広告 ブログ運営

WordPressにTwitter投稿を埋め込む方法3選【プラグイン不要】

※本記事・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

WordPressにTwitter投稿を埋め込む方法3選【プラグイン不要】

 

WordPress(ワードプレス)にTwitter投稿を埋め込む方法が知りたい。簡単にできるのかなぁ。だれかWordPress(ワードプレス)にTwitter投稿を埋め込む方法を教えてください。

 

本記事では、このような疑問を解消します。

 

この記事を書いているぼくは約3年ほどWordPressでブログ運営をしています。最初はわからないことだらけでしたが、WordPressを触り続けていくうちに少しずつわかるようになってきました。

 

本記事の内容としては、以下のとおり。

 

  • WordPressにTwitter投稿を埋め込む方法3選【プラグイン不要】
  • おすすめは『Twitter Publish』で埋め込む【SEO対策】

 

今回は上記の2点を解説します。

それでは、さっそく、見ていきましょう!

れっつごー(・ω・)ノ

 

WordPressにTwitter投稿を埋め込む方法3選【プラグイン不要】

それでは、『WordPressにTwitter投稿を埋め込む方法3選』を解説していきます。

 

WordPressにTwitter投稿を埋め込む3つの方法として、以下のとおり。

 

3つの方法

  1. URLをそのまま貼り付ける(コピー&ペースト)
  2. ブロックエディターで埋め込む
  3. Twitter PublishでHTMLコードを取得して埋め込む

 

上記が3つの方法です。

 

それでは、これからひとつずつ解説していきますね。

 

方法①:URLをそのまま貼り付ける(コピー&ペースト)

まず、方法①:URLをそのまま貼り付ける(コピー&ペースト)です。

 

これは、「あ!知ってる!というか既にやってる!」という方も多いのではないでしょうか。

 

 

Twitterにログインして、埋め込みたいツイートをクリック→URLをコピーします。

 

そして、それをWordPressの投稿画面(ビジュアルエディター)にて、貼り付けするだけです。

 

 

上の画像は、実際に、先ほどのツイートを「コピー&ペースト」してプレビュー画面でブログ記事を開いたときの様子。

めちゃくちゃカンタンですね。

 

この埋め込み方法は、じつは「埋め込みすぎると、ページ表示が遅くなる(動画が重くなる)」というデメリットがあります。

 

ひでお
ひでお
後ほど、「おすすめは『Twitter Publish』で埋め込む【SEO対策】」で詳しく解説していきます。

 

方法②:ブロックエディターで埋め込む

次は、方法②:ブロックエディターで埋め込むです。

 

これは、主に、

「WordPressでブログ記事を書くときに、クラシックエディターではなく、ブロックエディターを使ってる!」

という方に向いています。

 

やり方

ブロックエディターのなかに、Twitterアイコンで表示されている埋め込みブロックがあるので、そこに投稿したいツイートのURLをコピー&ペーストしてあげると、ブログ記事に埋め込むことができます。

 

ちなみに、当サイトは「クラシックエディター」で執筆しています。

 

方法③:Twitter PublishでHTMLコードを取得して埋め込む

最後は、方法③:Twitter PublishでHTMLコードを取得して埋め込むです。

 

これは、ほんのちょっぴり手間がありますが、これもまたカンタンです!

 

まずは、Twitterを開いて、WordPressに埋め込みたいツイートを選択します。

 

 

ツイートの右上の「・・・」(メニュー)をクリックします。

 

 

「</>ツイートを埋め込む」をクリックします。

 

 

そうすると、上の画像のような『Twitter Publish』のページへと飛びます。

»『Twitter Publish』

 

 

青色のボタンの[Copy Code]をクリックすると、ツイートのHTMLコードをコピーすることができます。

 

 

「Copied!」ということでコピー完了です。

あとはWordPressの画面にもどり、ペースト(貼り付け)しましょう。

 

 

クラシックエディター(テキスト)に、先ほどコピーしたHTMLをペースト(貼り付け)するだけです。

実際に、ツイートのHTMLをコピペすると、以下のような表示になります。

 


どうでしょうか。

自然と、WordPressのなかにツイートが埋め込みできているはずです。

 

わーい、できました!

 

ツイート表示を「ダークテーマ」に変更することも可能です

 

 

Twitter Publish』のページにて、「set customization options.」をクリックします。

 

 

  • Light
  • Dark

というように、色を変更することができます。

WordPressのテーマや、ブログ全体の色合いによっては、「Dark」にしてみるのもいいかもしれません。

 

ということで、「方法③:Twitter PublishでHTMLコードを取得して埋め込む」はこれにて以上となります。

スポンサーリンク

おすすめは『Twitter Publish』で埋め込む【SEO対策】

ということで、WordPressにTwitter投稿を埋め込む方法3選をご紹介しました。

 

この3つのなかで、おすすめの埋め込み方法としては、『Twitter Publish』を使って埋め込むのがいいかもしれません。

 

理由としては、以下のとおり。

 

理由

  • URLで埋め込みよりも、『Twitter Publish』で埋め込みのほうがサイトの速度表示が早くなる=SEO的には評価がよくなるから

 

上記のとおり。

つまり、「SEO対策」ですね。

 

近年、「Googleはサイトの表示速度によっても、SEOの評価をしている」とのことです。

もちろんサイト表示速度だけでなく、コンテンツの質や、サイトの見やすさなども関係することは言わずもがなです。

 

やはり、サイトの表示速度というのは、いうなれば「入口」です。

 

この「入口」で渋滞で詰まっている状態、すなわちページの表示遅い状態は、せっかくキーワード検索してサイトをクリックしてくれたひとも、途中でUターン(離脱)してしまいます。

瞬時に離脱されてしまうということは、”このサイトは役目を果たしていない”という低評価がくだる可能性が高くなりますよね。

 

つまり、できるだけサイトのページを軽量化して、ページを早く表示することが”必須”とも言えるのです。

 

そのため、先ほどの「方法①:URLをそのまま貼り付ける(コピー&ペースト)」の場合だと、ツイート数によっては、そのページの表示速度が遅くなる可能性が高くなります。

 

ですので、ほんのちょっと手間かもしれませんが、やはり

『Twitter Publish』を使って埋め込む

という方法が一番トクかもしれません。

 

ちなみに、サイトのページ表示速度を早くする方法も一応書いておくと、以下のとおり。

 

サイトのページ表示速度を早くする方法

  • 画像を圧縮する(プラグインを使用、TinyPNGなどの圧縮ツールを使用)
  • プラグインでCSSやJavascriptの動作を抑える
  • AFFINGER6』を使う(WordPressの有料テーマ)
  • 装飾などをなるべくシンプルにする
  • レンタルサーバーを変える

 

などなど上記のとおり。

『TinyPNG』の使い方はこちらの『【超簡単】無料の画像圧縮ツール「TinyPNG」の使い方【パンダ】』で解説しているので参考になるかもです。

 

ということで、SEOで高い評価を得るためにも、WordPressにツイートを埋め込むときは、『Twitter Publish』で埋め込むのがオススメです。

 

AFFINGER6を使ってみる

 

まとめ:WordPressにTwitter投稿を埋め込んでみよう

まとめ:WordPressにTwitter投稿を埋め込んでみよう

 

今回は『WordPressにTwitter投稿を埋め込む方法3選』を解説しました。

 

内容をまとめると、以下のとおり。

 

3つの方法

  1. URLをそのまま貼り付ける(コピー&ペースト)
  2. ブロックエディターで埋め込む
  3. Twitter PublishでHTMLコードを取得して埋め込む

 

おすすめ

  • おすすめの埋め込み方法としては、『Twitter Publish』を使って埋め込むのがいいかも
  • 「Googleはサイトの表示速度によっても、SEOの評価をしている」から

 

上記のとおり。

 

ぼく自身、この1~2年間は「ツイートのURLをそのままWordPressにコピペする」を何の疑問も持たずにやっておりました。

そうすると、いつの間にか「サイトの表示やツイートの表示が遅い気がする」という感じに直面にしていました。

 

そこからは『Twitter Publish』を使って貼り付けるようにしてからは、だいぶサイト表示がよくなった気がします。又、SEO的にも良い評価を得られているのか、最近はPV数も増えました。

 

この記事を読んでくださったあなたも、『Twitter Publish』を使って、WordPressにツイッターを埋め込んでみてくださいね。

 

ということで、本記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よいワードプレスライフを!





人気のレンタルサーバー

  • この記事を書いた人

ひでおわーるど

ブロガー YouTuber Kindle本出版 週4日だけ労働│東京│30歳 168cm 52kg 細マッチョ│ほぼ全身ユニクロ│ゆるミニマリスト│新NISAインデックス積立 暗号資産 FX│目標:複業で月20万円稼ぐ│INFP-T│お仕事お悩み相談はDMまで✉️

-ブログ運営
-, , , , , ,