仮想通貨

【終了】MetaKeeper(メタキーパー)が突然閉鎖していた模様...【NFT・BCGゲーム】

【終了】MetaKeeper(メタキーパー)が突然閉鎖していた模様...【NFT・BCGゲーム】

 

  • MetaKeeper(メタキーパー)が突然閉鎖していたって本当?
  • MetaKeeper(メタキーパー)が終了って、マ?

このような方の参考になれば幸いです。

 

こんにちは、ひでおです。普段からFXや仮想通貨(暗号資産)投資をしており、NFTゲームもいくつか触ってみるなどしている29歳です。ちなみに2022年の仮想通貨(暗号資産)の実現損益は、約30万ほどの損失ですトホホ...

 

今回は【終了】MetaKeeper(メタキーパー)が突然閉鎖していた模様...【NFT・BCGゲーム】を解説します。

 

内容としては、以下のとおり。

 

  • MetaKeeper(メタキーパー)が終了していました...
  • MetaKeeper(メタキーパー)の終了に対してのツイッターの方々の声
  • NFTゲーム・BCGゲームは「損切り」も大事ですね

 

それでは、宜しくお願い申し上げます。

MetaKeeper(メタキーパー)が終了していました...

既にタイトルで出オチ感ありますが、結論を書くと以下のとおり。

MetaKeeper(メタキーパー)がいつの間にか終了していました...

 

MetaKeeper(メタキーパー)ってなんですか?FIFAワールドカップのゴールキーパー的なやつですか?

 

自動でキャラが動いて、仮想通貨($MKP)を稼いでくれるNFTゲームですよ!

 

MetaKeeper(メタキーパー)

 

上の画像は『MetaKeeper(メタキーパー)』の公式サイトのトップ画面です。(いまはもうアクセスできません...)

  • https://metakeeper.io/

このように、ドット絵のNFTキャラたちが自動で仮想通貨を稼いでくれる放置系ブロックチェーンゲームだったので、ずぼらな方でも日給で数千円稼げていたそうです。

 

とはいえ、仮想通貨もそうですが、NFTゲーム(BCGゲーム)というのは、わりと”ババ抜き”的な要素がありまして、先行投資したひとが稼いで、途中離脱して、いうような流れが一度できてしまうと、「後発組は全然稼げなくなる」というデメリットがあります。

 

又、それだけでなく、シンプルに「仮想通貨相場が暴落」すると、ビットコインやイーサリアムだけでなく、BNB(バイナンスコイン)や、SOL(ソラナ)なども下がるため、それに連動したNFT関連トークンも下落してしまうこともあります。

 

ということで、ぼく自身、『MetaKeeper(メタキーパー)』には参入していなかったのでダメージはありませんが、「いつかまだサービス続いてたら投資してみたいな~」なんて思っていたので、今回、MetaKeeper(メタキーパー)が終了しており、少し寂しい気持ちになりました。

MetaKeeper(メタキーパー)の終了に対してのツイッターの方々の声

ここでは、「MetaKeeper(メタキーパー)の終了に対してのツイッターの方々の声」を掲載していきます。

 

 

 

 

 

NFTゲーム・BCGゲームは「損切り」も大事ですね

やはり、MetaKeeper(メタキーパー)の今回の件を見てみると、NFTゲームやBCGゲームに限らずですが、「損切り」がとても大事だなと感じました。

 

正直、MetaKeeper(メタキーパー)が終了した理由は、分かりません。(終了というか、ラグプルというのか。)

 

この2021年~2022年の間に、たくさんのNFTゲーム、ブロックチェーンゲーム、NFTプロジェクト、Play-To-Earnなどが登場しましたが、気が付けば、ほとんどが下落して、低価格を推移している状態です。

 

こういう場合は、3つの行動を選択することができます。

 

  1. 放置する(いつか上がるかも)
  2. 続ける(1円でも積み上げる)
  3. 損切りする(売却して他のことに投資)

 

上記のとおり。

これには、正解はありません。

 

ひとによっては、たとえば、「いま現在も『STEPN』(ステップン/ステプン)で毎日歩いて200円~500円稼いでいます!」という方もいるからです。

 

ただ、「あまりにも含み損を抱えており、またPJがふたたび盛り上がって、価格が上がるかもしれない...うーん...」という場合は、早めに損切りをしてサクっと気分転換して次のなにかに資金を投じることで、時間も思考力もフルに使えます。

もし、いま「〇〇のNFTゲームで含み損を抱えている...」という場合は、思い切って損切りして、自分を解放させてもいいかもしれません。

 

ひでお
一番最悪なのは、資金(含み損)を入れたまま放置して、いつの間にかサービス終了してしまって、元も子もない状態になってしまうことですね...

 

そのためにも、「あ、マズいかもな...」と思ったときは、損切りして資金をウォレットや、日本の銀行口座に出金しておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:MetaKeeper(メタキーパー)よ、サヨウナラ...( ´Д`)ノ

まとめ:MetaKeeper(メタキーパー)よ、サヨウナラ...( ´Д`)ノ

今回は【終了】MetaKeeper(メタキーパー)が突然閉鎖していた模様...【NFT・BCGゲーム】を解説しました。

 

内容をまとめると、以下のとおり。

 

  • MetaKeeper(メタキーパー)が終了していました...
  • MetaKeeper(メタキーパー)の終了に対してのツイッターの方々の声
  • NFTゲーム・BCGゲームは「損切り」も大事ですね

 

上記のとおり。

いま現在までも、既にいくつかのNFTゲームでも、公式ページにアクセスできない、ツイッターアカウントが削除されているなどの事例もあります。

 

最近だと、「FTX事件」が起きたことで仮想通貨界隈全体が暴落しましたね。

 

決して絶望をさせたいわけではなく、やはり「資金をコントロールすること」や「損切り(利確)をして逃げておく」などが、とても大事なことだなと改めて感じる今日この頃です。

 

この記事を見てくださっているあなたも、くれぐれもお気をつけください。

 

ということで、本記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ひでお
MetaKeeprt, Rest in peace!



 

面倒な仮想通貨の損益計算を平均10秒で完了させる【Cryptact】

2022年、仮想通貨(暗号資産)で投資やトレードをした方は、場合によっては、課税されるケースがあります。

特に利益を多く伸ばした方などは、取引履歴(トランザクション)が雑多で、煩わしいと思います。

そんなときは、『Cryptact』(クリプタクト)という仮想通貨の損益計算を自動でおこなってくれるツールがあります。

ぼくも1年契約で使っていて、とても使いやすく、自分のトレード履歴や損失額なども算出してくれるので、すごく便利です。

サクッと登録して、取引履歴をアップロードして実現損益を自動計算しちゃいましょう。



人気のレンタルサーバー

-仮想通貨
-, , , , , , , , , , , , ,