FX

【ドル円】8月の第1週のFXの利益は、約84,000円でした。【備忘録】

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

【ドル円】8月の第1週のFXの利益は、約84,000円でした。【備忘録】

 

こんにちは、ひでおわーるどです。

 

この記事は、『8月の第1週のFXの利益は、約84,000円でした。』という単なる備忘録となります。

 

主に、

  • 8月の第1週の損益公開
  • 自分のFX関連のツイートを貼り付ける
  • 「資金」の話
  • 「損切り」の話
  • 「トータル」を意識の話

をザックリ書いていきます。

 

FXや株式、仮想通貨でトレードしている方とか、だれかの参考になれば幸いです。

 

【ドル円】8月の第1週のFXの利益は、約84,000円でした。【備忘録】

結論を書くと、今月8月の最初の週は、約84,000円ほどの利益を出せました。やったー。

 

外為どっとコム 実現損益

 

上のスクショのとおり。

毎日プラス利益で負われたのも、とてもうれしい。

 

  • 特に、8月2日㈫が、ほかの日と比較して「数量が少ない」けれど、利益が大幅に出ています。

 

主にドル円(USD/JPY)でトレードしています。

急激な円安➡円高にもどりつつある➡また円安傾向

という感じでした。

 

 

ぼくの今回の感想としては、

  • 毎日プラスで終われてよかった
  • 相場の波に乗れてよかった
  • 判断を誤ったときは、即損切りできてよかった
  • 大きいLotにも慣れてきた

という感じ。

 

やはり、「相場の波に乗る」というのはとても大事だなと感じます。

 

むかしのぼくは、

  • FXとは、「好きなときに好きな瞬間に大金を稼ぐこと」だと”誤解”していました。

 

もちろん、資金が何百~何千万円もあり、「秒スキャ」などをすれば、ちょっとした数pipsで、利益が数万円出ると思います。

逆を言えば、損失も出るわけです。

 

ポイント

相場の波に乗れると、「イッキに波に乗って遠くのほうまでいける」というメリットがあります。

 

ちょっとした資金でも、波に乗れると、イッキに利益を伸ばせることを、この「円安の日々」と8月の「円高にもどるかも」の動きで体験できています。

そして、その「小さな利益」を更に上乗せして、またトライする。

 

  • ”一瞬で大逆転”ではなく、「利益を積み上げていく作業」みたいな感じです。

 

8月のしょっぱなとしては、自分のイメージしていた以上に良いトータル結果が出たので、わりと嬉しい気持ちです。

 

それでは、以下に、ぼくのFXツイートを貼りつけていきます。(大まかな流れと思考をチェックする)

 

自分のFX関連のツイートを貼り付ける(大まかな流れと思考をチェックする)

8月1日㈪

 

 

8月2日㈫

 

 

8月3日㈬

 

 

8月4日㈭

 

 

8月5日㈮

 

 

「資金」の話

資金は、いま現在(2022年8月)は、25万円の原資を元手にFXトレードしています。

 

元々は、

・2019年にFXを始めて、当時は5,000円とかでトレード(損益もショボい)

・2020年にLINE FXで3万円入れてトレード(数千~1万円くらい利益でたが、その後損失)

・2020年にDMM FXで5.5万円入れてトレード(損失)

・2020年に海外口座で数万円を入れてトレード(何度もロスカット➡0円)

・2021年も海外口座で「数千円チャレンジ」をやり、途中で利益倍増するが、結果ロスカット。

 

上記のように、資金は5万円代が最大でした。

ですので、この過去の自分と比較すると、扱う取引量がグンと上がっています。

 

資金を増やすために、なにをしたかというと、

なるべく支出の最適化(節約)をする(服を買わない、サプリメントやめる、水道水を飲むなど)

労働先がちょうど人手が足りなくて出勤回数が増えて、且つ、自ら「時給上げてたもれ」と頼んで、お給料が少し増えた

他の金融商品(仮想通貨、株式)などを一部売却(こんな一部売却とか書いてるけど数千~数万円です...)して、それをFXに使う

ブログをなるべくたくさん書いて、ブログ収入を増やした

 

こんな感じ。

 

  • そして、それらを「うおりゃ!イッキに全額使うぞ!」というようには、使いませんでした。

 

ここが重要

なぜなら、ぼくはFXがまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ下手だからです。

 

なので、入金するタイミングを様子を見つつ、調整していました。

 

ザックリ書くと、4.5万➡6万➡8万➡13万➡15万➡23万➡25万円というように細かく入金をして資金を増やしていきました。

 

ぼくが使用しているのは『外為どっとコム』というFX取引会社です。

 

この『外為どっとコム』口座だけで、4.5万円でトレードしていたわけではなく、他の口座も併用して、損益を分散させていました。

 

併用していた口座は、

 

この3つです。

 

ぼくは下手っぴトレーダーです。

分散することで、「もう一つの口座では、気楽にやろう」という感じでトレードができるようになりました。

 

こんな感じで、口座を分けておくことで、いつの間にか、もう一つの口座では利益が伸びています。

お小遣い稼ぎもできて、なおかつ「流れに乗ると小さな資金でもわりと利益がでる」という体験もできました。

 

ポイント

以上の話を含めて、『外為どっとコム』で4.5万円でFXトレードをしつつ、傍らで他の口座でもトレードをしつつ、少しだけでも上達できました。

 

そして、ようやく「入金増やして資金を多くしてトレードするぞ!」なり、細かく入金をして、現在の25万円の原資に至ります。

 

「損切り」の話

「損切り」はとても重要です。

ぼくは、先ほど「この数年のFXの資金」をチラりと公開しました。

何度もロスカットされて、低所得なのに、大事なお金を失いまくりました。

 

その原因は超絶シンプルで、

  • 「躊躇なく損切りをすること」ができなかった
  • 「損切りライン/利食いライン」をあらかじめ設定してなかった

という理由です。

 

損切り=「損」を受け入れる。

という心が痛む残酷な行為です。

 

でも、「資金」が残ります。

 

  • 「きょう1万円、損切りした。負けた。でも、資金が残った。あした3万円勝てるかもしれない。」という”勝てる可能性”が残ります。

 

この後にも後述しますが、「トータルで利益を出す」ということがFXは大事です。

いやFXにかぎらず、株式投資も仮想通貨も、テニスの試合も、筋トレも、ダイエットも、テスト勉強でも共通します。

 

「損切り」をすると、その瞬間は、お金が減ります。その瞬間は。

でも、投資の世界に限らず、この世の中は毎秒ずつ、変化をしていて、流れが突然変わります。

なんかスピ系っぽく聞こえますね。ごめんなさい。

 

  • つまり、「損切り=生き延びて、また次の流れに飛びつけるチャンスを得た」ということ。

 

損切りできず、いつまでも「含み損」の場合、「いまめちゃくちゃ急変動がきて、爆益がでるチャンス!」と思っていても、資金が動かせず、なにもできません。

 

メモ

もちろん、「中長期で見れば、この〇〇円まで到達する確率が高い」というようにあえて含み損を抱えることを許容して、デカい利幅を狙うスイングトレードは、ひとによってはアリです。

 

一番、カンタンな方法は、なにかというと、以下のとおり。

 

  • ポジションを持つときは、「OCO注文(損切りオーダー/利食いオーダー)」を入れるだけ。

 

つまり、あらかじめ最初から「損失していい金額はここまで」「ここの価格にきたら利益確定」を決めてしまうことです。

 

「損切り/利食い」をオーダーしておけば、あとはスマホを見ていなくても、YouTubeを観ていても、外出していても、「どちらかの価格に動いて決済されている」となります。

 

ココがポイント

あらかじめ「損する金額は〇〇円まで」と決めているので、どんなに悲惨な暴落が来ても、「元々、損する金額が決まっているので、あまり痛くない」とメンタルが削られずに済みます。

 

数年前のぼくは、”それができない” ひとでした。

 

なので、ムリして大きいLotでポジションを取ると、

  • あ、いまトイレ行きたいのに、チャートから目が離せない...
  • マイナス方向に動いている...!やばい!どんどんマイナス...やばい...
  • 利益が伸びる...!もっと利益ほぴい!ほぴいいい!イケイケーーーー!!!あ、あ...すぐに利益減っちゃった...あ、マイナスだああああ、ぎえぴいーーーーー

と、その1回ごとのトレードによって、感情と時間、そしてお金をムダにしてきました。

 

そんなことをやりつつ、日々読書をしたり、動画を観たり、考えたりしていました。

 

それが突然「ハッ!」としてリンク(理解)して、そこからは、自然と

  • 損切りはサッサとしよう
  • 自分で損切りできないときは「損切り」(SL)を強制的に置く
  • 30分足~4時間足でトレードするときは、あらかじめ「利食い/損切り」を設定する

をできるようになりました。

 

このように、「小さく負ける」ことで資金が減りづらくなりました。

 

小さく負けて、大きい流れがきたら乗ってみる。

そうしたら、「利益が伸び」て、だいぶ利益が出せるようになってきました。

 

特に、この7月~8月は、ただでさえドル円の動きも変動があるのに、そこに「FOMC」や「雇用統計」などの影響もあって、ほんとうに急変動でした。

この急変動が起きても、「損切り」という安全ベルトがあるおかげで、損失が膨らむことはなく、すこしのダメージで抑えられました。

 

この「損切りが重要」を教えてくれたのは、だれか?というと、それは以下の書籍です。



この『デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術』という書籍です。

 

この本は、株式投資の話がメインですが、株式に限らず投資・トレードに関しての「心構え」「考え方」「意識」を教えてくれます。

 

参考

ぼく自身、この『デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術』を読んでから、「投資に臨む姿勢」とか「投資に関する考え方」が変わりました。

 

めちゃくちゃオススメです。

ぼくは電子書籍で買いましたが、できれば紙の書籍も買って、手元に置いておきたいです。

 

ということで「損切り」を意識できるようになり、だいぶトレードが好調になりました。


「トータル」を意識の話

最後に「トータルを意識」の話です。

 

ここまで読んでくれている勇者いますか?

ぼくは、自分で備忘録として書いていますが、「なげえーーーー」ってなっています。

 

ということで最後はサクっと書きますね。

 

先ほどもチラっと書きましたが、「トータルで勝てばいい」ということを、この1~2年で考えるようになりました。

 

ぼく自身、FXをやる前のイメージは、

  • プロのFXトレーダーは無敗を続けていて、1回のトレードでピンポイントで爆益を出し続けている。

というように、誤認識していました。

 

しかし、実際に自分自身もFXトレードをしたり、FXトレーダーのツイッターやYouTube動画を観たり、海外のトレーダーの書籍を読んでみると、どうでしょうか。

 

  • 実際のところ、優秀なトレーダーでも1回は負けていて、損失を出している時期もあったりする。

 

この事実を知ることができました。

 

どんなにトレードが上手いひとでも

  • あ、なんか損切りされてたわ
  • おはぎゃーー
  • きょうは上手くいかないし、休憩

というように、損を出したことを教えてくれています。

 

「だから、なに?」と言いたい方もいるかもなので、結論を書くと、以下のとおり。

 

結論

・朝に数回のトレードで負けが続いても、夜にそれを上回る利益を出せばいい

・「きょうは損失続き」、でも「あした利益をだせばいい」

・今週ダメだったとしても、最後の週に勝てばいい

 

上記のとおり。

 

ココがポイント

つまり、「トータルで利益を出すことが大事」ということ。

 

もちろん、逆のことも言えます。

 

  • いま勝ちまくっていても、翌週や翌月にはボロ負けする可能性もある。

 

ということ。

 

このようにトレードを見ていくと、「数回のトレードで負けても、また勝利を積み上げていけばいい」ということが、ご理解いただけると思います。

 

 

ぼく自身も、日々、上記のようにFXトレードの様子をツイートしています。

 

ツイートにもあるとおりで、

  • ついに月間損益がマイナスからプラスになった
  • トータルで勝とう

という自分自身への教訓として書いています。

 

「月間の損益がマイナス➡プラス」ということは、そういうことです。

このツイートは7月29日ですが、この約30日間のトータルは、損失だったわけです。

 

  • しかし、「トータルで利益を出せばいい」と思っていたので、多少の損失続きも気にならず、日々、「退場せず」に、トレードを続けることができました。

 

今後も、「きょうは負けた」となっても、日々、トレードし続けて「結果的に利益が出た」というようにしていければなと思います。

 

まとめ:来週もFXするのが楽しみ。【小さな勝利を積み上げていく】

今回は、『8月の第1週のFXの利益は、約84,000円でした。』という備忘録を書いてみました。

 

内容をまとめると、以下のとおり。

 

まとめ

8月の第1週は、約84,000円の利益が出ました

自分の1週間のFX関連のツイートまとめ

「資金」を徐々に増やして慣れさせました

「損切り」をあらかじめ設定しましょう

「トータルで勝つ」を意識していきましょう

 

上記のとおり。

たぶん、そこまでオモロい内容ではないですし、珍しくない話だと思います。

 

  • ぼく自身、この「基礎的な考え」が少しずつ身に付いたことで、だいぶFXトレードが楽しく、そして利益が出せるようになり、より楽しくなりました。

 

ということで、備忘録は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-FX
-, , , ,