Books

「本を読むのが苦手...」を改善する方法3選【楽しく読書しよう】

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

「本を読むのが苦手...」を改善する方法3選【楽しく読書しよう】

 

こんにちは、ひでおです。

 

『「本を読むのが苦手...」を改善する方法3選【楽しく読書しよう】』という記事です。

 

青い鳥
青い鳥

読書つまんない!本を読むのが辛い!どうすればいいんだろう。。

おしえて、ひでおわーるど!

 

こんな方におすすめ

  • 本を読むことが苦手なひと
  • 読書をするが途中で挫折してしまう人
  • もっと本をたくさん読みたいひと

 

内容としては、以下のとおりとなります。

・興味ある分野の本を読む

・マンガを読む

・オーディオブックを利用して耳で読む

 

少しでも参考になれば、幸いです。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

「本を読むのが苦手...」という人は、難しく考えがちかも。

「本を読むのが苦手...」という人は、難しく考えがちかも。

ということで、さっそくですが、このブログ記事を読んでくださっているあなたは、「本を読むのが苦手...」という方でしょうか?

 

もし苦手だと思うのであれば、それは難しく考えてしまっているせいかもしれません。

 

・文字が凝縮されている文章

・むずかしい漢字が大量に印刷されいてる紙

・太い図鑑のような大きい作りをした本

 

こんな風に感じたことはないでしょうか?

 

ぼくは今現在、28歳です。かれこれ20歳前後から読書にハマり、今現在もなお読書しています。

 

しかし、元々はブックオフや図書館にいくたびに、

「うわー、なんかズラーっと難しそうなタイトル。そしてそのボディ。。強敵だぜ。。」

などと思い、恐れていました。

 

しかし、「悩みを解決したい」、「もっと知りたい」というよう欲求により、手あたり次第読み漁るおうにしました。

 

そうすると、次第に「難しい本」と、「難しそうだけど、分かりやすい内容の本」と、「ワクワクして、キャッチーな内容で、サクサク読める本」などが存在することがわかってきました。

 

「本を読むのが難しい...」と思っていましたが、じつは、「自分がわざわざ難しい本を読もうとしているだけ」だったのです。

 

もちろん難しい本を読むことで、漢字、言い回し、概念なども学ぶことができます。

しかし、終始ワクワクせずに、疲弊して、やがてはやめてしまうでしょう。

 

ということで、本を読むときは、

 

・興味ある分野の本を読む

・マンガを読む

・オーディオブックを利用して耳で読む

 

というような3つの方法を活用すると、もしかしたら、あなたの「本を読むことが苦手...」が改善されて、むしろ読書が楽しくなり、捗るかもしれません。

 

「本を読むのが苦手...」を改善する方法1:興味ある分野の本を読む

「本を読むのが苦手...」を改善する方法1:興味ある分野の本を読む

まずは、その1「興味ある分野の本を読む」です。

 

ぼくは、毎回興味が変わったり、気分によって選ぶ本が変わります。

 

ブックオフや図書館では、タイトルと中身をササっと見て、買います。

なので、料理本、介護の本、歴史の本、エクセルなどの技術的な本とか、とにかく興味あるモノを選択します。

 

メルカリやAmazonKindleで本を買うときは、

「ブログをもっと上達するためにライティング・マーケティングを学びたい」という思いで、それらのタイトルを選びます。

 

又、「投資」や「お金」、「ビジネス」、「歴史」のことも学びたいので、それらに関係する本をポチります。

 

ということで、ザっと「ぼくの興味」を紹介しました。

 

これらを「あなた」や、「友達」に紹介すると、どうなるでしょうか?

 

青い鳥
青い鳥

投資とか興味ねえし!お金とか興味ねえし!ビジネスとか関係ねえし!

 

というように、「難しい本を紹介してこないで」みたいに言われてしまうことがあります。

 

つまり、「おすすめだよ!」と言ったとしても、言われたとしても、それは気にしないことです。

 

あなたが、「部屋の掃除に興味ある!」というのであれば、

 

 

などの本を読んでみてもいいのです。

 

あなたが、「資産運用」「老後の不安解消のために貯蓄したいなぁ...」ということに興味があるのであれば、

 

 

などの本があります。

 

というように、「自分が、いま興味・関心がある本を読む」を実践しましょう。

 

「本を読むのが苦手...」を改善する方法2:マンガを読む

「本を読むのが苦手...」を改善する方法2:マンガを読む

次に、その2「マンガを読む」です。

 

青い鳥
青い鳥

え?本じゃなくて、マンガ? それじゃ意味ないような気がするよ...。

 

だいじょうぶ!

 

近年、マンガのクオリティーはとても高くなっています。

クオリティーが高いだけでなく、「コスパ良い情報収集の方法」「勉強法」としても認識されてきています。

 

なぜならば、「ビジュアル(イラストや、図など)によって、イメージしやすいから」です。

 

多分、ひと昔前だと「マンガなんて読んでるヒマあれば、勉強しなさい!」と怒られたひともいるでしょう。

 

しかし今現在だと、「面白い!しかも理解しやすい!イメージがわきやすくて、次の本への最初のステップ台としても使える!」というように、ラクをしながら知識を得ることができます。

 

例えば、「お金を増やしたいけど、なにをすればいいか分からない...。」というひとは、

『漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則』

というマンガがとてもおすすめです。

 

「仕事のことで悩んだり、レベルアップしたい」ひとへ向けた自己啓発本もマンガなら、

『マンガでわかる 非常識な成功法則』

というマンガもあります。

 

ほかにも、『まんがで読破』シリーズなどもあり、AmazonKindleでタイミングがよければ、数十円~数百円で読めてしまうときもあります。

 

「文字が苦手...」というひとでも、「マンガなら、さくさく読める!」という風に勢いが増して、どんどん知識を吸収することができるでしょう。

 

「本を読むのが苦手...」を改善する方法3:オーディオブックを利用して耳で読む

「本を読むのが苦手...」を改善する方法3:オーディオブックを利用して耳で読む

最後に、その3「オーディオブックを利用して耳で読む」です。

 

有名なオーディオブックアプリはいくつかあり、その中でおすすめなのが2つあります。

 

AmazonのAduibleと、オトバンクのaudiobook.jpの2つです。

 

オーディオブックのメリットとしては、

 

・目で文字を読まなくても、耳で聴ける

・ナレーターの声が聴きやすいので、「誰かの話を聴いている」感覚で読書ができる

・筋トレ中も、お散歩中も、のんびり外を眺めながらもゆったり聴ける

などが挙げられます。

 

本当に使ってみると分かるのですが、これがめちゃくちゃ便利なのです。

 

「めちゃくちゃ活字ばっかりで、さらには数字などのデータが多い本」を文字で読んだことがありますが、漢字が多いから目が疲れたり、数日後にまた読むと、「あれ?この数字や計算の話は、なんの話だったっけ...?」となってしまいました。

 

しかし「オーディオブック」だと、どうでしょう。

 

話し手であるナレーターが読み上げてくれるおかげで、難しい漢字とか関係なく、「ふだんの会話」のように話を聴くことができます。

 

これのおかげで「難しそうな金融の本」とかも、耳で聴いてるだけなのですが理解できるようになりました。

 

青い鳥
青い鳥

「文字のほうが読みやすい本」と、「文字だと読みづらい本」とかってあるよね!

 

ぼくは、今現在、1年以上「オトバンクのaudiobook.jp」を利用しています。

audiobook.jpの「聴き放題プラン」が月額750円なので、経済的にも負担がありません。

毎日フル活用しているため、費用対効果がとても高く、大満足しています。

>>オーディオブック配信サービス - audiobook.jp

 

「読書が苦手...」、「文字を読むだけで精一杯」という方は、ぜひ、オーディオブックをご活用してみてはいかがでしょうか。

 

ぼくが、「1年ほどオーディオブックを使った感想」なども書いていますので、オーディオブックを登録するのが不安な方は、ぜひご参照していただければなと思います。

>>オトバンク社のaudiobook.jpを1年ほど使用した感想レビュー【聴き放題がコスパ高い】

 

おわりに。「苦手を克服」はしなくていい。

ということで、今回は、「読書が苦手」を改善する方法3選をご紹介させていただきました。

 

・興味ある分野の本を読む

・マンガを読む

・オーディオブックを利用して耳で読む

これら3つです。

 

「読書は苦手...」というのは、ある意味当然と言えば、当然です。

 

そこでムリをして、「克服するぞ!」と意気込む必要はありません。

 

タイトルにもある通りで、「改善」をしていきましょう。

 

青い鳥
青い鳥

なるほど!「本を目で読む」のは苦手だし、時間がとれない!

でも、「本を耳で聴く」のは歩きながらできる!「マンガを読む」なら楽しく学習できる!

克服じゃなくて「改善」、「工夫」が大事なんだね!

 

青い鳥さん、いつもありがとうございます。そういうことです。

 

ということで、本記事は以上となります。

あなたの読書ライフに、すこしでも参考になれば、幸いです。

ぼくもこれからも、目でも耳でも読書をして学び、実践していきます。

 

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Books
-, ,