Minimalism

「普通」を辞めるだけで、とりあえず人生が少しはラクになる。

2020年7月4日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

今日は「普通という概念を手放すと、少し人生ラクになるんじゃね」って話をします。

宜しくお願い申し上げます。

「普通」を手放した結果

いや正直書くと、全然ぼくは「普通」かも。いやむしろ「普通以下」かもです。

だけど「普通」を手放したら、いろいろとラクになりました。

ラクになるし、むしろ自分のできることが増えたりやりたいことが出てきたり。

まぁ要するに「楽しい」「ラク」的な感じになりました。

よくある「普通」の話。

普通って聞くと、あなたは何を思いますか?

箇条書きしていきましょうか。

 

・ふつーにタイプだ、あのイケメン

・普通に考えて、それはナシよりのアリ

・普通さぁ考えたら、それわかるよね?

・普通に生きてます

・普通その生き方はやばいと思うよ、お前もっとまともになれよ

・普通さぁ、お世話になったらさぁ、礼儀ってもんがさぁ、あるでしょうさぁ

・ふつーもっと頑張る必要があるでしょう!

 

てきな感じでしょうか。

 

なんか自分で文字入力してて思うのは、

 

「なんだこの言葉」って感じでした。

 

まぁでも生きてると、たびたび見かける「普通の話」ですね笑

スポンサーリンク

普通とは結局、伝言ゲームなんじゃね

要するに、これって伝言ゲームでしょうか。

 

例えば僕も実践してた「普通の行為」があります。

それはいったい、なんだと思いますか?

 

宜しければこの記事を読んでくださっているあなたも思考して頂けますでしょうか。

 

はい、

 

てことで、

 

それは

「実家にお金を入れる」という行為を実践していました。

 

これが普通か否かはまぁぶっちゃけ状況、環境、付き合いなどで千差万別なので、とりあえずそういう事です。

 

僕の周囲、付近では「実家に、親にお金を入れる」というのは

 

「普通」だとか「美徳」てきな感じでした。

 

だから僕も3年前に仕事をしていたときなどは14万円くらいの給料で2万円とか1万円とかを実家に納付していました笑

 

僕はあまり反論する系じゃないので多くの人の話をきくと、だいたいは

「普通、〇円はいれるよね」

「普通、数円でも実家にはお世話になってるから、入れるよね」

てきな内容です。

否定ではなく、疑ってみる。

実際、家にお金をいれてる人って、素晴らしいですよね。

それを疑ってみました。

「なぜ、みんな普通に入れたがるのか?」と。

 

そうすると、少し今おもったのが、

 

①周りがやってるから

②感謝のしるしを、物質で示す

③とりあえずやることで意味がありそう

 

てきな。

 

②と③は、たぶん、何にせよプラスになりそうですよね。

 

②の「感謝」を形で示すというのは、シンプルでわかりやすいですよね。

③の「とりま実践」することでなんらかのリアクションが増えますよね。

「え?なんでこんなに入れてくれるの?あなた最高!ならお返しにコレ!」

「ああ、良い子だわ。感動。自慢の子孫だぁ。」

などなど、まぁ良い感じだとおもいます。

 

そして、①.

 

①はもはやただ「伝言ゲーム」をただやってるてきな。

 

・周りがやってるから

・両親もそうやって育ってきたって、教えてもらったから

・世間の目が気になるし

 

てきな。

 

だけどそれって「無駄」ですよね。

 

「毎月2万円でも1万円でも、今住んでる実家にいれる」

 

これって確かに響きはいいけど、それを延々に繰り返す、もしくは長期やるとなると、

「普通のまま」です。

 

そう、このタイトルは

「普通をやめると、ラクになるよー」って話でしたよね。

 

つまり、それこそが「普通」の原因です。

 

疑ってみると、

「あれ?これって本心?」

「この1万円を、ほかの事に投資して増やしてから、入れたほうがいいのでは?」

「確かにお世話になってるけど、ほかの事でもリターンは作れるのでは?」

 

てきな風に、改善だとかアイデアが出てくると思います。

スポンサーリンク

普通を辞めると少しラクになる。

「普通なら、週5で正社員」を辞めて、

 

週2でバイト、たまにUber、不用品はメルカリ販売。

てきな感じでもいいですよね。

 

これだけで少し時間が生まれて、リラックスしたり自分のやりたいことが増えて、楽しい時間を過ごせます。

 

「普通なら、洋服をレパートリー増やす」を辞めて、

 

服を色やサイズ、デザイン、枚数を統一する。

でもいいですよね。

 

これだけで朝目覚めた瞬間から「決断せず」とも洋服や下着を着用して生きていけます。

洋服を買うことも減るので、お金が増えたり買い物にいく時間が削減されるので、読書や学習などにも時間やお金を使えます。

 

 

「普通なら、住まわせて頂いている実家にお金を数万いれる」を辞めて、

 

1000円でも良いですし、むしろモノでもいいですよね、

僕はお金はいれてませんが、掃除、洗濯、雑務などの家事を日々こなしています。

そうすると、自分の部屋だけでなく家全体も広くなったり綺麗になったりして、結果的にみんな快適です。

そして「いれるはずのお金」は、自分に投資をすることで、

「そのうちもっとたくさん入れてあげれたらいいなー」という風に成長をしてったほうが効率よさそうですよね。

 

「普通なら、9割捨てないよ、もったいない」を辞めて、

 

どんどん捨てましょう。9割捨てて思ったのが「全然、問題ない」という事です。

むしろ、快適です。

 

部屋が広くなり、ホコリやハウスダスト、アレルゲンが少なって鼻炎も肌の炎症も落ち着きます。

掃除機は、そのままスイッチONで開始なので丁寧に掃除できるし、サっとやるだけでも済ませてしまいます。

普通をやめたら使う言葉が変わってなんか新鮮です。

・普通にかわいい!

・普通にかっこいい!

・ふつうに似合う!

・普通に元気だよ!

・今日は普通だなぁ

・普通にうまい!

 

こういうフレーズ、よくききます。

 

これを「やめよう」と意識するだけでも、脳内が活性化するし、伝え方が変わります。

 

?「ひでおくん、元気?」

ひでお「はい!昨日まで落ち込んでましたが、ぐっすり睡眠を取ったら元気です!」

てきな。

 

?「これ、おいしい?」

ひでお「塩が良い感じでパリっと食べられて味がこってりで美味しいです!」

てきな。

 

言い回しくそすぎるけど、要するにそういうことです。

 

もちろんスーパーシンプルに

「美味しいです!」

「元気です!」

とかでもいいです。あえて表現をここでは具体的に実現しました笑

 

こういうちょっとした「普通の言葉」を変えてあげるだけでも、やり取りが変わり、自分の言葉が変わり、伝わり方が変わるのでまぁ楽しめるかもしれません。

普通の概念とか知らないから、まぁ生きたいように生きよう。

結論はそういうことです。

 

「普通に生きてる」だけで、僕は幸せです。飯も家も水も風呂も寝床もあるだけで嬉しいなぁって。

スマホでYouTubeもみれるし、kindleで読書もできるし。最高ですね。

 

もはや普通ってのは、上限てきなメーターがないですよね、人それぞれ。

 

だから「普通」って言葉は使わないだけでも、世界が広がります。

 

人それぞれの価値観や信仰、生き方、視線、やりたい事、とにかく違います。

 

つまりは「普通」というメーターにハマるはずがないのに、しかし、

「普通は~」というようにあてはめてしまう。

 

その「普通は~」は、先祖様の時代の話なら、もうこの令和時代にはほとんど適用されません。

 

「普通は、墨汁につけた筆で、手紙をかいて、それを3日間かけて走ってお届けする。これが配達じゃ」

という時代の「普通は~」という概念。

 

そして現代は

「普通は、手紙とかじゃなくてLINEでしょ。いやLINEどころじゃない動画でしょ」

という概念も存在します。

 

あくまで存在です。それが全て適用されるわけではないです。

 

つまり「普通」って言葉を使うのをやめるだけで、

自動的に

「そういう手段あるのか」

「このような方法もあるのか」

「この人、常識はずれだけど、めちゃめちゃ人生を謳歌している」

「並みじゃない精神力だ。。」

てきな観察もできると思います。

スポンサーリンク

終わりに。

てな感じで、「普通」をやめると人生少しラクになる。というお話でした。

 

周りの「普通は~」に流されて、限り有る時間を消耗するのはやめましょう。

 

「普通は~」って言葉は便利ですけど、そうすると「これからの未来」に対応しづらいかも。

 

これからの未来というと、

・5G

・IoT

・AR,VR

・仮想通貨

などあります。

 

これからの未来は、そうやって「普通」じゃないことが現実となるからです。

だからこの時点や、現代の時点で「普通の話」てきなのはもうなくて、日々変化することがたくさんあるので

「普通」にとらわれすぎずに、生きたいように生きましょうって話でした。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Minimalism