LIFE

「人生をラクにする」おすすめの方法を3つ紹介します。健康・知識・時間を味方にしよう。

2021年9月3日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

『「人生をラクにする」おすすめの方法を3つ紹介します。健康・知識・時間を味方にしよう。』

という記事です。

こんな方におすすめ

  • 人生がしんどくて疲れてしまったひと
  • なにもかも上手くいかなくて苦しんでるひと
  • 満たされているはずなのに、満たされていないひと

参考になれば、幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

「人生をラクにする」おすすめの方法を3つ紹介します。健康・知識・時間を味方にしよう。

早速ですが、あなたは今、しんどいですか?

時間におわれたり、お金を無駄遣いしてしまい次の給料日まで遠く感じたり、あまり眠れず体調がそこまでよくなかったり、と。

 

すでに本記事のタイトルでネタバレしていますが、それらを解決して、あなたの人生をラクにする方法が3つあります。

・健康

・知識

・時間

これら3つです。

どれも難しいことではありません。

 

「これなら、試せるな~」

「この記事を読んだあとに、やってみるか」

という感じで、お試しください。

人生をラクにする方法その1:健康

まずは、「健康」です。

あなたは、いま、眠いですか?

身体が痛かったり、喉が痛かったり、目が痛かったりなど、していますか。

もし「痛いな」とおもうひとは、すぐに病院へ行って、まず処方箋などで軽くダメージ軽減しましょう。

 

そう、ぼくたちは「健康」に生きているということ、そのもの自体が、すごいことなのです。

しかし多くの人は「ないがしろ」にしてしまうのです。

 

それは、なぜか?

 

「睡眠時間を減らしてバリバリ活動することは、かっこいい」

「”風邪ごとき”でヤラれてしまうなんて、ダサい」

こう思ってるひとが、多いのではないでしょうか。

しかし、これはもう平成時代の概念です。

時は既に、令和時代です。

 

ぼくたちは、今現在を生きて、1日を生きています。それが日常であり、人生なのです。

つまり「健康とは、どこかにあるモノ」ではないのです。

いまこの瞬間のことです。

 

要するに

「睡眠は、まだ、とらなくていい」

「運動は今週はしなくていい、また来週やればいいや」

「日光浴は、時間の無駄だから、やらない」

と後回しにしていると、

”今日はだいじょうぶ”でも、明日、3日後、1週間後、1か月後、1年後の自分へとそのツケが回ってきます。

 

シンプルに「今現在の連続」が人生となります。

その人生において、体調不良すなわち健康を損なうと、本当につらいです。

 

ぼくも過去に、

睡眠不足、夜にカフェイン摂取、毎日カップ麺とコンビニ弁当・コーラ生活、筋トレや増量するも睡眠をとらない過度な疲労、「断ることは失礼だ」となり自分の健康や時間・お金を失う時間管理、などなど。これらをやってみました。

3年間は元気でしたが、その後は、運転中に涙が止まらないとか、毎日下痢、出そうででないお腹の痛み、不安や恐怖で寝れない、起きれない、なぜかイライラしてしまう、というバットエンドが待っていました。

その後は、慢性的な気管支喘息となり、ステロイド点滴やプレドニンを飲んだりして、とにかく、安静に家のベットで過ごす日々を送りました。

 

いまは、もう毎日のように

8時間ほどの睡眠

朝起きたら日光浴

15分~2時間ほどのお散歩

これらを実践することで、ストレスも減り、恐怖や不安も減り、夜はグッスリ、朝はスッキリです。

もちろん走ったり筋トレもできるほどに筋肉量も戻り、呼吸もできます。

 

これをおかげで「毎日健康に生きれるだけで、どれだけラクか」を心の奥底から感じました。

 

もしこれを読んでくださってるあなたも、似たような状況でしたら、今日からいますぐ

・睡眠をたっぷりとる

・朝、数分間でも日光浴

・歩く(もしくは筋トレなど)

・夜はカフェインやアルコールを少しだけ減らす

など、試しにやってみてください。

 

きっと、翌日の自分が、救われます。

人生をラクにする方法その2:知識

続いて、人生をラクにする方法その2は「知識」です。

先ほどの項目で、

ぼくも過去に、

睡眠不足、夜にカフェイン摂取、毎日カップ麺とコンビニ弁当・コーラ生活、筋トレや増量するも睡眠をとらない過度な疲労、「断ることは失礼だ」となり自分の健康や時間・お金を失う時間管理、などなど。これらをやってみました。

と書きました。

 

「なぜ、こんな生活をし続けていたのか」ということです。

その理由は明確で、

「知識が不足していた」ということです。

 

・夜にカフェインを取ると、どういう結果が起こるのか

・「睡眠不足でもいい」というマインドは、どこから来たモノなのか

・なぜ「断る」が失礼ということなのか

これらの「答えの情報」がなかったのです。

 

良い言葉を使うと「がむしゃら」という表現です。

しかし、がむしゃらは、いずれ「エネルギー不足」「資金繰りが難しい」という状況に陥ります。

それはまるで「ガソリンがあともう少しで切れるのに、あと500km走れると過信している」という状況に似ています。

 

もし情報や知識があれば、

「ガソリン切れたら、ヤバイことになる」

「ガソリンスタンドをグーグルマップで探して、そこで補給・休憩しよう」

と、立ち止まったり、考えたり、行く場所を変えたりすることができるはずです。

 

本当に今更ですが、

「誘いを断る」という行為は、決して失礼でもなんでもないです笑

睡眠不足で”ガンバル”をやっても、ぜんぜん良い結果がでません笑

カフェインを”昼間まで”にしたら、驚くほど入眠と、寝起きがよくなります笑

 

これらの「答え」や「ヒント」をどこで手に入れたのか。

それは「本」や「YouTube」「Voicy」などです。

 

ぼくは「本を読む」は20歳頃から始めて、今現在でも続けていますが、当時読んでいたのはどちらというと「自己啓発書」が多かったです。

決して否定はしません。むしろ著者などから元気をもらいました。(アンネフランクや、トーマスエジソンなど)

ただ多くの自己啓発書には「睡眠をとろう」とか「嫌なひとと距離をおこう」とか、書いていません。

ひたすら努力!行動!やる気!前をむこう!などが書かれています。

 

つまり

休んでるヒマはない

自分はまだまだ努力が足りない

睡眠を削れば、時間が増える

という感じでどんどん無理をしてしまうのです。

 

しかしこれらの「答え」や「ヒント」つまり改善策などは、

「本」や「YouTube」「Voicy」などで手に入ります。

ぼくの場合ひたすらに読書をしていたことで、

自己啓発書→努力する方法、睡眠の効率化する方法などを知る→努力とは脳の仕組み、睡眠は回復するため必要→脳科学者が「経営者などの成功者の話」をしているなどの内容→経営とは?お金とは?税金とは?人間関係、時間とは?→『金持ち父さん』とか『嫌われる有機』、『すぐやる!』などを読む→現在に至る。

という感じで、いわゆる今現在の著名人やインフルエンサーと呼ばれるひとたちの本やSNSに辿り着きました。

SNSに辿り着くと、ブログ、YouTube、Voicyなどその他発信媒体にもリンクされて、そこからどんどん知識や情報を取り入れています。

 

話がながくなりましたが、つまりは

「知識があれば、不安が減る」

「今なにをすれば、人生がラクになるか」

「しんどいときは、コレをやればいいんだ」

というように、生活がラクになっていきます。

 

おすすめの本を3つ置いておきますので、ぜひまだ読んでいない方で、「人生しんどいな」と思うひとは、読んでみてください。

嫌われる勇気

嫌われる勇気

岸見 一郎, 古賀 史健
1,188円(09/25 14:55時点)
発売日: 2013/12/12
Amazonの情報を掲載しています
1%の努力

1%の努力

ひろゆき
1,336円(09/25 02:16時点)
発売日: 2020/03/04
Amazonの情報を掲載しています
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

グレッグ・マキューン
1,584円(09/25 17:00時点)
発売日: 2014/11/17
Amazonの情報を掲載しています

人生をラクにする方法その3:時間

そして最後に「時間」です。

これはもうシンプルです。

 

「あなたは、なにをしている時、幸せですか?」

あとはこの問に対して、あなたが「それをやっている時間」を増やせれば、人生はラクになります。

ぼくの場合、

お散歩しているとき。寝ているとき。

日光浴しているとき。のんびり景色を観ているとき。

読書しているとき。コーヒータイム。YouTube観ているとき。

などなど。

これらの時間を忘れると、どんどんメンタルがボロボロになったり、イライラしたり、モヤモヤしたりします。

 

あなたにも、きっと「没頭する時間」「勝手に集中できちゃう時間」があると思います。

バイクや車をカスタムすることや、筋トレでバーベルを上げることや、ブログを書くことや、お部屋掃除をすることや、遠くまでサイクリングすることや、プラモデルを組み立てることや、プログラムノコードを書いているときなど。ひとそれぞれであると思います。

「その時間」を大事にしましょう。

 

その没頭しているとき、あなたの脳みそでは「楽しい」とか「ワクワク」などでいっぱいになり、嫌なことやしんどいことが消滅するでしょう。

つまりその時間を「24時間のうち、どれだけ増やすことができるか」というゲームをするような感覚です。

 

そしてこれが1番大事なことで、

「時間を味方にする」ということです。

つまり「焦らず、着実に、積み上げる」という感覚に近いかもしれません。

 

例えば「読書」や「資格の勉強」「筋トレ」など、これらは今から24時間寝ずにやっても、身に付きません。

これらは一日一日、積み上げていくことで自然と己のスキルや血肉となります。

先ほど紹介した「健康」もそうです。

「いきなり健康!いきなり痩せる!いきなり筋肉マッチョマン!」は、不可能です。

 

まるで投資信託でインデックスファンドを毎月のようにドルコスト平均法で買い付けをして、福利の効果で徐々に利益が含みあがるように、自分に時間を与えて、成長していきましょう。

おわりに。「できることから」始めよう。

ということで途中長い文章が入ってしまいましたが、最後まで読んでくださった勇者はいますでしょうか。

・健康

・知識

・時間

これらが、人生をラクにする3つの方法です。

 

最後にお伝えさせていただきたいことが、1つあります。

それは、

「できることから」始めよう。ということです。

 

人間はついつい「これくらいならチョロいぜ!1ヶ月毎日やってやらぁ!」”無理な注文”を自分に課してしまいます。

「毎日読書してやる!」

「もう今晩から酒もコーヒーも飲まない!」

「時間を生むために高級家電買いまくる!」

「明日から毎日早起きして、朝から歩くぞお」

というように、意気込みはとても素晴らしいです。

しかし基本的には飽きたり、しんどくなったり、もしくは「合わない」ということもあります。

やがては「挫折」やら「自分はやっぱりダメだったんだ」と自分で自分を痛めつけます。

 

それの解決策はズバリ!

✅できることから、始めよう。

ということです。

 

ぼくは既に

・午後14時以降はカフェイン摂らない

・7~8時間睡眠

・毎朝日光浴・お散歩

・朝食はプロテインのみ

というライフスタイルができました。

これらも数か月間~1年間ほど、ちょっとずつ、少しずつ、徐々に調整をして、変化をして、ここまで定着させました。

カフェインも元々は夜中摂っていましたが、それを調整して、19時→18時→17時→16時→15時。と徐々に時間を減らして、摂取量も減らすことができました。

もちろん「やめる」なんてことはしておらず、好きなので朝やお昼は堪能しています。

 

お散歩(ウォーキング)も、病気をしていたころは、そもそも歩くだけで咳が止まりませんでした。

なので歩けません。

ベットで日光浴をして、そこから玄関先→家の周りを一周(1分とか)→コンビニや町内(10分)→20分→そこからテキトウに好きなだけ→昨年は毎日10km歩いて月に合計300kmとか。

こんな感じで、できる範囲で実行していたら、気が付けばたくさん歩ける自分になっていました。

 

話が長くなってしまうので、ここまでにしますね。

最後の項目としては、

「できることから」「できる範囲で」始めよう。ということでした。

 

ということで本記事は、以上となります。

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました!

お互いに人生をラクに楽しく生きていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-LIFE
-, ,