広告 スマートフォン

Google Pixel 8aが発売されたけど8 Proが買いたい理由

※本記事・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、どうもひでおわーるどです。(X:hdowrld)

タイトルのとおりでして、「Google Pixel 8aが発売されたけど8 Proが買いたい理由」という完全に脳内アウトプット記事となっております。

いつも考えや思考、モヤモヤを紙のノートに書いているのですが、もしかしたらだれか似たような思考の人とかがいれば、この記事が「あ、それわかるw」というようなそんな感じの参考材料になれば幸い。

よろしくお願い申し上げます。

それではいってみよう(`・ω・´)ゞ

結論:Google Pixel 8aよりGoogle Pixel 8 Proが買いたい

タイトルで出オチ感ありますが、結論としては、Google Pixel 8aよりGoogle Pixel 8 Proが買いたいです。

これだけでやんす。

理由:Google Pixel 8 Proが買いたい理由

Google Pixel 8 Proが買いたい理由としては、下記のとおり。

  • 6.7インチの大画面ディスプレイ
  • 最大輝度 1,600 ニトで外出先でも見やすい
  • トリプルカメラ
  • インカメも高画質
  • Google Tensor G3搭載
  • メモリ12GB
  • ストレージが128GB、256GB、512GBで選択可能
  • 5,050 mAhの大容量バッテリー
  • 背面カラーや質感(マット感)が個人的に好き
  • 高価格だが「売るときも高い」のでリセールバリューが高い

という理由だからです。

これらを一言でまとめると、

「高性能なスマホを使えて、そして、次の新作スマホが出たとき(例えば、Pixel 9 ProとかPixel Fold 2とか)に下取り価格も高くつくだろうから、それで”高性能スマホ買い替えルーティン”をおこなえば、よりアウトプットが捗るし、スマホライフを楽しめるから」

という感じです。

ひでお
ひでお

一言長くて草

Google Pixel 8aとGoogle Pixel 8とGoogle Pixel 8 Proの比較

Google Pixel 8aとGoogle Pixel 8とGoogle Pixel 8 Proの比較を見ていきましょう。

Google Pixel 8aとGoogle Pixel 8とGoogle Pixel 8 Proの比較は下記のとおり。

Google Pixel 8aGoogle Pixel 8Google Pixel 8 Pro
価格72,600円112,900円144,000円(15,900円引きセール中)
ディスプレイ6.1インチ(Actua ディスプレイ)6.2インチ(Actua ディスプレイ)6.7インチ(Super Actua ディスプレイ)
輝度最大輝度 1,400 ニト(HDR)、2,000 ニト(ピーク輝度)最大輝度 1,400 ニト(HDR)、2,000 ニト(ピーク輝度)最大輝度 1,600 ニト(HDR)、2,400 ニト(ピーク輝度)
カメラ背面デュアルカメラ
広角レンズ、ウルトラワイド レンズ
超解像ズームによる最大 8 倍のズーム
背面デュアルカメラ
広角レンズ、ウルトラワイド レンズ
超解像ズームによる最大 8 倍のズーム
マクロフォーカス
トリプル背面カメラ
広角レンズ、ウルトラワイド レンズ、望遠レンズ
超解像ズームによる最大 30 倍のズーム
マクロ フォーカス
プロセッサGoogle Tensor G3Google Tensor G3Google Tensor G3
メモリ8GB8GB12GB
ストレージ128GB128GB、256GB(Obsidianのみ)128GB、256GB、512GB(Obsidianのみ)
バッテリー4,492 mAh4,575 mAh5,050 mAh
防水・防塵性IP67IP68IP68
Google Pixel 8aとGoogle Pixel 8とGoogle Pixel 8 Proの比較表

このようになっています。

こうして表にまとめてみると、

「Google Pixel 8aとGoogle Pixel 8 Proの価格が2倍もある」

ということに気づかされますね。

「価格だけ」で見ると、Pixel 8aが一番安いし、それでもってGoogle Tensor G3も搭載しているのでとても優秀に思えますね。

とはいえ、「トータルでの性能」「今後の下取り」も考慮すると、Google Pixel 8 Proの方が、12GBメモリで強力的で、30倍ズームも使えて、バッテリー容量も5,050もあり、画面サイズも広くて、画面の見やすさもあり、すばらしいデバイスなんじゃないのかなと思うのです。

現在:Google Pixel 6aを使用中

それでは、いったんココで現実に戻りましょう。

現在の僕ひでおわーるどが使用しているスマホは「Google Pixel 6a」です。

>>Google Pixel 6aを3ヶ月使ったレビュー!良かった点や悪かった点も解説

現在2024年5月12時点で、1年4ヶ月ほど使用中です。

Google Pixel 6aを長年使用した感想としては、下記のとおり。

良い感想

  • ちょうどいいサイズ感
  • コンパクトで持ちやすい、かわいい
  • 重量も軽い部類で疲れにくい(約178g)
  • 価格のわりに性能がいい(Google Tensor)
  • 写真も動画も高画質で素晴らしい
  • 余計なアプリが入ってなくていい
  • バッテリーセーバー機能をONにすると電池持ちがとてもいい
  • マイナンバーカード読み取りができる

悪い感想

  • 容量が128GBしかないためすぐに圧迫されてキツい
  • 容量圧迫されると動作が重くなる気がする(よりパワーを使うのか熱も出やすい)
  • バッテリー容量は多くはない(4,410mAh)
  • 動画撮影やバックグラウンド系アプリが常時動作していると熱暴走する
  • 熱暴走するとバッテリーがみるみる減っていく
  • 熱暴走すると機能が停止するため「ネット通信」も遮断されてしまう
  • YouTube Live(生配信)をおこなうとすぐ熱暴走して配信停止してしまう
  • 性能は悪くはないが日々進化する世界のコンテンツのスピードに勝てないため性能が弱く感じる

こんな感じです。

僕は普段からスマホで、Kindle読書、Google Map、オーディブル、Spotify、投資アプリ、検索、動画や画像撮影、テザリングなどをおこなっています。

Pixel 6aを使う前の端末はASUS Zenfone 7 Proというアンドロイド端末を使用していて、それが本当に優秀すぎて、上記のようなことをおこなっていてもバッテリーは元気だし、動作停止することもありませんでした。

このように考えると、「スマホ=24時間365日使う大事なモノ」という立ち位置にあります。

ある意味、「日常人生そのものをアウトプットもしくはインプットするツール」と言い換えてもいいかも過言ではありません。

やはりそうすると、「より質のいい、より性能のいい、より自分のパフォーマンスを上げてくれる端末を選んだ方が、人生がより良くなる」と思います。

なので、高価格ではありますが、Google Pixel 8 Proを買いたいなぁ、と思っています。

人気のレンタルサーバー

  • この記事を書いた人

ひでおわーるど

ブロガー YouTuber Kindle本出版 週4日だけ労働│東京│30歳 168cm 52kg 細マッチョ│ほぼ全身ユニクロ│ゆるミニマリスト│新NISAインデックス積立 暗号資産 FX│目標:複業で月20万円稼ぐ│INFP-T│お仕事お悩み相談はDMまで✉️

-スマートフォン
-,