Cryptocurrency

Kanga ExchangeにBinanceからUSDT(BSC)を送金してみました。【セルフGOX注意】

2022年2月12日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

Kanga ExchangeにBinanceからUSDT(BSC)を送金してみました。【セルフGOX注意】

 

こんにちは、ひでおわーるど(@hdowrld)です。最近は、仮想通貨のこと、NFTやメタバースのことなどを調べています。

 

ということで、『Kanga ExchangeにBinanceからUSDT(BSC)を送金してみました。【セルフGOX注意】』という内容の記事です。

 

前回は、Kanga Exchangeに登録後、USDTの送金をしようとしたけど、「USDTがERC-20規格しか選択できず断念した」という感じでした。

Kanga Exchangeに登録してみました。登録方法やパスワードを設定するやり方。

 

ただ、その後調べていたら、なんと「パソコンからならBSCを選択できる」ことを知り、入金してみたところ、USDTの送金に成功しました!

 

ということで、Kanga ExchangeにUSDT(BSC)を送金する方法や手順を備忘録として、この記事に書いていきます。

 

  • Kanga Exchangeに登録したけど、入金の方法がわからない
  • Kanga ExchangeにUSDTを送る方法を知りたい

というひとの参考になれば幸いです。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

Kanga ExchangeにUSDT(BSC)を送金する際に大事なこと

Kanga ExchangeにUSDT(BSC)を送金する際に、まず、とても大事なことがあります。

 

それは、「パソコンを使いましょう!」ということです。

 

なぜ?スマホだけじゃダメなの?
青い鳥
ひでおわーるど
今のところ、パソコンからじゃないと「BSC(Binance Smart Chain)のUSDT」の選択できないっぽい!ちがかったらすまん!

 

参考

↑ スマホ版のKanga ExchangeのUSDTのDeposit画面

↑ パソコン版のKanga ExchangeのUSDTのDeposit画面

 

「スマホ版」だと、ERC-20 deposit only.ということで、ERC-20のUSDTアドレスしか出てきません。

 

しかし、「パソコン版」の場合、上のスクショのように「Binance Smart Chain」もしくは「Ethereum」を選択できます。

 

なので、ぜひ、ノートパソコンを活用しましょう!ぼくはメルカリで買った中古の約2万のレッツノートを使っていますが、今回このような場面に遭遇して「とりあえずパソコンは中古でも1台あるといいな」と感じました。

 

Kanga ExchangeにUSDT(BSC)を送金します。

ということで、前置きが長くなりましたが、送金していこうと思います。

 

まずは、Kanga Exchanegにアクセスしてログインします。

まだ登録していない方はこちらのリンクからどうぞ。

Kanga ExchangeREGISTRATION

 

ページ上の「Wallet」をクリックします。

そうすると、画面左側にいくつか項目がでてくるので、その中の「Deposit」をクリックします。

 

「Select currency」のなかに、「USDT」と入力します。

そうすると、すぐ下のほうに「USDT - Tether USD」が出てくるので、クリックします。

 

受け取るUSDTの規格を選択します。

  • Binance Smart Chain
  • Ethereum

この2つから選びます。

 

今回、Binance Smart Chainを選択します。

 

チェーンを選択したあとは、「Address」が表示されます。

「QRコード」と「番号」どちらかを使います。(忘れないように、間違えないように気を付けましょう)

 

ぼくは、番号をコピペするのが手間だったので、スマホのBinanceアプリでQRコードを読み取り、アドレス登録しました。

 

いよいよ、ここからBinanceアプリの画面へ移動します。

 

BinanceアプリからUSDTを送金します。

BinanceのUSDTの送金画面です。

 

アドレスは、先ほどのKanga Exchangeの「QRコード」もしくは「数字の羅列アドレス」を入力します。

ぼくは、人型マークの右隣にある【-】みたいなマーク(QR読み取りボタン)を押して、パソコンで見ている「Kanga Exchangeで表示されたUSDT(BSC)のQRコード」を読み取りました。

 

そして、「ネットワーク」を選択します。

  • Binance Chain(BEP2)
  • Binance Smart Chain(BEP20) ←これ!
  • Ethereum(ERC20)

3つの規格のうちのひとつ、「Binance Smart Chain(BEP20)」を選択します。

 

違う規格に設定して送金(出金)しちゃうと、異次元空間にお金が消えていくので、ほんとうに気を付けましょう。

 

そして、送金するUSDTの金額を入力します。

ぼくは、今回Kanga ExchangeにUSDTを送金するの初めてです。そのため、あえて「まずは少ない金額」で入力しました。

なぜならば、「仮に、万が一、なんかの手違いで、送金失敗したときにダメージを減らせるから」です。

 

ということで、10 USDTほどを送金することにしました。ネットワーク手数料(0.8ドルひかれる)などを確認し、問題なければ右下の黄色いボタン「出金」をタップします。

 

手数料が少しかかってしまいますが、万が一のことを考えて、まずは少額で送金テストをしましょう。着金が完了したことを確認して落ち着いて実行していきましょう。

 

手数料分をひかれた、9.2 USDTが出金される予定です。

「確認」をタップして、最後の画面へ進みます。

 

最後に、「SMS」と「メールアドレス」に認証番号を送信して、それらをコピペして「送信」をタップします。

 

リクエストが送信できました。あとは焦らず1分~5分ほど待ちましょう。

 

ここからKanga Exchangeの画面(パソコン画面)へ戻ります

 

Kanga ExchangeのWalletに送金されているか確認しましょう。

それでは、Walletを確認してみましょう。

 

おお!しっかり9.2 USDTが送金されている!
青い鳥

 

無事に、Kanga ExchangeにBinanceからUSDT(BSC)を送金することができました。

 

 

ということで、先ほどの9.2USDTも含めた約102USDTをBSCで送金しておきました。

 

ひでおわーるど
これにて、USDT(BSC)送金物語は閉幕となります。

スポンサーリンク

おわりに。

ということで、今回はKanga ExchangeにBinanceからUSDT(BSC)を送金してみました。

いかがでしたでしょうか。

 

ひでおわーるど
スクショが多かったり、説明が多かったりして、若干ややこしかったかもしれませんが、実際に操作してしまえば数分程度で終わる作業です。

 

ただ、セルフGOXつまり「アドレス間違える」「チェーンを間違える」「通貨間違える」などには気を付けて、ひとつひとつ確認しながら進めていこう!
青い鳥

 

Kanga Exchangeは、今後も利用者が増えていくと思うので、今のうちに操作やシステムに慣れたりしておこうと思います。

アプリ版はシンプルな作りで素敵ですが、まだまだパソコン版と比較すると操作性がイマイチなので、今後は主にパソコンでKanga Exchangeを触っていければなと思います。アプリ版の進化や改善が楽しみです。

 

それでは、本記事は以上となります。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

0.001%でも参考になれば幸いです。

また次の記事でお会いしましょう。

 

Kanga Exchangeに、まだ登録していない方はこちらのリンクからどうぞ。

Kanga ExchangeREGISTRATION

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Cryptocurrency
-, , ,