Diary LIFE

【てきとう】やりたいことがなくてもいいよ【諸行無常】

2021年4月15日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、いやおはようございます、ひでおです。

 

パソコンから入力するのが手間なので、このままスマホで入力しています。

以前はスマホしかなかったので、スマホでブログ書いてた時期もありました。音声入力とかオススメです。

 

てことでタイトルのとおりで、

「やりたいことがなくてもいいよ」

って話です。

宜しくお願い申し上げます。

やりたいことがないとき

この記事をよんでくれているあなたは、やりたいことがないとき、どんな事を思ったり、したりしていますか?

ぼくは、こうしてブログを書いたり、読書したり、散歩したり、YouTubeみたり、しています。

「やりたいこと、まあとくにないなー」
ってときありますよね。

ダラダラというか。

でもぶっちゃけ、それでよくねって話です。

やりたいことがない=不幸
は幻想ですよ。

だって、たぶん明日とか、来週とか、3ヶ月後には、
「あー、山登りてえ」
「女の子とデートしてえ」
「筋トレしてえ」
「セブンイレブンのコーヒーのみてえ」
「あのハイエンドスマホに替えてPUBGやりてえ」
「約束のネバーランドとか進撃の巨人、よみてえ」

みたいな気持ちになるとおもいます。

つまり、タイミングとかノリとか、それこそ自分のキャッシュ事情とか環境とか、いろんなことが関連して、また人は変わります。

てことは、
「やりたいことがない」というのは、とくに何か興奮するモノと出逢えてなかったり、もしくはシンプルに「疲れてる」とか、そんな感じだったりします。

というか、やりたいことがなくても、コーヒーを飲んだり、読書したり、日光浴したり、散歩したりできる、というその状況そのものがもう恵まれており、
そしてそんな時間の過ごし方も、「今」しててもいいわけです。

諸行無常なので、「永久」はないので。

ある意味、やりたいことがなくても生きていいわけです。
最終的には、ひとは亡くなります。

やりたいことの見つけ方


ちなみにやりたいことの見つけ方も書いておきます。

それはシンプルです。

「試す」
ということだけです。

ぼくは『進撃の巨人』という漫画を、数年前に読みました。


あ、そういえば最近、完結したらしいですね。

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人(1) (週刊少年マガジンコミックス)

諫山創
462円(09/25 16:35時点)
発売日: 2010/03/17
Amazonの情報を掲載しています

数年前よりも更にまえに周りのひとが「∠(゚Д゚)/イェェェガァァ」ってよく言ったり書いたりして、

???ってなってました。

そして数年後にブックオフでとりあえず「試し」に立ち読みしたら、なんかおもしそうな感じでした。
なので、15巻くらいまでまとめて買って、家で読み進めて楽しみました。

これも「やりたいことをやった」という1つの例です。

やりたいことを見つけるには、試すだけいいのです。

ぼくがブックオフで「試し」に、『進撃の巨人』を立ち読みしてなかったら、いまもぶっちゃけ知らないでしょう。
あ、もちろんいまも『半沢直樹』とか『約束のネバーランド』とか知りません。

なのでこれらもそのうち「試してみるかー」ってなれば試します。

やりたいことを見つける というよりかは、
「やりたいことに遭遇する」
のほうがニュアンスてきにはいいかもです。

情報を浴びまくろう。それだけ。

てことで最後なんすけど、

「やりたいことに遭遇する」 には、情報に触れまくるといいかもです。

「やりたいことがない」
というのは、まだ「これおもしろい」という概念に出逢えていなかったりする可能性もあります。

食べ物でいうと、
「美味しい食材」を前にしても「これが美味しいのかどうか」は、食べてみないとわかりません。

さらには「美味しいと言ってるクチコミ情報」とかもないと不安です。

TwitterやYouTubeで、美味しそうなお菓子が紹介されたりしています。

そういうのを見て初めて「これ食べてみたい!」となることがあります。

もっと細かく言うと、
「このうまそうなお菓子を食べる」ということを「やってみたい」という欲が生まれるのです。

情報を浴びまくると、いまはあえて「食べ物」の話でしたが、それが多岐に渡って、

  • 健康
  • ライフスタイル
  • 仕事
  • エンタメ
  • 本や映画
  • 創造物

など
の話にも通じます。

ぼくは「釣り」とかあまり知りませんでした。
昔、父親とよく山登りとか湖に行ってたので、少しだけ釣りをしたことがあります。
しかし、とても安い釣竿です。(ただの棒に糸がついてるようなやつ)

なので全然釣れないし、エサだけ食われたり、リールとかをグルグルする感じとか知りません。

だけど、最近YouTubeとかで釣り動画や、「無人島動画」など観て、
釣りをして、魚を釣って、調理して焼いて、食べる。
というのをみてたら、

「うわ、、食べたい!やりたい!」となりました。

たぶんぼくは死ぬまでに釣りをして、焼き魚を食べるでしょう。

話が長くなりましたが、要するにこれも「情報」です。

これらの情報がなければぼくはたぶん「釣り」に対して興奮したり食欲をそそられたりしないでしょう。

てことでそろそろおわりです。

やりたいことはなくてもいいですよって話でした。
そしてやりたいことは情報に触れまくるうちに、自ずと自然に遭遇しますよってことです。

「見つける」という表現もいいですし、「たまたま遭遇した」という表現もいいですよね。

ぼくが今やってるYouTubeとかブログとか少額投資も本を読み漁ってるうちに「やりたい」となっので、やはりこういう「ダラダラする時間」は大事だなと思いました。

最後まで読んだくださったひと、ありがとうございました。
またつぎの記事でお会いしましょう。
さらばです。

まず、「変化」だけすればいい。

まず、「変化」だけすればいい。

ひでお
1,000円(09/25 09:37時点)
発売日: 2020/06/03
Amazonの情報を掲載しています
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Diary, LIFE
-, ,