ヒント

【失敗など存在しない】「失敗した...」ではなく「試した!」にしよう【まるでトーマス・エジソン】

こんにちは、ひでおです。

『【世の中に失敗など存在しない】「失敗した...」ではなく「試した!」にしよう【まるでトーマス・エジソン】』という記事です。

宜しくお願い申し上げます。

「失敗すること」は、嫌いですか?

「失敗」にたいして、あなたはどう感じますか?

 

僕は、なんかもうどうでもいいです。

 

もともとは完璧主義傾向だったので、失敗よりも「成功したい」のほうが強かったです。

 

今は成功も失敗も、なんかどうでもよくてとりあえず

・試してみる

・やってみる

・変化させてみる

・捨ててみる

という行為を実行して、初めて、

 

「あ、なんかコレは捨てても問題なかったわ」

「あ、意外と変化させたら良い感じだわ」

みたいな感じで、

「結果」が得られています。

 

そうなんですよ。

 

「失敗」って「他人視点での評価・レビュー」てきな感じなんですよね。

 

「試した」って言葉は「自分が、やってみた」っていう主軸は自分になるわけです。

 

なんか意味不明なことを書いてますよね、そうです、意味不明です。僕も何を書いてるか意味不明です。

 

「失敗」って、要するに

「なにかをやってみた後の記録」

のことですよね。

「スマホを替えてみる」ということも「試し」のひとつ。

例えば、

「スマートフォンを変えてみた」

という記録を取りましょう。

 

スマホを変える。つまりは機種変更です。

 

機種変更すると、

  • 大きさ
  • 容量
  • 機動性

とかいろいろと日々の生活に影響がでますよね。

 

そこで初めて、

「あちゃ!失敗した!大きかったー!さいあくー!」

という、成果、結果、記録が残るわけです。

 

しかしこれって失敗じゃなくて、記録なんですよね。

 

「自分にとっては、使いづらい記録」とでもいいましょうか。

 

これで今後は、趣向とかが変わらない限りは、

「やっぱり、この手のひらサイズがフィットするわウフフ」というように、

自分の人生を快適にする方法をながらく使えるわけです。

 

要するに、試してみた結果があることで、

「もうこれで悩まない」

「これが丁度、100%の力がだせることをしった」

とかっていう自分だけのデータがとれるわけです。

 

Aさんにとっては、大型スマホがいい。

Bさんにとっては、画面が120ヘルツがいい。

Cさんにとっては、ノッチがないスマホがいい。

Dさんにとっては、USB-C充電がいい。

Eさんにとっては、androidよりiPhoneがいい。

 

こんな感じで人それぞれでのデータが違います。

 

なので試した結果が、あなたの今や、これからを創りあげていくわけです。

 

失敗を恐れるということは、つまりは、

 

「スマホを大型にしようかな、、、どうしよう。。」

みたいな感じです。

 

一度、変えてみればいいのです。

 

変えてみて初めて、

「うおおお!大型さいこーーー!!!」っていう気付きや歓喜があるかもしれません。

 

逆に、

「うーん!見やすさはいいけど、重いな!これだとワークアウトに不便!なるほど!知れて良かった!」

というマイナスのようにみえて実は気付きや、今後のスマホ選びに貢献してくれるでしょう。

 

だから僕は、普段からいろんなことを

「試して」います。

 

この前も、すでに9割捨ててきてはいますが、さらに不要なものを捨てました。

 

なぜなら、

「捨てたら、どうなるんだろう、試そう」という感じです。

 

捨ててみた結果→なにを捨てたのかさえ忘れたwwwww

という記録です。

 

万が一、それがやはり必要だなと感じれば、

・Amazon

・メルカリ

・ブックオフ

・トレジャーファクトリー

などで入手できるとおもいます。

 

だから、毎日、試しています。

 

てことで、おしまいです。

 

失敗という単語やフレーズはやめてみて、

「試してみるか~」

「これはどうなるか、やってみるか~」

「変化してみるか」

って感じでいいとおもいます。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

人気のレンタルサーバー

-ヒント
-, , , ,