Tips

「未来の自分のなりたい姿を強く強く願いましょう」は、しなくてもいい。【変わる日々】

2020年9月15日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

 

今日は、

「将来なりたい自分の姿を強く強く想像しなくてもいいですよ。特に疲れてるときはさっさと寝ちゃいましょう。そして翌日に、自分のなりたい姿に近づく実践をおこないましょう。って感じでいいですよね。むしろしなくてもいい説もありますよね」

って話です、なげー。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

あなたは強く強く願っていることはありますか?

突然ですがあなたは、今現在、将来や未来に向けて強く願っていることってありますか?

 

・歌手になりたい とか

・めちゃめちゃ有名なアニメの声優になりたい とか

・大金持ちになってザギンでシース食べてラーコいっき飲みする とか

・世界平和に貢献する とか

 

多分、人が10人いればそれだけの数、希望や夢、実現したいことがあるとおもいます。

 

僕ですか?

僕はパリでパーリーしてラスベガスでパーリーをしたいです。つまりはパーリーピーポマンです。

銀行口座のお金は143円でした。パーリーピーポの夢は終わりました。

 

僕はいま

「とりあえず健康であれば、まずそれの時点で嬉しくてありがたい」

という感じです。

 

いやいや、そうじゃないって。未来の話とか将来の夢とかしりたいんだよって人いますか?

いたらブックマークしてくださいお願いします。

 

将来の夢とか未来の話は、ぶっちゃけ「ない」です。

あったとしても、

・新しいハイエンドスマホをすぐに使いたいな~

・海いきたいな~

・一人暮らししたいな~

って感じです。

 

もはや将来とかじゃなくて、今やろうとおもえば借金したりすれば実現できそうですね笑

 

これらは強く願わなくてもいいんじゃねって感じです。

 

なぜなら「実現できそう」だから。


将来のことなんて不確実すぎます。

強く強くねがっても、この宇宙ふくむ世界は、とにかく変化に次ぐ変化が凄まじいです。

 

2020年なんて特にそうですよね。

 

「オリンピック!」「経済回復!」という明るいヴィジョンだったでしょう。

 

それがCovid19によって、経営者のひとたちは大変でした。

倒産する会社もいまだに増えています。

 

「オリンピックにむけて仕入れてきたのに、そもそものオリンピックが行われない、さらには経済が停止された状態にちかくなり、売れるものも売れない。来てくれる人も、これない。」

というような状態です。

 

もちろんそれらはメディアの仕業とかだったりします。過剰に映像や情報を投げるだけなげて、不安をあおってるだけというか。

 

この状況をみてたときに僕は、

「本当、世界は不確実なんだな」と感じました。

 

将来も未来も、それらは幻想です。

あるのは、今だけです。

 

今やることをやってる人が、明日になって「昨日これをやった」というように1歩前進します。

 

いきなり「将来の夢は〇〇です!」というように100万歩前進してるようなイメージはもたなくてもいいのです。

 

将来のやりたいことは、今やってしまえばいい。

たとえば最近僕はTikTokで適当に日々の風景を流しています。

 

そうすると意外にもイイネしてくれる若い人たちがいてくれて、「おすすめのってるよ」とかって教えてくれる人もいます。

 

そして気付いたのが、

「絵を描いている人が多い」ということです。

 

将来はYouTuberになりたいとか。絵を描きたいとか。夢がかいてあるひともいます。

 

僕はビックリしました。

 

「めっちゃいいじゃん」って。

 

もちろんプラットフォームとか環境とかデバイスとかは人それぞれあるでしょうし、学業もあったり家庭のこともあるでしょうが、

みんな「発信している」わけです。

 

多くの人は「絵を描いたよ~。(tiktokのあの爆音)」って感じでTikTokに掲載していますが、

ブログとかTwitter、みんなの絵を載せるプラットフォームとかありますよね。

そこに投稿すればさらにみられる確率も上がります。見ている年齢層も変わります。

 

それはさておき、既に「1歩前進」しているわけです。

 

それでいいんですよね。

 

「将来の夢を強くイメージして、そして生きていく」じゃなくて、

「将来やりたいことを、自分のできる範囲に落とし込んで、それを実行して生きていく」的な感じです。

 

僕はいまは友達いませんが過去に繋がっていた人で、

「将来はこういうことをしたいんだよなぁ!今は準備中で!毎日仕事で疲れてるよ~大変だよ~頑張ってるよ~」

みたいな人がいました。

 

僕は驚きました。

「え、いま所有しているスマホやPCをつかえば、発信できるんじゃ...?しかも準備中って昨年もいってたような。。」

「頑張ってるのはしらんけど、というか仕事かえればもっと休みとれて、収入を増やせたりして、更に自分や自分のデバイスをアップデートさせられると思うんだけど。」

という感じです。

 

今やりたいことがあるなら、ほぼやれる時代は既に来ています。それの渦中といっても過言じゃないでしょうか。

 

将来の夢=どこか遠くにある。自分が超人的なスキルやステータスを取得したときに初めて体験できるでだろう神秘的ななにか。

なのでしょうか?

 

将来の夢がサッカー選手なら、今すぐサッカーをしまくって、サッカーの動画をみまくって、プロの出している書籍を読んで過去や練習方法、マインドセットしまくるしかないです。

あとは運や環境とかもありますね。

 

将来の夢がYouTuberなら、今すぐYouTubeで動画をアップして、アップしまくって、アナリティクスみたり、ジャンプカットとかいれて編集したりサムネを思考して選定したりするしかないです。

 

いまやっちゃえばいいです。

 

自分の情報量で未来は変わる。

最後になりますが、情報量で未来は変わります。

 

未来を強く願っても、諸行無常なので確実ではありません。

 

しかし情報があれば、少し未来が読めます。

 

例えば「Xiaomiが日本にくる」というのが懐かしいですが、そんな日もありました。

Xiaomiといえば世界では圧倒的なシェアを誇る中国の会ブランドなのですが、

それが2019年、日本でも取り扱うことが決まりました。

https://www.businessinsider.jp/post-203952

 

2020年でいうと、6月9日に「コスパ良すぎるスマホ」という感じでRedmiNote9SやMi Note10 Liteが発売されました。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1256348.html

ぼくも今そのRedmiNote9Sを使用しています。

 

そうすると、以前からXiaomiなどの中華スマホを使用していたガジェットに詳しいユーザーや発信者は、

 

「未来にXiaomiがくる。つまり情報が足りない。だからこそXiaomiに関する情報をさまざまな媒体で発信すれば、そこに人がきてくれたり、アフィリエイト販売ができたりする」

「Xiaomi製品にフィットするケースやカバー、装飾品を取り扱い販売すれば、ある程度売れるかも」

というような少し先の未来が見えるわけです。

 

これこそが「情報で未来が変わる」ということです。

 

「未来のなりたい姿を想像しよう」じゃなくて、

 

とにかく情報をあつめればおのずと「未来が少し見える」ので「やりたいこと」が自然と想像されてそれを実行したくなります。

 

しかし今の日本の教育では、

「みんなの将来の夢を、今すぐ、ココで書きましょう!なんでもいいよ!さぁ!書いて書いて!早く!パパとママに見せるんだよ!これが今日の授業のノルマだよ!1人も欠けることなく、掲示板にみんなの書いたやつを飾るんだぁあぁ!」

という感じで、

わざわざなんか書きたくもないことを書いたり、思考するチャンスを奪ってせかしたりと、とても意味不明です。

 

おわりに。さっさとやっちゃおう。

てことでそろそろ終わりにしますね。

 

この記事をみてあなたはどう思いましたか?

最高だなって思ってくれた人は、ブックマークしてください。

最低だなって思ってくれた人は、ブックマークしてください。

 

将来の夢とかを想像するのは、楽しいかもしれません。

でも想像しなくてもいいんですよね。

 

なぜなら変化をしているからです。

なにが?

そうそれは地球や、僕もあなたも、ペットも、デバイスもテクノロジーの働き方もお金も、なにもかも。

 

そしたら、自分もおのずと、

「うおお!将来の夢は学校の先生になりたかったけど、PUBGでなんかトップランクになっちゃって毎日ゲーム配信して、投げ銭してもらえてる!最高ー!プロゲーマー育成の発信したり、コミュニティを作るぞお」

みたいに、もう夢もやりたいこともどんどん変わってしまいます。

 

わざわざ強く願わなくても、やりたいことや、自分が興味あることに取り掛かっていればおのずと情報に触れて、さらに今やりたいことをやっているとおもいます。

 

てことで、おしまいです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。さらば。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Tips