Gadget

ワークマンのベーシックバックパック(1900円)がコスパ良すぎて最高です。【売り切れて品薄状態】

2021年10月24日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

ワークマンのベーシックバックパック(1900円)がコスパ良すぎて最高です。【売り切れて品薄状態】

 

こんにちは、ひでおです。

 

『ワークマンのベーシックバックパック(1900円)がコスパ良すぎて最高です。【売り切れて品薄状態】』という記事です。

 

青い鳥
青い鳥

え!在庫あったの?売り切れていて買えなかったよ!

 

ラッキーなことに、たまたま立ち寄ったら「ラスト1個」だけ売られていたよ!

 

ということで、BASIC(ベーシック)バックパックの外観や、簡易的な使用レビューが主な内容となります。

 

少しでも参考になれば幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

 

BASIC(ベーシック)バックパックがラスト1個だけ売られていました!

ようやくですが、9月末に「ワークマンのあのベーシックバックパックほしいなぁ」なんて思いながら、ワークマンに立ち寄ったところ、なんとラッキーなことに「ラスト1個」が売られていました。

 

BASIC(ベーシック)バックパックがラスト1個だけ売られていました!

↑色はブラック(黒)でした。

 

ということで、即買いさせていただきました。

 

お値段なんと、「1,900円(税込)」でした。

お値段なんと、「1,900円(税込)」でした。

 

青い鳥
青い鳥

税込で、、1,900円だと、、!?

 

ぼくも最初は、「1,900円に、そこから税がプラスされて2,000円以上になるんだろうなぁ。。」と思っていました。

 

しかし、レジで支払いするときに店員さんが、

「1,900円です~」

と言っていて、思わず「え、やす!」と心のなかで雄叫びをあげていました。

 

心の中で。。雄叫び。。

青い鳥
青い鳥

 

1,900円で、こんな見た目がシンプルでクールなリュックが買えてしまうワークマン、、そしてこの令和時代、、最高です。

オンラインでも在庫があれば注文可能です>>BBC01 BASIC(ベーシック)バックパック|ワークマン公式オンラインストア

 

ベーシックバックパックの外観や中身をチェック

ぼくが購入したのは、約16Lで、カラーは「ブラック」のモノです。

 

一番外側に、チャック付きのポケットが2つ、あります。

どちらも小物がスーっと入るような適度な大きさです。

上の方が小さく、下の方は「上」よりも約2倍くらいは大きい気がします。

 

 

既にアウトドア系YouTuberの方などが、動画で分かりやすい映像を発信してくださっているので、あくまで簡易的に紹介していきます。

 

横向きにしてみました。

なんとこのワークマンのベーシックバックパックは、チャックの持つ部分が「長方形」です。

なので「掴みやすい」というのがポイントです。

それだけでなく、フラフラしないように合間に収納(埋める)することもできます。

 

こんな感じで、チャックをフラフラさせずに隠すことができます。

 

ここがメイン収納です。チャック付きのメッシュポケットが2つあります。

ここのモバイルバッテリーや、ケーブル、イヤホンなどを入れるのも良さそうですよね。

しかも2つポケットがあるので、「リュックの中身がゴチャゴチャする」という事も防げます。

 

軽量パーカーなども入れることができるので、容量も充分です。

 

自分で撮影しておいてアレですが、なにこの写真って感じですね笑

ここが「ノートパソコン入れ」です。

仕切りがやわらかいおかげで、パソコンをそのまま入れても良さそうですね。

又、書類とかも分けて入れることができます。

 

ベーシックバックパックの裏面(背中にあたる部分)です。

 

ぼくは過去に何度か「安いデイパック」的なのを使用していたので、「まぁ背中部分はなんか、重たくなって、背負い心地悪いんだろうなぁ。。」なんて思っていました。

 

しかし、このベーシックバックパックは、背中がメッシュ素材てきなモノで作られているためか、やわらかいです。

思わず、「え、これ1,900円...?なんか過去に7,000円とかしたバックパックと同じ気持ちいい背負い心地だ...」と心のなかで感動してしまいました。

 

心の中で。。

青い鳥
青い鳥

 

荷物をいれた状態で、見せびらかすひでおわーるど氏。

 

青い鳥
青い鳥

なんか、顔が白いなwww

 

バックパックのなかに、「軽量パーカー」、「レッツノートSZ5」、「電源ケーブル」などを入れている状態です。たしか「2Lの水」も入れてた気がします。

 

形がぼこぼこと変形することなく、このミニマルなデザインの状態を保っているのも、美しいですね。

見た目だけでなく、容量としてもまだまだ入るので、これはすごいです。

 

簡易的なレビュー

ということで先ほどは写真が多めでしたが、ここでは簡易的なレビューです。

 

・まず、「1,900円という価格」が安くて驚き。千円札が2枚あれば買えます。

・容量はよほどのことがない限り、「ちょうどいい」です。

・ポケットの数が適度にあるおかげで、むだに考えずに収納できる。

・チャックの開閉がスムーズ。

・背負い心地は、「この価格なのに」全然良くて素晴らしい。

・本当に強いて...強いて言えば...リュックサイドに「ペットボトルホルダー」的なポケットがないのが惜しい。(ただこのミニマルデザインだからこそ、サイドポケットがなくても問題なし)

・通勤用、通学用、ちょっとしたプチ旅行用、育児で外出するときに使う用、としてもいろいろな場面でも使える作りになっている。

 

まだまだ書けるのですが、書きすぎると文字ばかりになって読みづらいと思うので、ここまでにしておきます。

 

「トータルでコスパが高い」というのが、ぼくの結論です。

 

改めて、見たり触ったり使ったりして、ふと「あれ?これ、、1,900円なのか、、もっと高かったと錯覚する。。」という衝撃に襲われます。

 

ということで、簡易的ではありますがレビューとして以上となります。

 

おわりに。これは嬉しい商品ですね。

ということで、ワークマンのBASIC(ベーシック)バックパックを購入して、紹介してみました。

 

本当にここ数年のワークマンの勢いが、凄まじいです。

リュックだけでなく、アウタージャケット、パンツ、シューズなどのファッション分野でも、ワークマン利用者が増えていることを感じます。

 

ぼく自身も、こうして稀に「これは使いたい」と思う商品は、ワークマンで買ってみています。

 

その中でも、特に、今回のこの「ベーシックバックパック」がお気に入りです。

 

ひとによっては、これをサブバックとか緊急避難用とかで使うこともできると思います。

ある意味、「プレゼント」で送ったり、頂いたりしても、これは嬉しいアイテムだと思いました。

 

なぜならば、「使い道がたくさんある」からです。

 

先ほどの簡易的レビューの項目でも書いたとおりで、通勤・通学、育児中でのお散歩時に使うなども使用できます。

 

デザインも、「デカデカブランドロゴ」とかなくて、形も「ゴツゴツ感」がほとんど抑えられているので、万人受けしそうです。

 

このベーシックバックパックは、本当に素晴らしいワークマンアイテムだなと感じました。

 

在庫切れ、売り切れ多発しているそうなので、ワークマンを発見したら、とりあえず立ち寄ってみて、チェックすると、もしかしたらギリギリ1つだけ残っているかもしれません。

 

青い鳥
青い鳥

千円札を2枚、常備しておこう!

 

ということで、本記事は以上となります。

少しでも参考になれば、幸いです。

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

オンラインでも在庫があれば注文可能です>>BBC01 BASIC(ベーシック)バックパック|ワークマン公式オンラインストア



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Gadget
-, , , ,