Gadget

UMIDIGI F1 PLAYをAmazonで購入!安い割にヌルサク端末で感動と興奮しています。簡易てきな感想。

2020年5月30日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

『UMIDIGI F1 PLAYをAmazonで購入!安い割にヌルサク端末で感動と興奮しています。簡易てきな感想。』という記事です。

昨日5月29日、Amazonで注文した

UMIDIGI F1 PLAYが、本日5月30日午前中に到着しました。

今日はデータ移行や設定を調整したりしていました。

それの簡易的なレビューです。

そのうち使用してみた感想を投稿します。

宜しくお願い申し上げます。

結論から。

「良い意味で裏切られました」

というのがマジな率直な思いです。

 

起動時は、データの更新やファイルの生成などで

「若干、カクつくかな?」と思い

 

ある程度、設定をしたりして時間を経過させてみました。

 

そしてYouTubeアプリで動画を流してみました。

 

「だいたい、読み込み遅いんだろうなぁ」

「レスポンス悪そう」

 

と0.5%くらい疑ってました。

 

が、しかし。

 

「え、はや!」

「しかも動画一覧を縦にスクロールしてもほとんどスムーズに情報を読み取れる」

 

という風に驚きました。

 

一応、動画でも発信していますが、まさに「え、すご!」というように驚いてしまっています笑

シンプルな中身と付属品のおかげでスタートがラク。

SIMフリースマホを好む自分です。

 

最近でいうと、

・Asus Zenfone6

・Google Pixel3XL

もSIMフリー端末で購入して使用していました。

 

そしてUMIDIGI F1 PLAYは、

「標準装備」が素晴らしいです。

 

このスマホを購入すると、

・スマホケース

・画面保護シール

・充電器

が梱包されています。

 

いや、梱包ではありません。

 

「装備されている状態」で届きます。

(充電器は梱包されています笑)

 

要するにスマホを取り出すと、

既に黒いスマホケース(柔らかいタイプ)が装備されています。

 

画面保護フィルムはスマホのペリペリを剥がしてあげるだけで、既に装備されている状態です。

 

僕は普段からスマホを購入する際は、

Amazonなりメルカリなりアリエクスプレスなり何でも、

ほとんどの確率で

「ケースと保護フィルムを購入」しています。

 

しかもケースはプラスチックの硬い素材のではなくて、

いわゆるTPUという柔らかい系のケースを好んでいます。

 

保護フィルムはガラス系が好きですが、

もはやこうして標準装備して頂いてる自体、手間が減るのでマジで助かります。

 

おかげでわざわざ1つ1つ調べたりせずに、

 

「よし、スマホの設定するぞ」

「データ移動させよっと」

とそのままスマホ操作を楽しめて、今日からUMIDIGIスマホでスタートすることができました。

スポンサーリンク

とりあえず1日使ってみた感想

まず現在時刻が「21:46」です。

 

その時点でバッテリー残量が「36%」です。

 

午前10時頃にこちらのスマホを開封して操作開始してその時にバッテリーが90%くらいでした。

 

そこから

・アプリのインストール・設定

・Googleの設定

・動画や写真を撮る

・ツイッターいつもどおり見る

・ウォーキング時に音楽を聴く(Bluetooth接続)

・Bluetoothでスマートバンドも繋いでる。

 

などをして今現在、この36%も残量があります。

 

バッテリーの持ちが、、、

凄まじい。

 

あとアプリを約180個ほど入れているのですが、

「動作、問題なし」です。

 

最初、開封して操作してるときは

「アプリほとんど入れてないから、軽いのかな?」

というように考えていました。

 

ストレージが64GBで、今のところ24GBほど使用中。

 

そしてyooutubeアプリやBitbankなどのアプリ、Kindleなども開いていましたが、

全然問題なし。

 

ちなみにDNBという脳を活性化するゲームアプリをプレイしましたが、

もう普通に遊べています笑

 

いろいろな記事や動画を参考にしましたが、

PUBGや荒野行動も設定を少し落としてあげるだけで問題なくプレイできるそうですね。

 

そして持ちやすいです。

 

最近、僕が使用していたメイン端末は、

GooglePixel3XLという大き目のスマホでした。

 

そして更にそこに「シュピゲン」というブランドのケースを装備していました。

 

シュピゲンはめっちゃ防御が固いスマホケースで、

あえて大き目の造りになってそうです。

 

それは本当に大きくて、以前Amazonで購入した黒い滑りやすいケースを購入して

それをpixel3xlに装備していると、

「あれ?こんなに持ちやすいのか」というほどでした。

しかしその後滑りやすいケースで、バイクから滑り落ちてボロボロになりました笑。

 

実は、僕はスマホにカードケースを付着したいタイプの人間です。

財布を所有していないので、現金決済いがいは、スマホ1台で支払いなどを済ませるようにしています。

 

なのでF1 PLAYを購入するときに、AmazonでSinjimoruというブランドの

背面カードケースも購入して、

 

そちらも装備してみました。

 

意外と、マッチしています。

 

そして「持ちやすい」。

 

驚きですよ。

 

重たくなるのかなと心配していましたが、このスマホ不思議なことに

「軽く感じる」という風に思います。

 

UMIDIGI F1 PlayはUmidigiのスマートフォンで、2019年3月に発売されました。

6.3インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは8.8mm、重さは193gです。

UMIDIGI F1 Playのスペックまとめより引用。

 

193gつまりは、以前使用していたZenfone6とほぼ似ているのになんかそんなに重たく感じません。

とりあえず楽しいので使い続けてみます。

本当は、この予定はなかったのです。

 

ただGoogle Pixel3XLが破損してしまったという諸行無常な展開で、

 

ある意味こういう結果や決断ができたのかなと思います。

 

そしてこの決断は、「まさかすぎてわろた」って感じです。

 

それはこの記事の冒頭の

「良い意味で裏切られた」という事です。

 

僕は、いまたまたま2台持ちにしています。

 

1台は、F1 Play

もう1台は、Zenfone6 です。

 

なので、動画やカメラ、編集などはZenfone6が担って、

 

メッセージや、メルカリ、Kindle読書、写真、ウェブ閲覧などはF1 Playが担っています。

 

ぶっちゃけ動画は、やはりZenfone6がずば抜けてるのでもはや中毒です。

 

ただ動画やYoutube投稿、動画編集の書き込み、そういう高負荷、高画質てきな動作を除けば、

 

「F1 Playこれは優秀すぎるんじゃなかろうか」という風に思えています。

 

全てすべて、antutuが支配してるとは限りませんが、

Zenfone6は、たしか30万点越え、

pixel3 XLは、たしか30万点前後、

 

そしてF1 Playは、動画や記事で見た限りですと、

13万点。

 

これだけ見ると確実に、

「いやー、これは何もできなさそう」と思いがちですが、

 

こうして今日触って思ったのが、

「全然動く、、、」

「なんで?スナドラ855や845よりほんの少し遅いくらいのレスポンスなだけで、サクサクやないか」

「意外とシンプルなデザインと中身でかっこいい。。」

 

という風に思っていました。

 

ということで、こんな感じでしばらく使用してみようと思います。

 

本当は最近、アリエクスプレスで発売された

UMIDIGI S5 PROという端末を希望していましたが、

 

到着までに1ヶ月ほどはかかるのは鉄則なので、

これはF1 Playで一度、体験しておこうと思いました。

 

ということで、簡単な感想でした。

 

衝撃すぎてなんかずっと触ってしまいます。

 

指紋認証も顔認証も、思ったよりも早いです。

(過去のレビュー動画などは2019年時点のモノが多いので、もしかしたらアップデートされているのかも)

 

ということで、おしまいです。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

以下に、僕が参考にした記事や動画を貼らせて頂きます。

Geek-Inboxさん

2019年コスパ最強スマートフォンをついに開封!【UMIDIGI F1 Play】

 

まみよしさん

【UMIDIGI F1 Play】4800万画素カメラ搭載のゲーミングスマホ!実機開封レビュー!ゲーム性能やカメラ性能もF1と比較!コスパ最強!【格安スマホ】【UMIDIGI S3 Pro】

 

TechUtopiaさん

Umidigi F2 vs Umidigi X vs Umidigi F1 Speed test/Performance/Antutu Helio P70 vs P60

 

https://photosku.com/archives/3877/

(フォトスクさん)

https://blog.ver001.com/umidigi-f1-play/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Gadget
-, ,