Gadget

GooglePixel3XLを約2週間使用してみた感想・レビュー【結論:2020でもサクサク動くコスパ端末】

2020年5月30日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

『GooglePixel3XLを約2週間使用してみた感想・レビュー【結論:2020でもサクサク動くコスパ端末】』という記事です。

 

5月10日にメルカリで「Google Pxiel3 XL 128GB」を購入し、

5月15日に到着してから、Pixel3XLを使用していたので感想などを書いていきます。

 

それでは、宜しくお願い申し上げます。

【結論】とても使いやすい

2020年の5月の時点でも、

「とても使いやすい」の一言です。

 

僕はpixel3xlを使用するまえのメイン端末がZenfone6でしたが、

どちらの端末も「SIMフリー」スマホなので、

余計なプリインストールアプリなどが入っておらず、Googleのアプリばかりなので

個人的には使い勝手が良くて楽しいスマホでした。

 

pixel3xlはサイズが大きいのですが重量が184gですので、

Zenfone6と比べると

「あれ?軽い!」と感動していました。

 

又、CPUが

「Snapdragon 845 (4x2.5Ghz+4x1.6Ghz) 64bit オクタコア」

という設計なので、

 

アプリの切り替えや、情報の読み込みなどもスムーズでした。

 

僕は、今まで使用してきたスマホの中で、

・Samsung ギャラクシーS9

・Xiaomi PocophoneF1

・Zenfone6

というように、Snapdragonを積んでる端末を選んできたので、

やはりpixel3xlは使いやすかったです。

(Kirin980とかの端末も使いやすかったです)

スポンサーリンク

なぜ、いまさら購入したのか

理由は単純明快で、

「Asus Zenfone6がたまにバグって時間を無駄にしてしまうから」

です。

 

これは4月6日ごろに購入して、初期不良で返送をしたのですが、

またもや不良品だったようです。

 

とても力強いスペックなので愛着はわいてるのですが、

やはりいきなり動作不能となると動画投稿ができなかったり、Uber配達ができなかったり、

こういう事が起きてしまうので、

 

「何かハイスペで、しかもある程度安くて良い端末はないだろうか」

と思考して、とにかくググりまくって辿り着いた結果が、

 

「Google Pixel3 XL 128GB」でした。

 

メルカリで探したところ3万円台で出品されていたので即購入してしまいました。

 

最新のスマホ、Pixel4 XLも思考しましたが、

 

やはり「値段」で手がでなかったです。

なんせ、Zenfone6を購入して1ヶ月もしないうちにまたスマホを買うわけでしたから笑

 

中国の端末も安くてスペックが高くてとても魅力的で、

・Xiaomi Miシリーズ

・OPPOのハイエンドモデル

なども視野にいれましたが、

 

やはり「技適」の問題があるのがネックです。

 

海外在住の人は、ほんとコレらのスマホを使用できるというのは羨ましいです。

スポンサーリンク

スマホを2台持ちしてみる

気が付けばpixel3xlにLINEモバイルのSIMを挿入してメイン端末となり、

 

Zenfone6が動画や写真のカメラ端末、

動画編集や画像編集、ブログに画像を転送するなどのセカンドスマホとなりました。

 

pixel3のアウトカメラの写真はとても良いです。

ただインカメや動画となると若干、「肌質が悪い感じ」になるので、

 

Zenfone6に写真撮影や動画撮影の役割を頼むことにしました。

 

Zenfone6は本当に動画がリアルすぎるくらい綺麗にヌルヌル撮れるので、

撮影するのも楽しいですし、鏡替わりにもできてしまうくらい映りが凄まじいです。

そして落として破損してしまった。。

一昨日、UberEatsで道路をスクーターで走行してるときに、

振動によりスマホホルダーから滑り落として、

 

pixel3xlさんが道路上に30kmくらいのスピードに落とされてしまいました。

 

そしてこのような残酷な結末となってしまいました。

 

原因は2つあり、

①僕の使用しているスマホホルダーは横を2点止めするタイプなので、

4つ角を止めるタイプよりホールド力が弱い。

 

②ちょうど外出用で購入していたpixel3xlのスマホケースが滑る素材のもので、

「なんかあったときの為に着けておこう」という意図が逆効果で、

「滑りやすくしてしまった」という。

 

こんな感じで、液晶が少し欠けてたまに指に刺さってしまうという。

 

ぶっちゃけまだまだ使用できるのですが、やはり画面をみるときに、

「あ、割れている」という集中力の無駄遣いが嫌なので、

 

この度、再度スマホを調達したいと思います。

 

ちなみにそのスマホは本日届いて少し使用していますが、

とても「使いやすい」です。

 

その名も

「UMIDIGI F1 PLAY」という中国のスマホです。

それはまた別の記事でレビューします。

今度はpixel4XL か 5シリーズ(未来)に会おう

正直、僕は普段からGoogleにお世話になっていて長年androidにもお世話になっています。

 

なのでGoogleのことが大好きです。

 

pixel4も正直、魅力的です。

 

今の時代は、更にスマホ業界の技術力が上がっていて、今後のスマホがとても楽しみです。

 

というか海外のスマホは既に5G対応端末や、Snapdragon搭載の安い機種がたくさんあります。

海外、すごい!

 

pixel3xlは、公式サイトみたらもう売ってないんですね。

https://store.google.com/jp/magazine/compare_pixel

 

残念ではありますが、進化や変化をしているのが分かります。

 

またいつか会おうねPixel。

 

ということで、この記事はおしまいです。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Gadget
-, ,