Minimalism Walk

【コスパ最強】ミニマリストにおすすめの移動手段は「徒歩」です。その理由を4つ紹介します。

2021年9月7日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

【コスパ最強】ミニマリストにおすすめの移動手段は「徒歩」です。その理由を4つ紹介します。

こんにちは、ひでおです。

『【コスパ最強】ミニマリストにおすすめの移動手段は「徒歩」です。その理由を4つ紹介します。』という記事です。

こんな方におすすめ

  • コスパよく移動したい方
  • お金と時間と健康を味方にしたい方
  • 健康に長生きしたい方

参考になれば、幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

ミニマリストにおすすめの移動手段は「徒歩」です。

ミニマリストにおすすめの移動手段は「徒歩」です。

さっそく結論ですが、ミニマリストにおすすめの移動手段は「徒歩」です。

「あれ?でも時間がもったいないような、、」とおもった方もいると思います。

徒歩が良い理由は、4つあります。

これから簡易的にひとつずつ理由を解説していきますね。

おすすめする理由1、無料

もうそのままの意味です。

無料ということです。

その日、その時、その瞬間に「よし、移動するぞ」「運動するぞ」と

なったときに、無料でその場から実行可能です。

環境にもよりますが、5kmほど歩けば、バス代金がかからずに、遠くの公園や、公共施設などへたどり着くことができます。

おすすめする理由2、健康になる

おすすめする理由の2つめは、「健康になる」ということです。

社会人の平均的な歩数は、5000歩だとなんとか言われているこの時代です。

そして「1万歩歩くと、調子がよくなる」とも言われていますね。

つまり多くの人々は「あまり運動ができていない」ということになります。(職業や、オフでの筋トレなどで差はありますが)

 

恐縮ですが、ぼくの実体験を書かせていただくと、

2020年の10月頃から「毎日10km歩く」を実行しました。3ヶ月続けました。

1時間45分~2時間で歩き終わり、歩数は15000歩~とかです。

 

それによって何が起きたか、

・身体全体の筋肉がほどよく付く

・たくさん食べても太りづらい

・ネガティブ思考がほとんどなくなる

・半袖半ズボン(上からダウン1枚)で過ごしているのに、寒さに強くなった

などなど。

 

全然風邪もひかなくて、そして基本的には細マッチョ体型を維持することができて、寒さにも強くなり、ネガティブ思考が減りました。

「これがウォーキングのパワーか」と思いました。

おすすめする理由3、時間が増える

おすすめする理由3つめは、「時間が増える」ということです。

「は?時間が増える?徒歩だと減るだろwww」と思われた方もいると思います。

しかし、実は徒歩にすることで時間が増えます。

 

先ほど「健康」の項目でも触れましたが、風邪をひきにくくなり、そして太りづらくなります。

それによって「身体が重いなぁ」というしんどさが減るので、いつでもフットワークが軽い状態の自分で毎日を過ごすことができます。

 

そして風邪などの病気にかからないことで、「病院への行き来の時間」や「待ち時間」がそもそも無くなります。

徒歩で「30分歩く」をした場合、「30分、損した」と思われがちですが、実は、その分健康への投資となり、「運動する時間」をセットで行うことができたということです。

 

「おすすめする理由4」でも書きますが、徒歩は「勉強の時間」にもなります。

ぼくは歩いてるとき「オーディオブック」を聴いて、本を聴いています。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

歩いてる時間そのものが「読書をする時間」みたいな感覚ですね。

歩いてるだけで、知識や情報が入ってくるので自動的に「勉強時間」を済ませることもできます。

「本を読んでるヒマがない!」という人も「オーディオブック」ならラクに読書ができて、知識投資をして、お金が増えたり、立ち回りがよくなり、生活も豊かに、ラクになっていきます。

おすすめする理由4、勉強時間になる

ということで最後4つめ、「勉強時間」になるということです。

「おすすめする理由3(上記)」でも書いた通りです。

歩いている時間が、オーディオブックを聴くことで読書時間になる。

ということです。

 

もっと細かいことを書くと、歩いてるとき脳は活性化しています。

足や肺、腕、心臓、脳などにたくさん血が流れていきます。

歩くということは、”リズム運動”と呼ばれており、それによってセロトニンという脳内物質が出てきます。

セロトニンは、脳を活性化させてくれたり、こころの不安やモヤモヤを解消してくれる働きがあります。

この活性化されているときに、勉強をすることで記憶力が高まったり、場所や状況とリンクして記憶に情報が残りやすいといわれています。

 

このようにして、歩いてる時間そのものが「絶好の勉強タイム」という素晴らしい時間となります。

 

そしてシンプルにオーディオブックなどだけでなく、「街や、景色、建物を見る」ということも勉強の1つです。

駅の近くにいけば「今流行りのお店、ブランド、映画」などがデカい広告やポスターで、知ることができます。

住宅街などを歩けば、「このエリアは、こういう形の建物が多い。こういう服をきた人が多い。仕事とか収入、建物の設計がこんな感じ。」などと、いろんな職種のひとや、いろんな建物を見て、イメージを膨らますことができます。

こんな感じで、「仕事の種類」「どんな人がどんな仕事をしているのか」「なぜこんなすごい家に住めるのか」など、いろんなことが勉強になります。

維持費が実質ゼロ円です。しかし無理はせず。

こんな感じで、4つほど「おすすめする理由」を書きました。

基本的には、ゼロ円です。維持費がかかりません。

ただ、かと言って「すべて歩きで済ませよう!」ということでは、ありません。

 

もし荷物が多かったりした場合は、バスや電車のほうが快適に行き来ができて、体力を温存することができます。

体力が余っていることで、イベントを楽しんだり、勉強や仕事に集中できたりします。

 

そして今の時代は「シェアサイクル」があります。

ようやく少しずつ街中で見ることが多くなるくらい、認知、利用されてきましたね。

ぼくも「シェアサイクル」を何度か使ったことがあります。

「バスやタクシーを使う距離ではないけど、少し運動がてらに移動したい」ときなどに便利です。

こうして徒歩だけでなく、その他の移動手段や、資源を活用していくのもアリですね。

無理せず、執着しすぎずに、徒歩で過ごしつつも、臨機応変に乗り物を使うという感覚になれると、より自由度が広がりますし、維持費もそこまでかからず、たまに贅沢をして移動を楽しむこともできます。

歩くときにおすすめのアプリを2つ紹介します。

歩くときにおすすめのアプリを2つ紹介します。

「歩くときのおすすめのアプリ」を2つ紹介します。

おすすめアプリ1、オーディオブック配信サービス【audiobook.jp】

先ほどでもご紹介した通りですが、オーディオブック配信サービス【audiobook.jp】です。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

ぼくも月額750円の聴き放題プランに課金しています。

Amazonの「audible(オーディブル)」を使ってる方も多いですよね。

オーディブルだと、初月無料とかそういうサービスもやっていると思うので、

「無料で本を1冊ダウンロードして、無料期間中に解約する」という方法もアリですね笑

おすすめアプリ2、トリマ(トリップマイル)

これは使ってる方が、多いかもしれません。

「トリマ」という歩いてマイル(ポイント)が稼げるアプリです。

トリマ|移動するだけでマイルが貯まるポイ活アプリ

 

シンプルなアプリで、ぼく自身もこれで毎日マイルを手に入れており、Amazonギフト券1000円分とか、コンビニのSサイズのコーヒー10杯分のポイントが貯まっています笑

「7日間、移動距離が2倍になる」などのアイテムがあり、マイルを使って買うことができます。

これによって歩いている時間に勝手にマイルが増えたりするので、ゲーム攻略っぽくてそれもまた面白いです。

招待コード【IoybrhG08】登録で5,000マイルがもらえますので、

普段から歩いているひとで「まだ使ってない」というひとは、無料でインストールして、無料で使えるので、ぜひ使ってみてください。

【IoybrhG08】
https://mapfan.to/trip-mile

スポンサーリンク

おわりに。ミニマリストと「徒歩」は相性がいい。

ということで、いかがでしょうか。

『【コスパ最強】ミニマリストにおすすめの移動手段は「徒歩」です。その理由を4つ紹介します。』という記事でした。

ミニマリストは、持ち物が少ない分、歩くときもラクちんです。

ぼくは、普段スマホ1台と、ワイレヤスイヤホンだけでお散歩したり、お出かけしたりします。

たまにサコッシュやリュックなど使いますが、基本的にはスマホだけです。

そうすると、とにかく「身軽」です。

荷物がないので、時にはランニングをしてササっと移動ができますし、落とし物をする心配がありません。

なので常に「歩くことに集中できる」という状態です。

歩くことで、健康にもなり、オーディオブックで知識投資にもなり、

ときには無になり「いまここ」つまり「マインドフルネス状態」になり気持ちや思考をリセットすることもできます。

ミニマリストと徒歩は、相性抜群ですね。

 

ということで、以上となります。

参考になれば、幸いです。

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

ぜひ、ミニマリストの方も、そうでない方も、「徒歩」で移動をして効果を実感してみてください。きっと毎日が素晴らしいモノになるでしょう。

最後に、「歩くこと」に関連するおすすめの本を1冊置いておきますので、まだ読んだことない方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

歩けば脳が活性化する (WAC BUNKO)

歩けば脳が活性化する (WAC BUNKO)

有田秀穂
Amazonの情報を掲載しています
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Minimalism, Walk
-, ,