Cryptocurrency

【前澤靴】RunBlox(ランブロックス)の概要とか始め方をコンパクトに解説します。

2022年7月3日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

  • RunBlox(ランブロックス)ってなんだろう...
  • RunBlox(ランブロックス)の始め方がわからない...
  • RunBlox(ランブロックス)は何をすればいいのだろうか...
  • ツイッターで「前澤靴」という投稿を見るけど、一体なんだろう...

こんな疑問をお持ちの方に朗報です。

本記事を読めば、大体のことが分かるようになっています。

又、なるべくコンパクトにまとめましたので、数分で読める設計になり時短になります。

 

それでは、よろしくお願い申し上げます。

 

RunBlox(ランブロックス)とは?歩いて稼ぐMove-To-Earnアプリ!

runblox.io

runblox.io

 

結論を書くと、RunBlox(ランブロックス)とは、歩いてRUXを稼ぐMove-To-Earnアプリのことです。

 

RunBlox(ランブロックス)とは?

すごい極端にめちゃくちゃズバっと書くと、

 

  • STEPN(ステップン)的な感じです。

 

STEPNですと、「Solana」チェーンがベースでしたよね。

しかし、RunBloxは「Avalanch」です。

 

又、STEPN同様、NFT靴にもレアリティやステータスなどのパラメーターが搭載されており、靴によって性能が異なります。

 

RunBlox Market Place

RunBlox Market Place

 

上の画像のようにスニーカーの種類も豊富です。そして一番安くても約900ドルという...!

 

レアリティの種類としては、以下のとおり。

 

レアリティ

  • COMMON
  • RARE
  • EPIC
  • HERO
  • Legendary

 

スニーカー(クラス)の種類は、3種類あります。

 

Walker Flower、Incect 2-7km/h
Jogger Shark、Hardshell 5-11km/h
Runner Techno、Dragon 7-20km/h

 

上記のとおり。

Dragonなどのスニーカーの方が安くて、Flowerなどのスニーカーの方が高い価格になっている様子。

 

そして、最後に「ステータス」が4つあります。

 

RunBlox Attributes

RunBlox Attributes

 

ステータス(属性)

  • Attack(RUXの収益アップ)
  • Luck
  • Speed
  • Hit Points(耐久性)

 

こんな感じです。

 

RunBlox SHOE PROFILE PAGE

RunBlox SHOE PROFILE PAGE

 

一応、RunBloxの公式サイトを見ると、説明されているのが「ATTACK」と「HIT POINTS」のみとなっています。

多分、「Speed」はRUXの収益アップに繋がる効果があると思います。

 

今後、「Luck」の効用なども紹介、公開されていくかもしれませんね。

 

RunBloxのNFTスニーカーについての紹介は以上となります。

 

「前澤靴」とは一体なに?

そして、なぜ、このRunBloxは「前澤靴」と呼ばれているのでしょうか?

 

結論としては、以下のとおり。

 

前澤友作さんのチーム『MZ Web3ファンド』が投資先第一号に決定したのが、OpenBlox(その中のサービスの一つがRunBlox)だったから。

 

 

【MZ Web3ファンド投資先第一号決定】
Move to EarnやPlay to Earnのアプリ開発を行うOpenblox
@OpenBlox_io
への投資が決定。#Runblox など各種サービスを日本でも紹介していきます。

MZ Web3ファンドは即断即決でWeb3領域に投資します。起業家求む。応募は↓こちら↓

引用元:前澤友作 / Twitter

 

前澤友作さんと言えば、スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の創業者で、最近だと日本の民間人として初めて国際宇宙ステーションで宇宙旅行をされていた方ですね。

 

影響力も資産もある方が「OpenBloxに投資をする」ということで、イッキにこのPlay-To-Earnゲームの期待が高まりました。

 

前澤靴の概要としては、こんな感じです。

スポンサーリンク

RunBlox(ランブロックス)の始め方をコンパクトに解説します。

RunBlox(ランブロックス)の始め方をコンパクトに解説すると、以下のとおり。

 

①bitbankでもCoincheckでもDMM BitcoinでもbitFlyerでもどこでもいいから国内仮想通貨取引所を用意(日本円で出金するときに必要なため)

②Binanceで日本円支払いでUSDTを買う(安全?な方法は、国内から海外取引所にXRP,ETHなどを送る方法もある)

③USDTをAVAXにトレードして替える

④メタマスクに「Avalanche C-Chain」を追加する

⑤BinanceからAvalanche C-Chain上のメタマスクにAVAXを送金

⑥RunBloxのMarkeplaceでNFTスニーカーを購入

⑦アプリをインストール、そしてRunBloxの招待コードをDiscordでゲット(抽選)

⑧アプリにNFTスニーカーを送り、Let's P2E!

 

最初の①に「国内取引所つまり『Coincheck』でETHを買いましょう!そしてそれをBinanceに送金しましょう!」と書きたいところですが、正直、Binanceやbybitであれば日本円でそのままUSDTを購入できるので、あえて上記のような「どこもでいいので国内取引所用意しておきましょう」と書いておきました。

 

国内暗号資産販売所だと通常の値段よりも「割高」で暗号資産を買うことになり、更に、そこから送金手数料も支払うことになりますからね。

 

ポイント

とはいえ、国内暗号資産販売所は「日本円で出金する」「金融庁に認可されている」というとても大事な要素があるため、やはり1~3つほど国内の暗号資産販売所は登録しておくことが必須です。

 

ということで、コンパクトに「RunBloxの始め方」を解説しました。

 

メタマスクのチェーン追加とか変更とか、そこをミスってしまうと送金できない、もしくはセルフGOXして、大事な暗号資産が行方不明になるので、お気を付けください。

スポンサーリンク

まとめ:RunBlox(ランブロックス)の今後の展開に注目

今回はRunBlox(前澤靴)の概要とか始め方をコンパクトに解説しました。

 

たぶん、『RunBlox』しかり『STEPN』しかり『Play-To-Earn』などを学び、調べている方からすると「既存の知識があるから流れだけザックリ知れたらいいや」という気持ちもあるはず。

 

なので、今回こんな感じでザックリ、コンパクトに書いてみました。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

ということで、本記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

仮想通貨計算ツール

 



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Cryptocurrency
-, , , , , , , ,