「便利」そして「お互いの限り有る時間のなかでの幸福度を減らさない」ためにも、

 

あえて電話番号は教えていません。

 

それによって相手も「おお、早くて助かる」という場合もあるからです。

 

終わりに。もっとスマホを使いこなそう。

僕はまだまだ未熟者です。

 

でもそれでもスマホ1台で、さまざまできることを実践して、体験したのでやはりスマホは便利ですしもはや最高の遊びであり暇つぶしです。

 

最近では言語設定つまりはLanguageを変更して

・中国語

・英語

 

にしています。

 

以前、英語で使用していて、今回は中国語にしてみました。現在はまた英語にしています。

 

こんな小さな実践で、自動的に「言語」が学べます。

 

中国語はまだまだ難しいのと情報量が多いですが、「小米」と書いて「Xiaomi」という意味になることを知れたり、

「下午」と書いて、「午後」の意味も自然に覚えました。

その逆は「上午」です笑

 

今は英語ですが、英語はやはり中国語より馴れているのもあるので、アイコンやスペルを見るだけでも「ああ、そういう意味ね」と脳内で翻訳されます。

分からなければGoogleTranslateつまりはグーグル翻訳をつかえば、単語や意味を即しれます。

 

もはや僕はスマホは、そういう感じです。

 

使いこなせば、辞書にもなるし、図書館にもなるし、ビデオ再生機にもなるし、ラジオにもなるし、ゲーム機器にもなるし、売買ツール、出会いの場、編集室にもなります。

 

これってまじで凄いです。

 

スマホを使いこなせば使いこなすほど、人生の楽しいことが増えたり、嫌な事や面倒な事を減らせます。

 

てことで、おしまいです。

 

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Minimalism, Relationships