広告 ライフハック

スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選【有意義に過ごせる】

※本記事・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選【有意義に過ごせる】

 

はぁ、、スマホが壊れて暇です。スマホがないとやることがない。だれかスマホが壊れて暇になったときの暇つぶしを教えてください。

 

このような疑問を解消します。

 

記事の内容

  • スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選
  • スマホの買い替えで2023年オススメのスマホはこれ

 

記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、Androidスマホを何十年も使用しているアンドロイダーです。短期間のスマホなし生活や、LINEなし生活(2年目突入)などしたことがあります。

 

今回は、「スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選」をご紹介していきます。

 

スマホってめっちゃ便利ですよね。もはや便利どころか「生活必需品」と言っても過言ではないほどのツールとなっていますね。

 

しかし、スマホを落として壊してしまったり、雨に濡れて使えなくなったり、突如再起動ループ現象に陥り、ある日を境に、スマホが使えない時期というのを体験したことありませんか?

 

上記の現象は、ぼくの体験ですね。わりとスマホに関する経験は豊富かもしれません。

 

こんなときに役立つのが「スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選」です。

 

本記事を読むことで、一定期間スマホがなくても、とりあえず楽しく生きていけたり、なにかを学び今後の人生に応用していくことが可能です。

 

それでは、前置きはここまでにしてさっそく内容を見ていきましょう。

 

この記事は5分程度で読み終わることができます。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選

スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選としては、下記のとおり。

 

  1. ウォーキング
  2. 読書
  3. 片付け(モノを捨てまくる)
  4. ブログを書く
  5. 働きまくる

 

上記のとおり。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

①:ウォーキング

スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選のうち、まず最初は「ウォーキング」です。

 

ウォーキングのメリットは下記のとおり。

 

  • 無料
  • 運動不足解消
  • 脳が活性化
  • メンタルヘルス改善
  • 生活習慣改善
  • 自分でペース調整可能
  • すべて「観光」になる

 

上記のとおり。

 

端的書くと、「めちゃくちゃコスパのいい暇つぶし」です。

 

ぼく自身、「毎日10kmウォーキング」にハマっていた時期がありました。

それをやっているとき、自宅から10km圏内はすべて「観光」かと思うくらい、知らない道や景色がそこにはありました。

 

参考

詳しくはこちらの、2ヶ月間、毎日10kmウォーキングしてみた結果【身体と精神、脳がトータル的にアップデートされてより健康になる】にて書いているのであわせて読んでいただければ参考になるかもです。

 

ウォーキングの速度にもよりますが、基本的にウォーキングをしているときって、スマホを操作するのが手間なんですよね。(音声入力を使いながら記事執筆とか可能ですが笑)

つまり、逆転の発想をするのです。

 

「スマホが壊れて暇だ。暇つぶしがしたい。あ、そうだ!歩こう!スマホ操作をする手間がないから、好き放題、歩きまくれる!」

 

という感じです。

 

無料で実行できて、しかも健康に投資ができるため、身体を鍛えることがきて、脳みそも元気になるので記憶力がアップしたり、思考力が上がり仕事の成績もアップするかもしれません。

なによりも、夜がよく眠れるため、ぐっすり寝て、翌朝も元気に活動できるようになります。

 

ある意味、「スマホがないほうが、昔の自分らしさがあるかも」みたいなそんな瞬間を体験できます。

 

もちろん、永久にスマホがなければ超絶不便です。なので、「スマホが壊れて暇な期間のみ」の稀有な時間を十分に味わうといいかもです。

 

ということで、まずは「ウォーキング」でした。

 

参考2ヶ月間、毎日10kmウォーキングしてみた結果【身体と精神、脳がトータル的にアップデートされてより健康になる】

 

②:読書

次に、「読書」です。

 

読書のメリットは下記のとおり。

 

  • 無料(もしくは安価)
  • 知識が手に入る
  • 集中力や語彙力がアップ
  • 他者の価値観や思考を学べる
  • 長期間楽しめる

 

上記のとおり。

これもまたコスパのいい暇つぶしです。

 

読書が無料ってムリじゃない?本屋さんで1,500円とかじゃん...

 

「図書館」という無料で借り放題のシステムがありますよ!
ひでお
ひでお

 

「読書=本屋で本を買って読むこと」と思い込んでいる方が多いかもですが、じつは、そうではありません。

 

読書は図書館で借りてもOKなんです。

 

国や地域が民衆から集めた税金で「無料で読んでいいよー」って提供してくれているのが、図書館なのです。感謝。

 

ぼく自身、一時期、図書館にめちゃくちゃハマっていまして、毎回10冊借りて、そのうちの5冊を読んで、返却時にまた10冊借りて、、という感じで読書しまくりでした。これが全部、「無料」なのです。

 

読書の良いところは、「知識投資ができる」ところです。

 

つまり、知らない世界の様子や、過去の時代に大活躍していた偉人のエピソード、日本の経済やお金の話などが、本から吸収することができます。

 

ミニコラム

ぼくの好きな書籍『FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド』という本があります。

この書籍は電子書籍(Kindle)で購入していまも何度も読み直しているくらい好きな本です。

この書籍の登場人物や出来事はノンフィクション(実話)でして、主人公のクリスティー・シェンさんという女性が、貧乏生活から資産家つまりお金持ちになるまでの物語と手法やマインドセットを公開している書籍です。

このクリスティー・シェンさんは「図書館」で”お金持ちに関する書籍”を読み漁り、知識を蓄えてきました。(例えば、『金持ち父さん貧乏父さん』)

 

それくらい、図書館ってコスパがいいのです。

 

「スマホが壊れて暇になった。はぁ、つまらん...」という気持ちは、正直めちゃくちゃわかります。

 

しかし、ぼく自身、スマホを何度も壊したり、LINEなし生活などを過ごしてきたので、わりと「スマホがなくても、まぁ楽しいことはけっこうあるよなぁ」という気づきを得られました。

 

読書をすることで、一生消えない知識が自分の脳みそに残ります。もちろん忘れてしまうこともあったり、古い情報で価値がなかったりすることもあります。

しかし、知識やノウハウが手に入ると、その後の人生でよりラクに、より有利に立ち回れることがあります。

 

ですので、スマホが壊れたときは、ある意味、チャンスかもです。

 

スマホがない期間は、読書しまくってスーパーサイヤ人になっちゃいましょう!

 

「図書館に行くのが手間だ」という方は、Amazonの『Kindle Unlimited』という初月無料で使える電子書籍読み放題サービスがあります。

スマホがなくてもパソコンでも電子書籍は読めるので、暇つぶしにオススメです。

わりとマンガや雑誌も豊富ですので、無料期間だけ楽しんで、あとは途中で解約するのもアリ。

» Kindle Unlimitedを初月無料で使ってみる

 

③:片付け(モノを捨てまくる)

3つ目は、「片付け(モノを捨てまくる)」です。

 

片付けのメリットは下記のとおり。

 

  • 部屋が綺麗になる
  • 日々の掃除がラクになる
  • 身軽になれて精神も脳みそに余裕が生まれる
  • 雑念が減る
  • だいじなモノ(お気に入り)がわかる
  • 今後余計なモノを買わなくなり節約に繋がる
  • 運がよくなる(潜在意識)

 

上記のとおり。

 

スマホが壊れて暇なときこそ、「お片付けのチャンス」です。

 

よく「片付けをしたら、運がよくなった!」みたいなエピソードや体験を聞いたことありませんか?

ちょっとスピリチュアルっぽい感じがあるかもですが、じつは、非常にシンプルな仕組みなんです。

 

ザックリ書くと、下記のとおり。

 

  1. 「部屋が汚い...掃除しなきゃ...書類どこだっけ?この書類は古いヤツだ...。鍵はどこ?うああ、コーヒーこぼした!時間がない余裕がないイライラ。仕事よりも掃除したい...」
  2. 片付けしまくる
  3. 「部屋が綺麗!空気がおいしい!不要な書類はもうないから、必要な書類はココにある。鍵はあの定位置にある。きれいで何も置いていない机なのでコーヒーをこぼしても大丈夫。床にモノを置いていないから掃除機がスイスイで快適。仕事に集中できる♪成果が出るようになってボーナスも出た。最高。部屋を綺麗に保ちたいから、ムダにお金を使って雑貨を買うのはやめた。貯蓄や投資が捗る♪」

 

上記のとおり。

ザックリ書きましたが、イメージとしてはこんな感じです。

 

スマホが壊れてしまうと、正直ショックですよね。

特にバックアップを取っていなければ、想い出もなくなるし、連絡先も途絶えます。

なによりもシンプルにスマホ購入代金がかかりますよね。

 

しかし、そんなときこそ、「お片付け」です。

 

スマホを落としてしまう前の生活を見てみると、「ちょっと余裕がなかったかも」などの”しんどさ”があったかもですよね。

ある意味、ここで心機一転するチャンスです。

 

ぼく自身、ミニマリストと名乗れるほど崇高で洗練された生活はしていませんが、わりと「8割捨て」などはおこなってきて、多少なりともミニマリストに通ずる思考や体験は持っています。

 

詳しくはこちらの、「部屋のモノ全部捨てたい」という気持ちであらゆるモノを捨てたら、人生好転しまくり。という記事で書いているので、もしよろしければあわせて読んでいただければ幸いです。

 

スマホないからこそ、「捨てる」がやりやすいかもしれません。

片付けは暇つぶしにもなり、生活に直接影響を与えてくるので、スマホが壊れたときは、片付けしちゃいましょう。

 

参考「部屋のモノ全部捨てたい」という気持ちであらゆるモノを捨てたら、人生好転しまくり。

 


 

④:ブログを書く

4つ目は、「ブログを書く」です。

 

ブログを書くメリットは下記のとおり。

 

  • 副業(複業)になる
  • アウトプットする習慣が身につく
  • 文章力が多少なりとも身につく
  • ビジネスの基礎を学ぶことができる
  • どこかのだれかの役に立つ
  • あっという間に時間が過ぎる

 

上記のとおり。

 

「スマホが壊れて暇だ。お金を浪費するか。」ではなく、「スマホ壊れた。よし、ブログでお金を稼ぐか。」という発想です。

 

いまの時代、ブログじゃなくても、パソコンのカメラがあればYouTube投稿や生配信もできますね。つまり副業(複業)が可能です。

 

ブログは各会社のサービスを利用すれば無料でブログ作成・執筆が可能です。

たとえば、下記の会社サービスなどが有名です。

 

  • amebaブログ
  • はてなブログ
  • ライブドアブログ
  • LINEブログ
  • FC2ブログ

 

上記のとおり。

はてなブログはスマホでもパソコンでも見やすいUI(ユーザー・インターフェース)でして、様々な年齢層の方々にも利用されています。

 

はてなブログは、有料課金をして「はてなブログPro」にアップグレードすることで、独自ドメイン(自分のアドレス)の設定ができるようになるのも特徴的です。

 

しかし、申し訳ないです。ごめんなさい。

可能であれば「無料ブログ」ではなく、「WordPress」でブログを書くことを個人的には推奨します。

 

なぜならば、

  • 自分で広告を選択して、好きな広告を掲載しやすいから
  • 運営会社によってサイトや記事が削除されるリスクを減らせるから
  • 自分でサイトデザイン(見た目)をカスタマイズできて楽しいから
  • サイトを育てていけばSEOも高まり、よりPV数が増えるから

という理由があるからです。

 

ぼく自身、無料ブログでブログ執筆をしていた期間が、トータルで1~2年以上はありました。

たしかに登録も開設も瞬時に終わりますし、執筆ツールが整っていてカンタンに文章を書きまくれました。又、無料ブログのシステムで「足跡機能」や「イイネ機能」がありPV数もわりと伸びて楽しかったです。

しかし、無料ブログは見られはしても「お金を稼ぐ」には全然直結しないことが体感的にわかりました。

現在はWordPressで構築したブログ(当サイト)で記事執筆をしており、収益も毎月4~5桁ほど発生するようになりました。

 

もちろん、今回は「スマホが壊れたときの暇つぶし」という設定で本記事を執筆しているため、お金を稼ぐより「暇をどうつぶせるか」という話がメインとなるため、有料ブログか無料ブログにするかはあまり重要ではないかもです。

 

とはいえ、やはり、どうせ書くのであれば、「それが自分の資産になるほうがいい」と思います。

ですので、個人的にはWordPressでブログ運営をすることを推奨いたしました。

 

WordPressでブログを書きたい方は、こちらの【簡単】WordPressブログの始め方【初心者でも10分で開設できる】にて画像付きで解説しているので参考になるかもです。

 

ということで、スマホ壊れて暇なときは、「ブログを書く」のがいいかも、という話でした。

 

参考【簡単】WordPressブログの始め方【初心者でも10分で開設できる】

 

⑤:働きまくる

そして最後は、「働きまくる」です。

 

最後に超絶シンプルな「暇つぶし」方法が登場しましたね~

 

ある意味、これが一番シンプルかもっす笑
ひでお
ひでお

 

そうなんです。

 

  • 最強の暇つぶしとは、「働きまくること」です。

 

念のため、申し上げておくと「働きまくれ!」というようなパワーメッセージではないです。身体と精神をだいじにして生活を営みましょう。

 

働きまくることのメリットは下記のとおり。

 

  • お金が増える
  • お金を使うタイミングが減り、貯蓄が捗る
  • スマホを見る機会がない(職種や職場にもよる)

 

上記のとおり。

もちろん過剰労働や心身疲弊している場合は、ゆっくり休みを取るのが一番大事です。

 

スマホが壊れて暇になると、ちょっと「心にぽかんと穴が空いたような感覚」になりませんか?

 

ぼく自身、人生で何度かその感覚を味わってきました。

それがゆえに、「まぁ、諸行無常ですわな~」なんて思うようになり、そこまで絶望や虚無感を感じなくなりました。

むしろ、「スマホ壊れた=お金が減った」と同じだと思っており、それによって「よし、働くか」というなぞのモチベーションアップになっています。

 

スマホが壊れて暇になると、良くも悪くも「時間に余裕ができる」という現象が起きますよね。

 

これが、じつは厄介でして、人間というのは「暇になると退屈になり、やがて不安を感じる」という古代の先祖代々から受け継がれているDNAを搭載しています。

 

ちょこっと豆知識

昔の人類というのは、猛獣との戦いが常でした。夜はまっくらで周りの森エリアから動物たちの声がするのです。

つまり「いつ何が起きるかわからない」という恐怖を常に感じながら、夜を過ごしていたのです。

これが「不安になる」の正体です。

不安になることで、”いろいろな最悪のパターン”をイメージすることができて、なんとか生存していたのです。

これが、もし「不安を感じない」という場合は、どうなるのでしょうか?

サーベルタイガーや狼などの猛獣が遠くに見えても、「あはは~」と能天気に過ごしているあいだに、イッキに彼らに狩られてしまいます。

つまり、「不安を感じる」というのは”当然”でして、ある意味、それが人間の正常な状態だと言えます。

 

このような具合です。

 

「スマホが壊れて暇だ。はぁ、暇だなぁ...」とネガティブになってしまう前に、働きまくってお金を増やしておきましょう。

そうすれば、1か月後には新しいスマホを買う余裕が生まれたり、もしくは先ほど紹介した「読書」などで知識が増えた状態で、副業を実践することもできるでしょう。

 

ということで、最後の5つ目は「働きまくれ」という話でした。

 

スマホの買い替えで2023年オススメのスマホはこれ

スマホの買い替えで2023年オススメのスマホはこれ

 

一応、「もしかしたら参考になるかも?」との思いでこの章を書いてみました。

もし、最近スマホを壊してしまって「次のスマホはどれにしようかな?」と悩んでたり困っていたりするひとに向けて書きました。

 

スマホの買い替えでは、下記のスマホがおすすめです。

 

 

上記のとおり。

Google(グーグル)のAndroidスマートフォンです。

 

ぼく自身、今年2023年1月に『Zenfone 7 Pro』というわりとハイエンドなAndroid端末を落として破損しました。

 

そして、次のスマホとして選んだのが、『Google Pixel 6a』(グーグルピクセル)でした。

 

中古のレッツノートで撮影した『Google Pixel 6a』

中古のレッツノートで撮影した『Google Pixel 6a』

 

Google Pixel 6aを購入するメリットは下記のとおり。

 

  • 「42,980円」と安い価格(以前は53,900円だった)
  • SIMフリーなのでどの通信会社でも利用できる
  • Google純正スマホなので余計なプリインアプリがなくてシンプル
  • Google Tensorという超優秀なCPUを搭載しているため処理がサクサク
  • バッテリーの持ちがいい
  • 写真の画質がとてもいい(消しゴムマジックも使える)
  • 動画の画質も手振れ補正もすごくいい
  • 見た目のデザインやカラーがかわいい
  • コンパクトな大きさ且つ軽量で身軽

 

上記のとおり。

端的に書くと、「比較的安い価格で、ハイエンド並の性能を持ったシンプルでかわいいスマホ」という感じ。

 

ふきだしテキスト

ほんとうに数年前であれば、『iPhone』にするか、もしくは『Galaxy』もしくは『Xperia』がだいたいのハイエンドスマホとして人気がありました。もちろん現在も人気ですね。

そこからは中国企業の『Xiaomi』(シャオミ)や、『Oppo』(オッポ)などが頭角をあらわして日本でもユーザーが増えました。

GoogleのPixelシリーズもちょっとずつ進化して『Pixel 4』が出たときは、「モーションセンス」が話題となり、イッキに人気になりました。

しかし、バッテリーの容量が少なくて、やはり外で仕事をしている方などからすると、ちょっと頼りがいがないスマホとなってしまいました。

そこから『Pixel 5』が登場しましたが、搭載CPUがミドルエンドのモノで、「価格と性能が合ってない気が...」という感じでこれもまた人気が出ず、他のコスパ端末(Xiaomi、Oppo)など人気が集まっていました。

しかし、『Pixel 6 Pro』がついに登場し、そしていま紹介している『Google Pixel 6a』も登場して、ここでついに「Pixelすげー」という時代がきました。

現在ですと、『Pixele 7 Pro』も発売されておりまして、多くのガジェット発信者から支持を得ています。

 

上記はザックリとした流れです。誤りがあればごめんなさい。

 

ぼく自身、一応いくつかのスマホを試してきた経歴があります。

しかも一個前のアンドロイド端末は『Zenfone 7 Pro』というVlogスマホとも呼ばれていたハイエンドスマホを使っていました。

 

しかし、今回『Google Pixel 6a』を実際に購入して使ってみたところ、「いやーもうこれで十二分すぎる。いやむしろこんなすごいのか」と驚愕しました。

 

1~2年前のハイエンドスマホ並もしくはそれ以上の性能だなと、個人的には感じています。

スマホ選びで悩んでいる方は、ほんとうに『Google Pixel 6a』がオススメです。

 

ひでお
ひでお
個人的な話ですが、『Google Pixel 6a』は「両親に買ってあげたいスマホ」とか「高校生の子どもに買ってあげたいスマホ」にランクインするんじゃないかな、と思っています。

 

ということで、参考になれば幸い。

» Google Pixel 6aをGoogleストアでチェックする

 

まとめ:スマホが壊れても楽しく生きていきましょう

まとめ:スマホが壊れても楽しく生きていきましょう

 

今回は、「スマホが壊れて暇になったときの暇つぶし5選」をご紹介しました。

 

内容をまとめると、下記のとおり。

 

暇つぶし5選

  1. ウォーキング
  2. 読書
  3. 片付け(モノを捨てまくる)
  4. ブログを書く
  5. 働きまくる

 

おすすめのスマホ

 

上記のとおり。

 

スマホが壊れてしまうと、素直に萎えますよね。

でもそれはあくまで「ツール」です。

もちろん軽視しているわけではなく、やはり現代を生きる我々にとっては”必須アイテム”でもあります。

 

しかし、「そのアイテムがない=なにもやることがない」というのは、錯覚です。

 

たしかに暇ではあるのですが、しかし、それがゆえに「時間がある」という時間のありがたさに気づけたりします。

 

スマホが壊れて手元にないときは、いっそのこと「よし!いまを生きるぞ」と切り替えて、読書やウォーキング、副業に取り組むことで、より人生がひらけていきそうです。

 

スマホが壊れても、上記のようなエンタメが無料で楽しめる時代に感謝です。

 

ということで、本記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのスマホ破損ライフの一助や参考になれば幸いです。

 

参考2ヶ月間、毎日10kmウォーキングしてみた結果【身体と精神、脳がトータル的にアップデートされてより健康になる】

 


人気のレンタルサーバー

  • この記事を書いた人

ひでおわーるど

副業YouTuber、副業ブロガー、ゆるミニマリスト、インデックス投資家│ブログ700記事→最高月3万円稼げた│YouTube1,500本投稿→登録者1,000人超えて毎月5,000円自動収入│病弱情弱→600冊読書、4年間風邪ひかず│0から小金持ちになる様子を投稿。無益です。

-ライフハック