Cryptocurrency

需要ないけど…NFTのニュースをテキトウにまとめただけの記事。

2021年12月21日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

需要ないけど…NFTのニュースをテキトウにまとめただけの記事。

 

特にこれと言って意味はないんですけど、とりあえずNFTに関連するニュースなどをまとめて記載するだけの記事です。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

MIYAVIデビュー20周年を記念しNFTを発売

MIYAVIデビュー20周年を記念しNFTを発売 KLKTN、「Month of MIYAVI」を開催決定  2022年1月より(AMP News)

 

NFTを通してアーティストとファンを結ぶグローバルなプラットフォーム「Kollektion」(コレクション)を提供するKLKTN Limited(以下、KLKTN)は、同プラットフォーム内において、2022年1月より、ロックミュージシャンMIYAVIのデビュー20周年を記念したNFT等を販売する「Month of MIYAVI」の開催すると発表した。(AMP Newsより引用)

 

Adidas Originals、初のNFTアイテム販売で2300万ドルを荒稼ぎ。

Adidas Originals、初のNFTアイテム販売で2300万ドルを荒稼ぎ。BAYCなどとコラボ(engadget)

 

Bored Ape Yacht Club(BAYC)やPUNKS Comic、gmoneyとのコラボを活用したアディダスのコレクションは、合計約3万種類のNFTアイテムについて早期販売で1550万ドル、一般発売後に750万ドルの合計2300万ドルを売りさばいたとのこと。(engadgetより引用)

 

明日花キララが撮りおろし作品をNFT化!世界に1点だけ!

明日花キララが撮りおろし作品をNFT化!世界に1点だけの限定NFTオークションを開催(PR TIMES)

 

SNSやYouTubeのフォロワー計470万人以上、プロデューサー業など幅広いジャンルで活躍中である美のカリスマ明日花キララが、撮りおろし写真を世界に1点のみの限定NFT(非代替性トークン)としてOpenSeaにてオークション形式で販売いたします。(PR TIMESより引用)

 

OpenSeaオークションページ

https://opensea.io/collection/asuka-kirara-limitednft

 

世界初の本格的なデジタルスカジャンNFT

【世界初】本格的なデジタルスカジャンNFTとフィジカルスカジャンをセット販売!(PR TIMES)

 

「スカジャン発祥の地」横須賀ドブ板通りにある1950年創業のスカジャン専門店『MIKASA』とスカジャン絵師(デザイナー)横地広海知が共同設立したジャパンジャケット合同会社(所在地:神奈川県横須賀市、代表:一本和良・横地広海知 )は、スカジャンカルチャーを世界に発信するため、デジタルコレクティブスカジャンNFTとフィジカルのスカジャンとの抱き合わせ販売をNFTマーケットプレイスOpenSea上で12月より開始いたしました。(PR TIMESより引用)

 

メルカリ、パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティングともにNFT事業へ参入

メルカリ、パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティングともにNFT事業へ参入(CNET Japan)

 

 同事業では、パ・リーグ6球団公式のサービスとして、パ・リーグ6球団の名場面やメモリアルシーンをコレクションできる「パ・リーグ Exciting Moments β」の提供を開始する。なお、パ・リーグ6球団としては、初めてのNFT事業連携になり、試合映像を使ったNFT事業にスポーツリーグが参入するのは日本初の試みだという。(CNET Japanより引用)

 

デジタルアートNFT「鉄腕アトム」が120ETH(約5300万円)で落札

手塚プロダクション初のデジタルアートNFT「鉄腕アトム」が120ETH(約5300万円)で落札!(PR TIMES)

 

手塚治虫氏の漫画原稿で構成されたモザイクアートNFT「鉄腕アトム」が、2021年12月18日にNFTマーケットプレイスOpenSeaで行われたオークションにおいて120ETH(約5300万円)で落札されました。(PR TIMESより引用)

 

中国企業、メタバースの商標出願が過熱

中国企業、メタバースの商標出願が過熱(COIN TELEGRAPH)

 

11月に中国人民銀行(PBOC)がメタバースとノンファンジブル・トークン(NFT)について警告したにもかかわらず、1000社以上の中国企業が数千件のメタバース関連の商標出願を行っている。(COIN TELEGRAPHより引用)

 

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来 Kindle版

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Cryptocurrency
-, , ,