広告 パソコン

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』開封&ファーストインプレッション

※本記事・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』開封&ファーストインプレッション

 

  • 『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の外観やキーボードを見てみたい
  • 『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のファーストインプレッションが知りたい

このような好奇心や興味がある方におすすめの記事です。

 

こんにちは、どうもひでおわーるどです。

>>X(旧ツイッター)アカウント:hdowrld

 

タイトルのとおりでして、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』開封&ファーストインプレッションという内容の記事です。

 

これまで約2年ほど、メルカリで約2万円で購入した中古のLet’s note CF-SZ5でブログを書いたり、プログラミング勉強したり、YouTube動画を軽く編集してきました。

そして、時を経て、このたび、ようやくハイスペPCを購入しました。

 

それが、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』です。

 

本記事の結論であるファーストインプレッション感想を書くと、下記のとおり。

 

  • まずシンプルで美しい外観がすばらしい
  • 重量が1.49kgのため比較的持ちやすい
  • 14.5インチ且つ広い画面のため視認性が高い
  • 「i7-13700H/メモリ16GB/512GBssd/GeForceRTX3050」なのでサクサク
  • キーボードが反発具合、静かさなど含めて入力しやすい
  • 顔認証が超便利

 

上記のとおり。

あくまでファーストインプレッションのため、まだまだ未知数な感動やデメリットがあるかもですが、ひとまずは「これは大満足っす」というのが、ぼくの本音です。

 

それでは、画像付きで詳細を見ていきましょう!

あなたのパソコン選択の参考になれば幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

れっつご(・ω・)ノ

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』着弾!開封の様子

それでは、さっそく『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』を開封していきます!

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』が自宅へ届いた

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』が自宅へ届いた

 

自宅に『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』が届きました。

日曜日に注文にして、木曜日に到着しました。(月曜日が祝日だったため、火曜日発送されて2日後に届いた、という計算)

 

 

ぼく自身、パソコンを新品で買うのは人生で2度目かもです。

しかも自分のお金で、159,830円も出して買うのは人生初のため、ある意味、記念すべき日でもあります。

 

Lenovoの段ボールを開封する様子

Lenovoの段ボールを開封する様子

 

新品のパソコンの箱を開けるのはドキドキしますね。

この4~5年間は、中古パソコンを何度か買い替えていたため、基本的に「段ボール開けたら、本体が入って即使用可能」みたいな感じでしたが、今回は違います。

未開封の梱包をひとつずつ解放していく感覚が懐かしいです。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』と電源ケーブル

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』と電源ケーブル

 

箱の中身を出すと、こんな感じで、

  • 『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』本体
  • 電源ケーブル

という感じでシンプルな内容となっています。

 

透明のフィルムを剥がした状態

透明のフィルムを剥がした状態

 

ケースの透明のフィルムを剥がしました。

レノボに限らずですが、パソコンやスマホを梱包箱って、なんでこんなかっこいいんですかね。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』本体とその他書類

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』本体とその他書類

 

箱の中には、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』本体とその他書類が入っています。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』をパカッと開いてみる

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』をパカッと開いてみる

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』をパカッと開いてみると、簡易的な説明フィルムなどは挟まっています。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』が降臨されました

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』が降臨されました

 

ということで、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』が降臨されました。

 

ひでお
ひでお
色もキーボードのシンプルさも、かっこいい、、、

 

「タイダルティール」というのは、正直ぼく自身もわかっていませんが、自分なりの見たまんまを伝えると、

 

「紺色にも見えるときもあれば、青白く見える美しい色」

 

という感じです。

 

光の入り方や、パソコンを置く場所によって、色が変わるようなそんな感じです。

 

Core i7、GeForceが搭載されている

Core i7、GeForceが搭載されている

 

ぼくが購入した『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は、Core i7、GeForceが搭載されています。

そのため、ブログ執筆だけでなく、動画編集などもラクラクこなせそうです。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボード

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボード

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボードの画像です。

 

意外と「外国メーカーのパソコンのキーボードが、商品掲載されているイメージ画像と購入した実物だと違う」ということが、この世界では起きているっぽいです。

 

ぼくが購入した『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボードは画像のとおりでして、

  • Enterキーが小さめ
  • PageUpとPageDownが小さめ

というようなデザインとなっております。

 

ぼく個人的には、今までLet's note CF-SZ5(12インチPC)を使っていたため、キーボードの大きさが当然ですが変わるため、いまこの瞬間にタイピングを練習しながらブログを書いています。

Enterキーが小さいとは感じないため、わりと使い心地はいいです。

 

キーボードの右端っこにLenovoのロゴ

キーボードの右端っこにLenovoのロゴ

 

キーボードの右端っこにLenovoのロゴが入っています。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は非光沢画面(ノングレア/アンチグレア)

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は非光沢画面(ノングレア/アンチグレア)

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は非光沢画面(ノングレア/アンチグレア)となっています。

これは好き嫌い分かれる部分だとは思います。

 

ぼく個人的には、「非光沢画面が目が疲れづらく、自分自身や光が反射しないで済むから、好き」です。

 

一応、わかりやすく上の画像では、「ひでおわーるどがピースしている」というポーズで撮影してみました。

最近、金髪にしたので、よく見ると、ぼくの姿がうっすらと見えます。とはいえ、ほとんど映っていません。

 

ひでお
ひでお
YouTubeやアマゾンプライムビデオを観てるときに、画面が暗いシーンで自分の顔面が反射して現実に戻されることがなくなります。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の全体画像

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の全体画像

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の全体画像です。

すごくシンプルです。

ダイタイティールという色は不思議なもので、またこうして見てみると「黒色っぽさ」もあってクールです。

でも実際は紺色っぽさもあるので、いいですね。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の外面にYOGAのロゴ

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の外面にYOGAのロゴ

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の外面にYOGAのロゴが刻印されています。

これもひとによっては、"気になるポイント”になるかもですね。

 

ぼく個人的には、「無くてもいいけど、このフォントもいいし、このパソコン自体の色にちょうどマッチしててオシャレ」と感じています。

 

「LENOVO」だと”ちょっと強そうな文字”に見えるけど、「YOGA」だと文字数も少なくて、”かわいらしい”みたいな要素もありそうです。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』を初起動してみた

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』を初起動してみた

 

ノートパソコンの右側面に設置してある電源ボタンを押すと、パソコンが起動します。

YOGAというオシャレな文字が出てきて、そのままセットアップ画面と移ります。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のデフォルト画面

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のデフォルト画面

 

セットアップや顔認証なども済ませると、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のデスクトップ画面が開きます。

 

  • 標準で「Windows11」となっています。(Windows11 home)

 

SSDですから当然のごとく、起動も爆速です。

そしてブラウザを開く速度も、切り替えもとても早くて快適です。

 

ということで、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の開封の様子は以上となります。

>>Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 - タイダルティールをチェックする

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のファーストインプレッション

ここからは、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のファーストインプレッションを書いていきます。

 

結論としては、下記のとおり。

 

  • まずシンプルで美しい外観がすばらしい
  • 重量が1.49kgのため比較的持ちやすい
  • 14.5インチ且つ広い画面のため視認性が高い
  • 「i7-13700H/メモリ16GB/512GBssd/GeForceRTX3050」なのでサクサク
  • キーボードが反発具合、静かさなど含めて入力しやすい
  • 顔認証が超便利

 

上記のとおり。

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

まずシンプルで美しい外観がすばらしい

先ほど、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の画像を何枚も掲載してきましたが、やはりまず、本体の外観がシンプルで美しいです。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の外観

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の外観

 

ぼくは現在29歳でして、やはり周りの人がだいたい所有しているデバイス・ガジェットというのは、「iPhone、Macbook、エアポッズ」という感じです。

しかし、この『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は、Macbookにも劣らないほどの美しさと性能を兼ね備えています。

Macbookに限りませんが、最近のパソコンは本当にデザインが洗練されており、どのメーカーも基本的にはかっこいいし、美しいですよね。

個人的には「ガレリアさんのraytrek」とか「mousuさんのDAIV」とかもかっこいいなーと思っています。

製品がたくさんある中でも、この『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は、シンプルで美しいデザインです。

 

重量が1.49kgのため比較的持ちやすい

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の本体重量は、なんと「1.49kg」だそうです。

いわゆるビジネスで使うモバイルノートPCと比較すると、「え、重くない?」となるのが普通ですが、この『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は、グラボ搭載をしており、動画編集も簡単なゲームもプレイできてしまう性能を持っています。

そして価格は、159,830円です。

高いですが、「ほかの2kg級のクリエイターノートパソコン」と比較すると、ほぼ同価格で、しかも軽量設計となっているのが、特徴です。

 

ひでお
ひでお
余談ですが、以前使用していた『Let's note CF-SZ5』は1kgを切る重量(たしか約800~900gほど)だったので、逆に『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は重く感じます。とはいえ、部屋の中で動く分だと軽いです。

 

14.5インチ且つ広い画面のため視認性が高い

わりと、ここが個人的な好きなポイントなのですが、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は「14.5インチ」という他ではあまり見ない画面の大きさをしています。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の14.5インチ画面

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の14.5インチ画面

 

だいたいのノートパソコンは、

  • 12インチ
  • 14インチ
  • 15.6インチ

というような区分があります。

 

その「14インチ」よりも、少し大きい画面なのが、この『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の14.5インチ画面です。

 

以前使用していた『Let's note CF-SZ5』は12.1インチだったので、いまこうして『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』でブログ執筆をしていると、すごく画面が広くて、超見やすいです。

 

又、ディスプレイがIPSなので綺麗です。正直ぼくはそんなに画質やリフレッシュレートなどは気にしていないのですが、とはいえ先ほど「YouTube」を視聴していたら、めちゃくちゃ色鮮やかだし、大画面で迫力があって、よりエンタメを楽しめそうです。すばらしい。

 

「i7-13700H/メモリ16GB/512GBssd/GeForceRTX3050」なのでサクサク

この『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は、ハイスペクリエイターノートパソコンです。

 

ザックリですが、スペックをまとめておくと、下記のとおり。

 

機種名Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8
カラータイダルティール
CPUインテル® Core™ i7-13700H プロセッサー (Eコア 最大 3.70 GHz Pコア 最大 5.00 GHz)
OSWindows 11 Home 64bit
グラフィックカードNVIDIA® GeForce RTX™ 3050 Laptop GPU 6GB GDDR6
メモリー16 GB LPDDR5-5200MHz (オンボード)
ストレージ512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
画面ディスプレイ14.5" 3K液晶 (3072 x 1920) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%DCI-P3, 400 nit, 120Hz
内臓カメラIR&1080p FHDカメラ (電子式プライバシーシャッター付)
重量1.49kg

 

よほどの負荷をかける作業をしない限りは、ほとんどのことは余裕で処理できてしまうスペックです。

特に僕のような「ブログ執筆/Kindle本執筆/Canva使う/FHDの動画編集/ちょっとITスキルの勉強/AI触る」などの使い方であれば、難なく処理していけそうです。

 

キーボードが反発具合、静かさなど含めて入力しやすい

キーボード操作に関してですが、これは個人的には「とても重要な点」です。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボード

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボード

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボードですが、ぼくは、とても使いやすいと感じています。

※あくまでファーストインプレッションですが...

 

具体的に表現すると、

  • キーが押しやすい
  • キーの反発具合がいい
  • キーのストロークが深すぎず浅すぎずでいい
  • やわらかい押し心地
  • タイピング音が静かで心地いい
  • キーのサイズがちょうどいい

という感じです。

 

ぼくは、Windows歴が10年前後の長期ユーザーですが、”超パソコン詳しい”ほどではありません。

知識や情報としては「ああ、そういうCPUか。いいね!あのパソコンはハズレかもなぁ。」くらいでして、「あのPCはキーピッチが〇ミリで、、、このパソコンのキーサイズは標準寄りで、、、」というのは、ほとんどわかりません。

そのため、完全にキーボードの体感を表現できなくてごめんなさい。

 

とはいえ、こんなぼくでも、「あ、この『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボードは打ちやすいな」と素直に感じます。

 

いままでレッツノートを使ってきて、正直「レッツノートってまじ文字入力しやすいし最強やん」と思っていました。

でも、いまこうして『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』のキーボードを触りながらタイピングしていますが、こっちのほう(Yoga Pro 7i)のほうが打ち心地もよくて、全然指が疲れません。

なので、いまとても気に入っています。

 

顔認証が超便利

これはまさに「テクノロジーの恩恵」という感じがします。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の顔認証がすごいのか、現代の顔認証システムがすごいのか分かりませんが、いずれにせよ「顔認証が便利」です。

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は顔認証を使用できる

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』は顔認証を使用できる

 

『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の顔認証のどこがすごいのかというと、

 

  • 認証が爆速なので、すぐにパソコンを使える
  • スリープモードになっていて「そうだ、パソコン使うかー!」とパソコンの前に座ると、自動で顔認証が起動して、即認証してパソコンが立ち上がる

 

という点です。

 

もはやスマホの顔認証と同等のレベルで使い心地抜群ですね。

 

パソコンって一定時間触らずに放置しておくと、「スリープモード」になりますよね。

つまり画面が真っ暗になり、一時停止する機能のことですね。(電源は入っている)

 

いままで使用していたレッツノートであれば、キーボードを適当に触ると画面が起動して、それでパスコードを入力してロック解除していました。というかこれが従来のロック解除です。

 

しかし、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』の場合、「スリープモード」のときに、パソコンの前に座る(動く)と、自動で検知を開始して、そのまま即顔認証を開始してロック解除してくれます。

 

これを一度使ってしまって慣れてしまうと、もはやこれまでの旧型ノートパソコンに戻るのが億劫になるかもしれません。

 

それくらい便利です。

子ども心がくすぐられて「みんなにも見せたい!」みたいな気持ちなっちゃいます。

 

もちろん最近のノートパソコンには「顔認証」だけでなく「指紋認証」も搭載されているため、より使いやすく、より便利になっています。ひとによっては「指紋認証」が好きかもしれませんね。

ぼくとしては、「認証システム」すらもこれまで使っていなかったため、とても最先端を感じていて興奮しております。

>>Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 - タイダルティールをチェックする

まとめ:『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 』とともに生きていきます。

今回は、『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』を購入して初開封してファーストインプレッションを書いてみました。

 

内容をまとめると、下記のとおり。

 

  • まずシンプルで美しい外観がすばらしい
  • 重量が1.49kgのため比較的持ちやすい
  • 14.5インチ且つ広い画面のため視認性が高い
  • 「i7-13700H/メモリ16GB/512GBssd/GeForceRTX3050」なのでサクサク
  • キーボードが反発具合、静かさなど含めて入力しやすい
  • 顔認証が超便利

 

上記のとおり。

 

一言で言い表すと、「高い金額だったけど、買ってよかった」となります。

 

今後は、この『Lenovo Yoga Pro 7i Gen 8 タイダルティール』とともに生きていきます。

このマシーンでブログもキンドル本も書いて書いて書きまくって、YouTubeも動画編集して投稿しまくって、ITスキルも身に着けてお金稼いでいきます。

 

ということで、本記事は以上となります。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

あなたのパソコン選びに一助になれば幸いです。

それではまた次の記事で!

 

人気のレンタルサーバー

  • この記事を書いた人

ひでおわーるど

ブロガー YouTuber Kindle本出版 週4日だけ労働│東京│30歳 168cm 52kg 細マッチョ│ほぼ全身ユニクロ│ゆるミニマリスト│新NISAインデックス積立 暗号資産 FX│目標:複業で月20万円稼ぐ│INFP-T│お仕事お悩み相談はDMまで✉️

-パソコン
-, ,