Cryptocurrency

【KangaExchange】Smart Electrum(SELECT)をPoSに4か月預けた結果wwww【0.0006ドル...】

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおわーるどです。

簡単な自己紹介

3年間ほど、少資金でFXやったり、仮想通貨買ったり、DeFiにトークンを預けたり、よくわからないNFT買ったりしている28歳です。

今回はタイトルのとおりで、【KangaExchange】Smart Electrum(SELECT)をPoSに4か月預けた結果wwww【0.0006ドル...】という内容をお届けします。

まず結論を先に書いておくと、以下のとおり。

合計約21USDT(ドル)預けてたら、トークンの枚数は増えたけど、トークンの価値が激減して、結果1.9USDT(ドル)になっちゃったよ

ということです。

一応、あらかじめ書いておくと「まぁそうなるだろうね」という予測の元で投資をしていたので、あまりショックはありません。

ということで詳細情報などもスクショしているので気になる方は読み進めていただければ幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

KangaExchangeでSmart Electrum(SELECT)をPoSに4か月預けた結果

先ほども序盤で結論を述べたとおりで、

「合計約21USDT➡1.9USDT」

へと減っていました。

 

SELECTのBalanceとValue(USDT)

SELECTのBalanceとValue(USDT)

上のスクショのとおり、

  • SELECTが3209枚
  • 1.9USDT

という感じ。

もともとの枚数は以下のとおり

SELECT/USDTの購入履歴

SELECT/USDTの購入履歴

最初の購入は2月14日ですね。

枚数は、「1996 SELECT」でした。

その次に2か月後の4月10日に742枚ほど追加購入。

1996枚+742枚=2,738枚

この2,738枚が3,209枚まで増えました。(417枚ほど)

POS rewardはこんな感じ

POS reward

POS reward

初めてPOS rewardを得たのは、2022年3月1日で、29.94 SELECTでした。

そのreward分をPoSに再投資。

その1か月後の4月4日に64.8 SELECTをreward報酬で得ました。

あとはずっと忘れて放置してました。

そして、今回、きょう2022年9月19日様子を見たら、PoSが自動的に解除されており、8月27日に376 SELECTがrewardとして入っていました。

4か月放置してたので、この間に、Smart Electrum(SELECT)に何が起きたか、ぶっちゃけわからんです。

「預けた」という表現をしていますが、そう、じつは「忘れて放置していただけ」なのです...。

価格は、0.008 USDTから、0.0006 USDTへ...

最初の購入価格は、0.008 USDTでした。

SELECT/USDTの現在価格(2022年9月頃)

SELECT/USDTの現在価格(2022年9月頃)

しかし、気が付けば、0.0006 USDTへと激減していました。

実は、けっこうまえに、0.01 ドル越えもしたことがありました。

なので、「お、これワンチャンあるくね?上下して0.01ドル推移するんじゃね?」と思っていました。

しかし、そんな妄想は木っ端みじんです。

まるで一世を風靡した「Move To Earn」や「Play To Earn」銘柄たちのように、どんどん下落していきます。

ありがとうSELECT。さようならSELECT。

Smart Electrum(SELECT)のPoS本体がなくなった

今回ひさしぶりにKangaWalletにログインして、PoS画面を見たところ、Smart Electrum(SELECT)のPoS本体がなくなっていました。

KangaExchangeのProof-of-Stakeの画面

KangaExchangeのProof-of-Stakeの画面

KangaExchangeのProof-of-Stakeは、銘柄名は忘れてしまいましたが、わりと「PoS終了」ということもあるので、もしかしたらそんな感じでSELECTのPoSも終了しちゃったのかなと思います。

参考

あと気が付けば「MATIC」のPoSもできるようになっているんですね。

今回の投資で学んだこと【少額投資、メジャー通貨がだいじ】

今回のこのKangaExchangeでのSmart Electrum(SELECT)をPoSしたことで学んだことが2つあります。

それは、

  • 少額投資はダメージが少ない
  • メジャー通貨に投資するとリスクが軽減できるかも

ということ。

いや、厳密に細かいことを書いてしまうと「投資している時点でリスクは受け入れる必要がある」というのは当然のこと。

ポイント

ただ、自分自身の投資金額(資金/元手)を管理して、且つ、銘柄を選定することで、ある程度はリスク許容度を高めることができるかもです。

ぼくは今回、Smart Electrum(SELECT)に投資をして、且つ、PoS(プルーフオブステーク)をして放置していました。

すっごいシンプルな表現をすると、「草コイン投資」ですね。

ただ、やはり仮想通貨というのは、美人コンテスト的な要素があります。仮想通貨に限らずですが。

やはり、

  • この銘柄には将来性がある!
  • この銘柄がついに社会で実用化された
  • この銘柄で現実世界で買い物ができる
  • この銘柄のファウンダーは実力も信用もある
  • ここ近年で支持者が増えてきた銘柄

というような要素が絡み合ったりして、その仮想通貨やトークンの時価総額が上昇したり、ホルダーが増えたりします。

一応、ざっくりSmart Electrum(SELECT)の公式ページも見ましたが、やはり、「だれ?」みたいな要素はありました。

ということで、少額投資でPoSに入れてみました。

先ほども書いたとおりで「少しの間だけ、0.01 ドルまで上昇した」という期間がありました。

個人的には「おー、ラッキー。でもまぁ放置でいいや」という感じだったので利確せずそのまま。

で、結果的に、0.0006 USDT価格まで下がってしまうのですが、やはり良くも悪くも「少額投資」なので、ほとんど損をしてないんですよね。

もちろん、ぼくにとっては20ドル分はとても貴重な資源です。

とはいえ、変に自信をもって限り有る資源を投下してたら、それこそ"退場"してたと思います。

やはり、こういうマイナーな銘柄は

  • 少額でやること
  • 時間軸を短くすること(上がれば利確)

が大事だなと思います。

又、「メジャーな通貨/銘柄」のメリットも、今回を機に学びました。

要するに、「マイナー」というのは、ホルダー人口や流動性、時価総額、ニーズが乏しいのです。

もちろん需要が発生する場合、たちまち火を噴くでしょう。

ある意味、草コインだとか魔界コインというのは、そういう意味で「うおお!」となってグングン価格が上昇しますが、たいていはイナゴで、あとは利確(売却)され続けて、適正価格というか、もう用は済んだという感じで放置されて、低い価格を推移し続けます。

逆に、「メジャー」というのは、ホルダーも多く、話題も多く、流動性も大きいです。

もうメジャー中のメジャーですが、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ソラナ(SOL)
  • バイナンスコイン(BNB)

などなど。

正直、これからも時期によっては価格変動がすごいのですが、やはりそれでも「まだまだこれから!」と言わんばかりに、買い増しされたりしています。

「下落し続けずに、ふたたび上昇する可能性が高い」ということで握っている方も多いと思います。

やはり、メジャー銘柄は良い意味で「安心感あるよなぁ」と思います。

メジャー銘柄とマイナー銘柄の「価格の上がり方」も差がある

これは完全に、今回のことで学んだ大事な要素です。

それは、メジャー銘柄とマイナー銘柄の「価格の上がり方」も差があるということ。

これはとてもシンプルです。

よほどの魔界コインや注目コインは除いたうえで、マイナー銘柄というのは「1ドル上昇するのさえ大変」という感じ。

しかし、メジャー銘柄は、その逆。

メジャー銘柄は「わりと簡単に10ドル~100ドルくらい上昇する」ということ。

「安いコイン見つけた!よし!これなら手持ちの1万円をぶちこめば、上昇した場合、爆益だ!」という行動は、例えばSHIBとかなら、可能性はあるかも。

しかし、今回のような「超マイナーすぎるSELECTなどは、0.0001ドル動くのにめっちゃ時間がかかる」のです。

なぜなら、人気や流動性が少ないからです。

しかし、ビットコインやイーサリアムであれば、どうでしょうか。

1日だけでも、すごい価格変動が起きます。

もちろん、ビットコインやイーサリアムの場合、よほどのハイパー上昇がこない限りは、1万円をいれても「利益は数百円ほど」になってしまうでしょう。

しかし、よほどのことがない限りは激減するリスクは低いですよね。

今回は、ぼくはSELECTを通して、

  • 「マイナーすぎると良くないな」
  • 「保有期間も意識する必要がある」
  • 「まだSHIBやDOGEなどの方がいいかも」

というようなことを学びました。

まとめ:仮想通貨でこんな感じで小さく試しています。

ということで、今回は【KangaExchange】Smart Electrum(SELECT)をPoSに4か月預けた結果wwww【0.0006ドル...】という内容をお届けしました。

シンプルに「あ~、まぁ予想どおりというか...」という感じで、ブログネタになりました。

Smart Electrum(SELECT)について日本人の方でブログ発信されているひとはほとんどいない印象でした。

なので、それくらい意味不明ですし、話題にも上がらない超マイナーなプロジェクトなのかなと思います。

個人的には、「またひとつ体験できてよかった」という感じです。

なぜなら、「先に失敗することで、あとの人生で"あ、これやめとこ"の判断がしやすくなるから」です。

自分の場合、他の投資家の方々と比較して、ほんとうに少ない資金で投資をしています。もちろん個人的には大事なお金です。

ただ、結局やっていることは同じで、利益や損失が少ないだけなのです。

そうであるならば、やはり「失敗」だとか「感覚」だとか「癖」だとかに気づいておくことで、今後の投資人生で余計なムリな行動をとらないで済むと思っています。

もし、今回のSELECTで「5万円」というようなわりとデカい金額を入れてたら、多分、めちゃくちゃショック受けてたと思います。

しかし、これまでに仮想通貨などで小さく失敗していたことで、「忘れてしまうほどの金額で投資しよう」という意識がインストールされていました。

なので、約20USDTという少資金ではありますが、損失はそれくらいで済んだので、そこまでショックはありません。

ポイント

資金は大事!ワケわからない銘柄は「忘れてもいい金額」で投資するといいかも!

ということで、今回は以上となります。

あなたの仮想通貨投資ライフに、0.01%でも貢献できたのあれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Cryptocurrency
-, , , , , , , ,