Tips

1年かけてカフェインの摂取量や時間を変更することに成功した【方法をシェア】

2020年8月29日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

1年かけてカフェインの摂取量や時間を変更することに成功した【方法をシェア】

 

こんにちは、ひでおです。

 

今日は、

「カフェインの摂取量や、摂取する時間帯を徐々に変化させていって、最近はよく眠れて、起きれて、肌も綺麗で、なんか調子いいですよ」

って話です。

 

・カフェインの摂取量を抑えたい

・カフェインを減らしてストレスや不安を減らしたい

・よく眠れない

 

というひとに少しでも参考になれば幸いです。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

1年かけてというと大げさだけど、マジな話。

タイトルがなんか「1年間頑張りました!うおお!」って感じなんですけど、

 

ぶっちゃけ全然努力してませんし、頑張ってませんし、適当に変化につぐ変化、調整をしてきました。

 

しかし実際は、まぁ1年くらい経過して振り返ってみると、

「1年くらいは経過してたのかー」って感じです。

 

カフェインは午後14時までを推奨。

ところで、このブログ記事を読んでくださっているそこのあなたは、普段は何時までカフェイン摂取していますか?

 

夜21時とか。夕方17時とか。でしょうか。

 

僕は今は14時よりも前に遮断しています。

その前は14時ギリギリまで。

その前は16時まで。

その前は18時まで。

その前はもう適当。いつでもOK.みたいな。

 

 

これは樺沢紫苑さんの最近の動画です。

ぼくはこの方の著書やこれよりも前の動画などを参考にしました。

 

ブログ記事もあります。(コーヒーは身体にいいのか? 〜精神科医の悩み相談室から参照)

 

カフェインの半減期というのは6時間だとか4時間だとか言われています。

 

なんにせよ「ようやく半分、体外に出ていくのに4時間も6時間も下手すればもっとかかる」ということになります。

 

そうすると、夜18時にカフェインやコーヒーを入れた場合、

それが半分になるのが6時間として単純計算をすれば、夜24時(0時)となります。

 

こんな一番眠りたい時間なのに、半分しか出ていないとなると、そりゃ当然、体内や脳内でカフェインさんが効果を発動してくれちゃって元気なわけです。

 

なので僕はもういまは14時前よりも早くにコーヒーなどは入れていません。

スポンサーリンク

ぼくがカフェインを減らした方法【少しずつ減らす】

さっきすでに書いたのですが、少しずつ減らしました。

 

じつは、普段からカフェイン摂取は適当だったんですよね。

 

「お!ひでおくん、コーヒー好きだよね?おごるよ!」と夜22時とかにドライブとかしてると、知人や先輩からホットコーヒーを頂いてました。

 

冬とかのドライブのときにホットコーヒーってまじ最高なんですよね。

 

そんな生活でした。

 

でもぼくは普段から健康志向でしたので「なんかおかしいなぁ」といつも感じていました。

 

そうして読書しまくったり、動画を観まくったりして、生活で全然変えてないことがありました。

それがカフェイン(コーヒー)です。

 

ぼくはココ5年くらいは水をメインとして飲んでますが、それ以外はコーヒーです。

 

つまり、

水を飲むか、コーヒーを飲むか。という感じ。

 

なので2019年はニートをしていましたが、なんかストレスやイライラすればコーヒーを飲む。という感じでした。

 

そしてまた話は被りますが、そこで学びまくって、

「カフェイン減らすかー」ってなりました。

 

カフェイン減らすときは、「いきなりやめる」とかって無謀なんですよね。

だって冷蔵庫とかコンビニとかに「美味しいコーヒー」のパッケージがみえて、逆にストレス。

 

だからとりあえず「18時まで!」としました。理由はありません。

 

18時ってだいたい、これから晩飯とか風呂とかなので、そこで切り替えるてきな。

 

それを1ヶ月とか続けると、自然に「17時まででいいんじゃね」って一人でなんかそういうレースを開催します。

 

それが数か月には「15時までもいけるじゃね」ってなりました。

15時はオヤツの時間なので、チョコクッキーとか食べて、最後のカフェイン摂取をしていました笑

 

そして「14時までは厳しいけど、14時前後だったら出来そう」となって、14時10分とか14時20分までOKにしてあげてました。

 

そしてそれが「14時まで!」となって、今では「14時より13時30分とか12時30分とか昼飯後だけでいいんじゃね」ってなりました。

 

「いきなり変わろう」なんて無理です。

なぜなら「カフェインはいつでもどこでも目に入る」からです。

 

コンビニや自販機、家、同居人、スマホやPCの広告、誘惑です。

 

どうせ毎日飲んで最高なら、それはいきなり辞めるとかじゃなくて、徐々に慣らそう。

という感じでOKです。

 

カフェインを抑えた結果。

・よく眠れる(睡眠の質アップ)

・起きたときの軽量感

・カフェインによる口の中のイガイガ感がなくなる

・カフェインによるお腹の変な感じなくなる

・口が臭くなる確率が下がる

・なんか不安とかイライラすることが激減する

・消費が少しだけ減るので経費を削減できて自動的に節約できる

・カフェインなくても元気

・むしろデカフェ飲みたい

・朝落ち着いてから飲む1杯がとても美味しい。

・コーヒー最高。

・あ、あと肌も綺麗になります。

 

という感じになりました。

 

最近はとくに「13時」とかで最後にしているので、それのおかげなのか眠りにつくのが早かったり、睡眠測定していると、深い睡眠が普段より多く取れています。

 

もちろんそれはカフェインを減らしただけでなく、

 

・毎日30分~1時間以上のウォーキング

・太陽を浴びまくる

・耳せんをして眠りに集中する

 

とかそういう細かいところの作用でもあると感じています。

スポンサーリンク

おわりに。

ぼくはこうして自分でコントロールできるようになって嬉しいです。

 

以前なら、「うわ!なんかストレス!コーヒ―のむか~」という感じで、夕方とか夜とか空腹とかストレスを感じたときにそれのために飲んでるようなもんでした。

 

なのでなんか一瞬飲んだ時は「ふう」となりますが、やはりカフェインの作用により、不安とかイライラとかお腹の変な感じとかは消えませんでした。

 

それが今では「まっ、いいか」とか「とりあえず太陽浴びて歩こう」という感じで、

ストレスなどがあれば、運動や太陽の力によっておきる脳活性化などで、身体のメンテナンスやアップデートをしています。

 

これのおかげで毎日元気ですし、毎日健康です。

 

いきなりやめるのではなくて、徐々に減らしていくスタイルがおすすめです。

 

なによりも誰の身体でもない自分の大事な身体なので、「許す」というプレイも上達します。

 

「まずは夜はやめて、19時までにするか」と適当に決めます。

あとは19時を目途に、19時10分とかまでなら許しちゃいます。

 

だって、それを1週間とか続けるだけでも、

「19時10分までなら大丈夫だ」というように習慣とか意識が働いてくれます。

 

「19時じゃないとだめ!」というような脅迫的な感じだと、ストレスもたまるし、脅迫なので自分が不自由なことにイライラします。それによって反動があったりするとしんどいです。

 

なので自分を許しましょう。

 

自分を許しながら、

「まぁまずは17時までにするか~」

って適当に決めて徐々に慣らしていけば、自分を許しながらも、コントロールできる実感もあり、そして目に見えぬカフェインの作用も少し減っているので、体調やメンタルが良くなっていきます。

 

ということで、今回は以上となります。

最後まで読んで頂きまして、本当にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Tips
-, , ,