FX

『勝率7割超!FXチャートの読み方(陳 満咲杜)』はFXをやるなら読んでおくといいかも。

2021年12月7日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

『勝率7割超!FXチャートの読み方(著:陳 満咲)』が基礎的な内容でとてもよかった件。

 

タイトルのとおりで、『勝率7割超!FXチャートの読み方(陳 満咲杜)』はFXをやるなら読んでおくといいかも。という内容です

 

最近は、仮想通貨でトレードしたり、XMTradingで3,000円だけ入れてFXトレードをしています。

 

そこでこの『勝率7割超!FXチャートの読み方』がKindleでセールだったので購入

読んでみたところ、「けっこう分かりやすい内容だ!」となったので、この記事でシェアさせていただきます。

» パターンを覚えるだけで勝率7割超! FXチャートの読み方 〜欧米投資家が好んで使うプライスアクションの教科書 Kindle版

 

宜しくお願い申し上げます。

 

プライスアクション(価格の値動き)つまりローソク足の値動きが大事。

とりあえずこの本の表紙にもなっている通りで、「プライスアクション」という概念がでてきます。

 

青い鳥
青い鳥

プライスアクションとは、、、??

 

プライスアクションとは、プライス(値段)のアクション(動き)つまり”値動き”そのものを分析してチャートに刻まれた投資家心理を読み解き、相場状況を判断していく分析手法です。(引用:プライスアクション - Fxブロードネット

 

要するに、

・陽線ローソク足が〇本が並ぶと、こうなるかも。

・ヒゲが長く伸びてローソク足が短いと、こういう流れになるかも。

・直前の高値を上回って終値が確定すると、勢いが増すかも。

というように、「ローソク足の動き」によって、相場状況を判断するということです。

 

青い鳥
青い鳥

な、なるほど!(とりあえず相槌うっておく)

 

✅あくまで「予想」「考察」なだけで、「こういう流れになったから、100%こうなる!」という考え方、手法、方法ではありません。

 

今まで見たことがある「サイン」が多くて面白かった。

プライスアクション - Fxブロードネット

この上記の「Fxブロードネット」さんのページに、無料で著者の陳さんの「プライスアクション」が既に分かりやすく図表と文字で記載されています。

 

ぼくはKindleで読んでいて、「あれ?このサイン見たことあるぞ!こういうことか!」みたいなことが発覚したのが、個人的には衝撃的でした。

 

例えでいうと、

・ピンバー

・スパイクロー

・フェイクセットアップ

等々。

 

11月にけっこうBinance(仮想通貨取引所)でトレードをしていて、その時に「これは上がる!」と思ったとしても、ズルズルと下がることがあったりました。

 

もちろん、相場は変動しているので「100%これが下がった理由」とは断言しづらいです。しかし、テクニカル的な分析や、プライスアクション的な分析でいえば「こういうふうに、投資家たちは相場を見ていたのかな」という見え方がほんのすこしできるようになりました。

 

Fxブロードネットのページで「プライスアクション」の一覧が無料で学べると思いますが、

 

今回のこの記事でも紹介している『勝率7割超!FXチャートの読み方』では「18個のシグナル」もカラー図表で掲載されているので、流れが飲み込みやすいです。

» パターンを覚えるだけで勝率7割超! FXチャートの読み方 〜欧米投資家が好んで使うプライスアクションの教科書 Kindle版

 

過去のぼくは、単に「4時間足で、上と下に水平線をひいて、あとはどっちか予想しよう」という感じでした。笑

 

日々、すこしずつ学び、そして小さく実践していくうちに、最近になってようやく「レジスタンスライン、サポートライン、トレンドライン」などがほんの少しわかるようになってきました。そこから、「三角保ち合い」とかも、、、笑

 

 

青い鳥
青い鳥

あ、ここは反発するかも。いやそのまま突き抜けるかも。てきなね。

 

そしてこの本を読むと、単なる「サインだけ」ではなく、「支持帯、抵抗帯」「ダマシ」「高値、安値ライン」なども同時に学ぶことができました。

 

読み進めていると、FXや仮想通貨、株式投資などもそうですが、トレードって奥が深いなと感じました。

 

おわりに。繰り返し学びます。

ということで、この記事は以上となります。

 

相場状況は、日々、瞬間的に変動しています。その変動を作り出しているのは投資している方々の心や考えで、それらがチャート上に反映されているんだなと思いました。

 

個人的には、「ローソク足は単なる売買したひとたちの結果」というような認識でいました。

 

結果といえば結果ではありますが、そこには「この形がでた意味」などがあるんだなと、今回勉強になりました。

 

今後も、何度も繰り返し読んで、少しでもチャートの動きについていけるようになりたいです。

 

ということでアウトプットをするのは難しいですが、こんな感じで今回読んだ本の感想というか、そういったモノを記事にしてみました。

 

これからもインプットとアウトプットを、こうして地道にしていきます。

 

FXトレーダーの方や、仮想通貨(ビットコイン等)でトレードしている方々にもおすすめの1冊です。

パターンを覚えるだけで勝率7割超! FXチャートの読み方 〜欧米投資家が好んで使うプライスアクションの教科書 Kindle版

 

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

 

最近はFXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)でFXトレードしています。

最近は、FXTFというFX口座でFXトレードをしています。



↑ このバナーのとおりで、米ドル円のスプレッドが0.1銭という最狭水準です。

 

FXTFは、「GTアプリ」でトレードもできますし、「MT4」も使ってトレードができるところも便利。

シンプルなUI(ユーザー・インターフェース)なのでややこしくなくシンプルにトレードができています。

 

あと「GMMA」も使えます。

 

ごちゃごちゃさせずに、シンプルにFXしたいと方にはおすすめかも。

» FXTFで無料口座開設をしてFXトレードする

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-FX
-, , , ,