Gadget

6月9日に販売されたXiaomi Redmi Note 9Sが当日に届いて感動した。簡易的なレビュー。

2020年6月10日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

 

本日は6月10日でしたが、

 

なんと昨日「Xiaomi Redmi Note 9S」が届きました!

 

Xiaomi Redmi Note 9Sは元々は中国で発売されていたスマホで、グローバル版なども既に発売しておりましたが、

 

6月のしょっぱなに、

「6月9日に、日本で発売!予約開始!」という告知がありました。

 

そして4日に即断即決で予約してしまい、9日の朝10時に早速届きました。

 

まじで嬉しいです。

 

ということで、結論や、感想を書きますね。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

結論から。

・最高です。

 

・画面でかくて嬉しい。

 

・グレイシャーホワイトかっこいい。

 

・お値段が安いほう。(6GB/128GBで30000円)

 

・カメラ全然いい。動画も30FPSなら手振れ補正良い!

 

・広角カメラや、マクロカメラ楽しい!

 

・背面のカメラの位置微妙かと思いきや、むしろ4眼がかっこいい!

 

・ほぼフルディスプレイなので情報量が多くてラク。

 

・指紋認証が、電源ボタンとセットなのでほぼ自動的にロック解除できちゃう。

 

・顔認証もサクサク。

 

・バッテリーが5000もあるので、普通に使ってて余裕。

 

・ああ、書ききれない。

 

・Xiaomiさいこー!

 

・標準で日本に適応している充電器、透明の柔らかいケースと画面保護フィルムが貼られているので即使用できる。

 

・android10なので使い勝手良い。ダークモードとか横から画面戻るとか。

等々。

 

1日使ってみた感想

まず、文句が無いです。

 

そして、

「もうとりあえず一時しのぎのスマホ、これでいいんじゃね?」

「お金ない時は、これで満足できてしまう。」

「むしろ本当にこだわりがないならコレでいいでしょ」

という感じです。

 

僕は、今まで

・Galaxy S9

・Xiaomi PocophoneF1

・Huawei Nova Lite3

・Huawei Mate 20 Pro

・Asus Zenfone6

・Google Pixel3 XL

・UMIDIGI F1 PLAY

 

などの端末を使用していました。

 

シンプルに、「ハイエンドがいい」という感じ。

 

なぜなら、スマホが1台しかない時期があって全てスマホで完結できていたので、

それならやはりスマホがハイスペのほうがいいという感じでした。

 

そして僕はずっと

「Xiaomiって技適がなあ」

「日本で一度発売されたけど、スペックと値段がなぁ」

という感じでした。

 

しかし、今回この新発売された

Xiaomi Redmi Note9Sは、4GB/64GBなら24000円ほどでAmazonでも購入できてしまうわけです。


じゃあ「何が凄いの?」と思うかもしれません。

 

何が凄いかを簡易的に書くと、

 

・スナドラ720G

・大画面

・RamとRomの容量が良い感じ(4/64もしくは、6/128)

・カメラが多い

・SIM2枚入り、そしてmicroSDも入る。

・イヤホンジャックもある

・シンプル

・技適がある

・スマホの平均のお値段よりも安い価格設定

 

てきな感じです。

 

例えば、

「俺はYouTuberだ!カメラ(動画)は命!」

という人は、

・Galaxy S20系

・Zenfone6

・iPhone11ProMax

・中華のハイエンド(技適はともかく)

 

てきな感じになると思います。

 

しかし

「そんなお金使わずに、とりあえずゲーム端末ほしいな」

「とりあえずサブ端末として1台使い勝手良いのがあればなぁ。。」

「子どもにスマホをプレゼントしてあげたいな」

「日中の写真を気軽にとれる端末ほしい」

「大画面でサクサク動いてくれるビューアー的な端末ほしいなあ」

 

という人は、

 

Xiaomi Redmi Note 9S

を推奨いたします。

 

僕もぶっちゃけビックリですし、そして1日経過しているのに興奮しています笑

 

もはやスマホのバランスが歪んでしまった

要するに、これでスマホいいんじゃないっていう気持ちになります。

 

僕が購入したのは、こちら

 

 

 

楽天ビックという、まぁつまりは楽天で購入しました。

 

6GBの128GBストレーズの白色です。

 

これでSnapDragon720Gを搭載しております。

 

お値段は、30000円ですが楽天ポイントなども使用できるので、結果的に

28000円 で購入できました。

 

そうすると、もはや意味が不明になります。

 

僕は既に1週間前に、

「UMIDIGI F1 PLAY」を購入しておりました。

 

もちろんこの端末も、コスパ良いのです。安いし、そして意外とサクサク動くしバッテリーも持つ。

 

しかし、カメラが若干悪いのです。特に動画が。

 

僕は普段からyoutubeの撮影などで動画も使います。

一応F1 PLAYでも撮影はできるのですが、やはり「やはり少し映えが落ちるなぁ」という感じ。

 

F1 PLAYはお値段、24000円。

 

つまりは、、、

 

Xiaomi Redmi Note 9Sの4GB/64GBは、

25000円。

 

これで、ほとんど性能はNote9Sが勝ってしまっているという。。。

 

更にはandroid10が標準で設定されているNote 9Sなので、

使い勝手が良いのです。

 

 

僕は先ほどのスマホ使用歴を簡易的に掲載しましたが、

 

ほとんどAndroid10にアップデートして使用していました。

 

そうすると、めちゃめちゃ慣れているし、とにかく操作がラクなんですね。

 

そうそしてこの話は「ハイエンド端末だからだよね」というのがぶっちゃけセット でした。

 

しかし、このRedmi Note9Sは、

「ミドルエンドモデルの、上位」と呼ばれる端末なのです。

 

アプリも170個近くいれて、そして昨日は動画撮影もVLLOという編集アプリで操作しても、問題がない。

 

インカメは手ぶれ補正がきかないので、片手で持つとブレますが、固定したらもはやリアルな肌で驚き。

 

ハイエンドはハイエンドで操作やか読み込み、書き込みはもちろん強いのですが、

 

もはやRedme Note 9Sって、、、

「もう充分すぎるパフォーマンス」という感じです。

 

多分、従来の2万円台のスマホなら、

 

・3gbの32gbモデル

・ノッチやベゼルが大きい

・SIMは1枚のみ

・動画はブレる

・ゲームはほぼできる気がしない

・カメラも1眼が普通。

・指紋認証もない

 

てきな感じになると思います。

 

もはや上手に書けません笑

なんか、ぶっちゃけレビュー的な記事を丁寧に書こうとおもいましたが、

 

逆に難しかったです。

 

なぜなら

「久しぶりに夢中になっている」という感じだからです。

 

いや夢中というよりかは、

「懐かしい感じ」かもしれません。

 

Xiaomi Pocophone F1を2019年の今頃に購入しましたが、

 

技適認証がされておらず、悲しい気持ちで手放しました。

 

あの時に思ったのが、

「え、4万円でハイエンドゲーミングスマホ買えちゃう時代なの?」

「しかも見た目すきだし」

「なんで日本で販売されないんだろう」

 

という風に考えておりました。

 

結果的に、Xiaomiが日本に上陸してNote10とかそういうのが販売されましたが、

「なんか、Xiaomiだけど、ちょっと求めてたのはそうじゃなくて、、」

というのが正直な感想でした。

 

多分読んでくれているあなたも

「Mi mixシリーズ」

「Xiaomi Mi9」などを想像されていたと思います。

 

それとはまた違う端末ではありますが、

 

「安くて能力値が高いスマホ」ということで、

こちらのXiaomi Redmi Note9Sが来てくれて本当に嬉しいです。

 

Note9Sだけでなくて、Xiaomi note10 liteも販売されました。

 

でも僕はお値段やカメラの性能、そして

「スナドラ720Gのほうが、730Gより性能が高い」という話を聴いて、

 

こちらのXiaomi Redme Note 9Sを購入しました。

 

もうMIUIがまじで懐かしすぎて、好きです。

 

本当に操作がラクですし、画面が広くて情報量も多くてググったときやTwitterみるときもラクですし、そして動画が楽しいです。

 

1080Pの30FPSで撮影していますが、それだと手振れ補正がかかる様子です。

 

60FPSだとグラグラしました笑

 

ここはおいおい検証していきます。

 

買って良かった。

まぁたくさん書きすぎて、あれなんですけど、

 

要するに購入して良かったです。が1番いいシンプルな言葉です。

 

正直、もう1台購入を検討しています。

 

2台持ちで楽しみたいです。

 

購入した場所

僕は楽天市場(楽天ビック)で購入しました。

 

 

なぜ、楽天で購入したかというと、

 

「6gb/128gbの日本版が、ここで買うのが1番良さそうだった」から。

 

Amazonが1番慣れていたのでAmazonで購入しようとおもったのですが、

 

なんと

日本版は4gb/64gbのモデルしか今のところ販売されていない様子でした。


4gb/64gbは、24800円なので、お手頃価格ですが、

 

動画や写真をたくさん撮影したり、アプリをたくさん入れたり、Kindle本をダウンロードしたりするので、

その分容量が多いほうが嬉しいのと、

 

処理能力が高い6GBのほうが生活に適応すると思いました。

 

Amazonだと、「日本正規代理店」という出品元いがいですと、

グローバル版などの様子でした。

 

それを否定しているのではなくて、

・技適認証のマークがついてないかも。。

・対応バンドに違いがあるかも。。

 

という不安があったので、

 

調べてみたら、楽天で

「予約品。6月9日から発売。」という風に6gb/128gbのモデルに表示されていたので、

 

「これは、たぶん、日本版だな」と信じて購入しました。

 

そしたら、9日の午前中の10時に届きました。

 

まじで速くて驚きです。

 

完全に「人気だろうから翌日に届くのかなぁ」と思ってましたが、

朝から届いて本当に捗りました。

 

なので「楽天で買って良かったー!」という気持ちです。

 

僕の場合、楽天のポイントも使用できてそれでお値引きもできたのと、

 

更には購入したときのポイントが1700ポイントくらい付与されるそうなので、

 

結果的に少し安く買えているのも嬉しいところでした。

 

他の家電量販店ネットでも販売されているそうなので、気になる方は検索してみるといいかもしれません。

 

僕はとりあえず楽天でポチって結果オーライでした!

 

 

終わりに。

てことで最後は、画像だけ載せておしまいにしますね。

 

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。

 

全然上手にアウトプットできてなくて、伝えれなくて申し訳ございません。

 

ただとりあえず僕はこれと出逢えて良かったです。

 

これからはまだまだ新作のスマホが出てきます。

それは5G対応端末も。

 

ただそれはまだ焦らずにいきます。電波の設置なども含めると、まだまだ時間がかかるので

焦らず、そして良いスマホを使って毎日の時間を充実させていきます。

 

てことで、おしまいです。

 

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

(早速、Amazonでよく買うSinjimoruの背面ケースを装着)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Gadget
-, ,