Relationships

完璧主義な人とは距離を置いたほうがいい【スピード低下する】

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおです。

 

ということで今日は、

「完璧主義てきな人とは距離置きましょう。時間と精神力がもったいないですよね」

って話をします。

 

これを読んでくださる人にとって、

「は?うざ!」と思われるかたもおられるとは思いますが、

「わかるそれ!」という方も1人はいると信じてやみませんので、書きます。

 

宜しくお願い申し上げます。


完璧主義の知り合いたち。

これは決して、特定のだれかに対する怨念とかそんな感じのこわい話じゃないです。

 

僕の過去の繋がりや、又知り合いで、完璧主義という強い言葉には適さないとは思いますが、そのような傾向のかたが結構いました。

 

例えば、

「良い販売物ができたよ!しかしまだ世に出すのは早い。更に手を加えます」

とか、

「よし!俺もYouTubeやるぞ!企画がたくさんあるんだ!楽しみ!あとはカメラとPCと機材を買う。どれにしようかなぁ。」

みたいな感じです。

 

多分、あなたの周りにもこの様なかたがおられるのはないでしょうか。

完璧主義を否定しない。

なぜなら、僕ももともと「完璧主義傾向」だったからです。

 

「え?お前、人のこと言えねえじゃんwww」って思ってくれた人いますか?

ありがとうございます。

 

ただ僕はどちらかというと、「自分の生活に対して」という感じが強かったです。

周りが遊んでるなか、読書したり友達の話をきいたり、筋トレに励んだり、仕事のことを反省したり、メモを見返してそれをまとめたり、身だしなみを整えたり、睡眠時間を減らしてレム睡眠などを研究したり、

等々です。

 

何かをやるときとかに「まだ早い」とかじゃなくて、

どちらかというと「もっと努力しなきゃ!」みたいな感じです。

 

自分が底辺すぎることを自覚していたので

「周りのひとたちに追いつくには、もっと時間や体調を意識しなければ!」という感じです。

 

話がそれるので、ここまでにしますが、「自分との闘い」てきな意味です。

 

「自己否定」は内面でおこないますが、これらの「自分との闘い」をされている人を僕は否定しません。

ただ「無理すんなよ、身体と心を大事にね」という感じです。

 

しかし今回は、先ほどの

「YouTubeやろうかなぁ、機材がなぁ、企画がなぁ」

「起業しようとおもうんだよね、でもまだ修行中だからなぁ」

「この芸術品を作ったけど、出そうかなぁ。いやまだ早いなぁ。もっと極めなきゃなぁ。」

みたいな人のことを書いています。

 

なぜ距離をおいたほうがいいのか。

それはシンプルに、

「スピードが落ちるから」です。

 

例えばYouTubeを例にすると、

例:AくんとBくんの2人組でYouTubeで発信をするとします。

2人でネタを決めます。

Aくん「よし!いいネタだね!このアイテムも紹介おもろそうw」

Bくん「いや、待て。ネタよりも、、まずは機材だ。カメラ、三脚、マイク、照明、PC、編集ソフト、服装、背景、コンビ名、個人のハンドルネーム、等々。どうする!?」

 

この時点で、初速が落ちます。

初速が落ちるだけで「おもろそうw」というノリや勢いは失速します。

 

そしては1週間後。

Aくん「今日も撮影おつおつ。楽しかったね!今日はボクが編集するね!今晩アップしておくねw」

Bくん「いや、もっとハキハキ話そうよ!髪型もセットしないと!あと編集も、BGMとかテロップ、ジャンプカット、OPとEDも入れないとね。もっと視聴者に良いのを届けないと!」

 

Bくんの言ってることって、たぶん「正解」ではあるんですよね。

でも最後に判定をくだすのは「視聴者」なんですよね。

 

これはあくまでたとえ話です。

ただ、確実にスピードが落ちます。

 

これは決して「編集を適当にしよう」とかそういう話ではなく、ある程度遊びをいれてあげることでなおさら、味がでますよねってことです。

 

Aくんはこのあと「一人でやったほうが、楽しめる」という事に気付きます。

なぜなら、

「え、自分で発信したほうが、どんどんスピード早まるし、どんどん失敗するけど、どんどんマネしたり、どんどん自分なりの編集ができるから、そっちのが良くね!?」

となるからです。

 

そりゃ当然で、機材とかPCとかはメルカリやAmazonでコスパ良いのを買えます。

というか大事なのは「内容」とか「キャラ」なんですよね。

もちろんそれだけはないのは当然です。

イケメンとかムキムキマッチョとか部屋がシンプルで見栄えがいいとか、音質がよくて寝るときに聴きたくなるとか。

そういうのはプラス効果ですし、良いですよね。

 

ただそれを重視しすぎることで、逆に「こうじゃなきゃいけない」といった固い思考になると、ちょっと重たいですしスピードがでづらいですよね。

 

これらはあくまで例え話ではありますが、

距離をおいたほうがいい理由は、こんな感じなわけです。

どんどんやればいいだけ。

僕は、人生を生きるのがくそ下手です。でもどんどんやるだけです。

・ブログ

・YouTube

・筋トレ

・手放す

・スマホ

・FXトレード

・読書

・源泉徴収、年末調整

などなど。

 

ほとんどスマホで、できます。というかスマホ1台から僕はスタートしています。

いまこのブログはメルカリで購入したレッツノートCF-SX2という中古ノートパソコンで打ち込んでますが、それすらもメルカリで購入したものです。

 

全然、完璧じゃないです。汚れとか傷もあります。だけど起動は早いので好きです。

 

ブログとかも本当、下手です。YouTubeも何が正解かしりませんが、とにかく毎日1投稿~5投稿くらいはしています。スマホで。

 

でも思ったのが、こうしてとりあえずやってみるだけで、いろんな世界とか価値観に触れられるので、毎日新鮮です。

 

これは結局「とりあえずやったから」です。

多分どこかで「いや絶対、完璧にしてから挑戦するぞ」というような感じだったら、まだ未経験かもしれません笑

 

もちろんめちゃめちゃ頭の回転がよくて読み込みがすごくて、インプットしたことが一発でアウトプットできる人なら、

・株やFXの本を読んだから、かならず勝率は9割超えるぜ!

・YouTubeの教科書を読んだから、これで100万人いけるぜ!

・ブログの書き方をまなんだから、これでアフィリエイターなるぜ!

・せどりの方法を知ったから、これで粗利稼ぎまくるぜ!

ということが可能かもしれません。

 

おわりに。自分の時間を生きよう。

てことで、そろそろ終わりにします。

自分の時間を生きましょう。

 

あなたが、もし、そういった完璧マンと遭遇してしまった場合、距離を置きましょう。

 

そういう人と付き合っていると、自分の時間がとれなくなり、あなたの人生があなたのものでなくなります。

 

完璧を求めるのは悪いことではありません。

しかしその「完璧にしてから、やろう」といってる間に、他の人や世界では「既にやっている」ということもあります。

 

それならばどんどんやって、改善をして、歩めばいいんです。

 

ある人に笑われてもバカにされても、ある人にとっては「これはすごい」となるかもしれません。

となると、もはや完璧って存在しないんですよね。

 

てことで、おしまいです。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。さらば。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Relationships