Diary LIFE

努力よりも、「試行回数」と「情報」が大事だったりするかもね。

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

「努力よりも、「試行回数」と「情報」が大事だったりするかもね。」って話です。

努力することにつかれたひとや、自分を変えたいってひととか、洗脳されて疲れたってひとの参考になれば幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

努力とは?

なるほど。こういうことらしいです。

ひとによって「努力」のニュアンスがちがう。

ぼくは、年上のひとや、先輩に「ひとの3倍努力しよう!」とよく言われたことがあります。

「努力しないと、手に入れることができないよ」とか、

「きみよりも、あのひとは努力をしているんだよ、もっとがんばろう」とか。

 

こうして文字にするとよくわかるのですが、

「数値で表せない」のです。

 

ウサイン・ボルト選手や、羽生結弦選手も努力しています。きっと。

どのくらいやれば「努力した」となるのかは、ひとによって変わってしまいます。

 

甲子園とか、Jリーグとか、ウィンブルドンとかもそうですけど、みんな努力しています。

たぶんプライベートをあきらめて、そして余った時間や体力、思考を、練習に注いで、そして本番へ挑むわけです。

しかし、

敗退したひとたちは、「努力がたりない」のでしょうか?

もしかしたら、練習量が「2倍ちがう」とか「365日、練習をした」とかデータがあるかもです。

なんにせよみんな努力はしているはずです。

でも、勝つひとがいて、負けるひとがいる。

こういう風にとらえると、「努力のニュアンスって、まじひとりひとり違うよなー」ってなります。

スポンサーリンク

努力しなくていいかも。試行回数と情報をたよりにすれば。

このブログ記事をよんでくれてるひとは、努力していますか?

ぼくは、していません。

この文章力とか、ブログのデザインとか、TwitterやYouTubeの発信をみていただけるとわかるとおもうのですが、まじでひどいです。

自分でこれを書いていて、自虐っぽくて、意味不明です。でもまじでてきとうです。

 

ただそうして生きていくなかで、ようやく「努力信奉」が抜け出せました。

 

ぼくはまいにち、合計で10km程度歩いています。15000歩とか。

日頃から自重で筋トレをしたりしているので、

ごはんをたらふく食べたり、お菓子をたべたり、お酒をのんでも、そこまで太りません。

朝も目覚まし時計がなくても、6時~7時ころには目が覚めて元気です、ありがたい。

そしてブログをかいたり、YouTubeに動画投稿をしたり、仮想通貨にお金をすこし入れて増えたりするのを楽しんでいます。

読書も風呂にはいりながらスマホで読んだり、公園で日向ぼっこして読んだりしています。

 

要するに、試行回数です。そして情報を頼りにしています。

 

「読書をするのは、大変だ。努力だ。」みたいなひとがいます。

それって「本を読む」ということが苦痛なわけです。

でも、「耳で読む」もありますよね。(オーディオブックやオーディブルなど)



しかしそれすらもやらないひとがいます。

なぜなら、「努力をしないといけない」とか「最後まで本を読まないといけない」みたいな信仰があるからです。

 

ぼくはこういう「~しなきゃいけない」とかは捨てました。

 

ぎゃくに「面白そう」とか「使ったら、どうなるんだろう」という興味で、試します。

つまりは試行です。

オーディオブックも「なんか、つまんねえなあ」っておもうなら、やめてもいいのです。

というか本も「これは勉強だ!努力しよう!」ではなくて、

「おもしろそう!読みたい!だから読む!」というスタンスで普段から読んでいます。

おもしろくなければ、途中で読むことをやめてもいいのです。

 

毎日合計10kmとか自重で筋トレとかも、そうです。

特に目標もなくて、ただ「気持ちいいから」という理由で歩いています。

歩くと、いまの季節だと桜が開花して、それだけで動画撮影のネタにもなりますし、なによりも癒されます。

自重で筋トレも、ほぼ毎日しています。

風呂入る前や、公園で、「そろそろ限界かも」ってくらいまで筋トレします。

余力があれば、休憩してまたおこないます。

 

これも「努力」ではなく、「試しにやってみよう」程度です。

ついつい「こうやらないと、ダメ!」みたいなそういう概念が発生しますが、

そもそも「がんばろう」って時点でしんどいのです。

だから頑張らずに、しかし、「なんかまだ筋トレしたい」というそのままの欲求に任せて試行すればいいのです。

 

そして 情報 です。

てかなにこの記事、書きすぎだろ。よんでくれているひといたら、ありがとうございます。

情報は、もはやこの時代、オープンです。

やばくないですか?

AmazonのKindleで、700円とかで本が売られている時代です。

スマホがあれば、いつでもどこでも「情報に触れて、それを生活で使う」ということができてしまいます。。

Udemyで1500円でプログラミング学習ができてしまいます。

 

何が言いたいかというと、

「情報は、万人に平等にオープンになっている」ということです。

 

これってすごいですよね。

だって、

  • 外国人の発信した情報を日本語に翻訳できるツールがある
  • お金持ちが、何にお金を使うのか知れる
  • お店や病院の場所を、調べれば行ける

みたいな感じで、

もはや「努力しなくても、知りたいことを知れる」からです。

 

お金のことで悩んでいるなら、お金の本を読んだり、Voicyでお金のことを発信してくれているひとの話をきけばいいのです。

健康のことや、ライフスタイル、仕事のことも、本を買ったり、動画を観ながら一緒にエクササイズできるのです。

 

昔なら、

「特別なことをしなきゃいけない」という空気で、

そういうセミナーやダンス教室に「行くしかない。行くことで答えがわかる」という感じでしたよね。

 

現代なら、情報はオープンです。スマホやPCで入手できます。(オープン=無料のことではなく、解放されているの意味)

それらを入手すると、

「あれ?努力せずとも、身体が健康的に!」みたいな現象が訪れるわけです。

なぜなら、いろんなやり方、いろんな考え方があるからです。

 

努力せずに、そうして情報に触れて触れて触れまくって、

あとはそれを試して試して試しまくりましょう。

すべては試すだけでいいのです。

試してだめなら、やめればいいです。

試して続くなら、続ければいいのです。

スポンサーリンク

おわり。長すぎるので。

てことで、おわりです。

長い文章すぎ、そしてまじでノリで書いているので、乱雑すぎてすいません。

しかしこれも試しです。

恥ずかしいとか、ださいとか、時間が無駄とかあまり気にせず、試行です。

これがぜんぜんだめな記事であれば、だれにも読まれないでしょう。

しかし読まれたのであれば、また試せばいいわけです。

 

決して努力を否定しているのではなく、あくまで「逃げ道」です。

努力を信奉してしまうと、すべての事象において「努力不足だ」と思考停止してしまいます。

やはりタイミングや運、環境、自分のマインド、体調、いろいろな関係でさきが変わることがありますよね。

あなたが勉強苦手でも、筋トレが得意かも。

ぎゃくに筋トレが苦手でも、勉強が得意かも。

そしたら努力して苦手なことを克服せずとも、得意なことをひたすら実行してもいいわけです。

そうすると、もはやそれは努力ではなく「遊び」だったりします。

ぼくも、いま規模がとても小さくてしょぼいですが、まいにち「遊んでいる」という感覚です。

仮想通貨のことや、インデックス投資のこと、税金のことなどもゲーム感覚というか、

学んで、試行して、また学んで、また試行して。を繰り返してみています。

そうすると「こういう風にすれば、自分はラクかも」とまた「てぬきレベル」が上がります。

まだまだショボいですが、ぼくのブログでは恥ずかしくもそういう情報を発信しています。

ぼくみたいな弱者でも、こうして情報に触れて、試行回数を増やすだけでも、とりあえず少しは人生楽しめる。という1つの記録です。

はい、てことでまじで雑記すぎて、長文すぎてやばいのでここまでにしますね。

 

最後まで読んでくれたひと、本当にありがとうございました

こんな文章をよんでくれたあなたは、とても素敵な人ですよねきっと。あざす。

また次の記事でお会いしましょう。

さらばです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Diary, LIFE