広告 仮想通貨

MetaMask(メタマスク)にAndroidスマホで登録する方法【3分で可能】

※本記事・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

MetaMask(メタマスク)にAndroidスマホで登録する方法【3分で可能】

 

アンドロイドユーザーです。スマホでMetaMask(メタマスク)に登録したいけど手順がわかりません。どなたかMetaMask(メタマスク)にAndroidスマホで登録する方法を教えてください。

 

このような疑問を解消します。

 

記事の内容

  • MetaMask(メタマスク)にAndroidスマホで登録する方法【3分で可能】

 

記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、仮想通貨(暗号資産)投資歴が約4年ほどです。仮想通貨(暗号資産)で試したことなどを当サイトにアウトプットしています。

 

今回は「MetaMask(メタマスク)にAndroidスマホで登録する方法」を解説します。

 

ここ1~2年で、「Web3.0」や「NFT」、そして「メタバース」という概念がイッキに広まっています。

それに伴って、仮想通貨(暗号資産)の世界へ入ってくる方々もジワジワと増えてきました。

 

とはいえ、やはり仮想通貨(暗号資産)は「やり方がムズかしそう...」「ついていけないかも...」というイメージが強いのか、まだまだ発展途上であります。

 

ですので、本記事では、これから仮想通貨をやっていく上で必要な「お財布」(ウォレット)の開設手順を画像付きでご紹介していきます。

 

それではさっそくやっていきましょう。

れっつごー(・ω・)ノ

 

MetaMask(メタマスク)にAndroidスマホで登録する方法【3分で可能】

MetaMask(メタマスク)にAndroidスマホで登録する手順としては、下記のとおり。

 

手順

  1. PlayStoreにて『メタマスク』をインストールする
  2. 新規ウォレットを作成→パスワードを作成
  3. リカバリーフレーズ(秘密鍵)をメモる
  4. リカバリーフレーズ(秘密鍵)を入力
  5. メタマスクウォレットの登録が完了

 

上記の5ステップです。

実際は5ステップではなく、3ステップなので、もっとカンタンに感じるでしょう。

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 



①:PlayStoreにて『メタマスク』をインストールする

まずは、PlayStoreにて『メタマスク』をインストールしましょう。

 

 

「インストール」をタップ。

 

 

「開く」をタップ。

 

 

Metamaskへようこそ、という画面になります。

「開始」をタップします。

 

ここから「ウォレットの作成」が始まります。

 

メタマスクアプリはスクリーンショットを撮影しても”真っ暗”になってしまうため、パソコンのカメラでスマホを直接写した写真を掲載していきます。

 

②:新規ウォレットを作成→パスワードを作成

では、ここからは、「新規ウォレットを作成→パスワードを作成」をおこなっていきます。

 

 

ウォレットのセットアップ、という画面になりました。

 

  • 秘密のリカバリーフレーズを使用してインポートします
  • 新規ウォレットを作成

 

上記の2択となります。

 

今回は「新しくウォレットを作りたい!」という目的なので、「新規ウォレットを作成」をタップして進みます。

 

 

「メタマスクの改善にご協力ください」という画面になりました。

「I agree」をタップします。

 

 

「パスワードを作成」する画面となりました。

 

「新しいパスワード」と「パスワードの確認」という項目に、パスワードを入力します。

 

パスワードの強度がわかるので、大文字や小文字、英数字をうまく使って、なるべくセキュリティーを「強」にしておきましょう。

 

最後に、「MetaMaskがこのパスワードを復元できないことを理解しています。」にチェックを入れて、「パスワードを作成」をタップします。

 

 

「ウォレットの安全を確保」という画面になりました。

 

つまり、これから「リカバリーフレーズ」(秘密鍵)が表示されるため、周りにだれもいないか確認したり、メモを取れるように準備するなどしていきましょう、ということ。

 

「開始」をタップします。

 

③:リカバリーフレーズ(秘密鍵)をメモる

続いて、「リカバリーフレーズ(秘密鍵)をメモる」です。

先ほどの画面操作から続きます。

 

 

ウォレットの安全を確保

手動

秘密のリカバリーフレーズを紙に書き留めて、安全な場所に保管してください。

セキュリティレベル:非常に高い

次のようなリスクがあります:

  • 紛失する
  • 保管場所を忘れてしまう
  • 誰かに見つけられてしまう

他のオプション:紙でなくても構いません!

保管のコツ:

  • 銀行の金庫に保管する
  • 金庫に保管する
  • 複数の秘密の場所に保管する

 

上記のとおり。

 

この秘密鍵(リカバリーフレーズ)を忘れてしまうと、せっかく仮想通貨やNFTを購入しても、「二度とウォレットにアクセスできなくなる」という絶望が待っています。

 

ですので、ご自分の一番覚えやすい、またはやりやすい方法でリカバリーフレーズをメモして、そして保管しておきましょう。

 

ということで、「開始」をタップします。

 

 

「秘密のリカバリーフレーズを表示するにはタップしてください。誰にも画面を見られていないことを確認してください。」という表示がでます。

 

真ん中の「表示」をタップすると、リカバリーフレーズ(秘密鍵)が堂々と表示されるので、周りなどに注意しましょう。

 

それでは、真ん中の「表示」をタップして、リカバリーフレーズをメモしていきましょう。

 

 

紙にリカバリーフレーズをメモれましたでしょうか。

それでは、次に進んでいきます。

 

④:リカバリーフレーズ(秘密鍵)を入力

続いて、「リカバリーフレーズ(秘密鍵)を入力」です。

 

 

先ほどは、リカバリーフレーズをメモりましたよね。

 

メタマスクでは、最後に「秘密のリカバリーフレーズを確認」というチェックがあります。

 

スマホ画面の下のほうにある、1~12個のリカバリーフレーズを順番に並べていくだけです。

 

それでは、「リカバリーフレーズの確認」をやりましょう。

 

 

入力すると、緑の文字で「成功」と表示されます。

最後に「バックアップを完了」をタップすると、メタマスクウォレットの登録が完了します。

 

⑤:メタマスクウォレットの登録が完了

いよいよ最後です。

最後というか、「これでメタマスク完成です!」というだけなのですが。

 

 

ということで、先ほどの「リカバリーフレーズの確認」を完了すると、上の画像のように、「おめでとうございます」という表示が出てきます。

 

「完了」をタップします。

 

 

「セキュリティアップデートを自動的に確認しますか?」という表示が出てきます。

 

  • 自動セキュリティチェックを有効にする
  • 結構です

 

ひとにもよりますが、ぼくは、「自動セキュリティチェックを有効にする」をタップしておきました。

 

 

これにて、メタマスクウォレットを作成することができました。

 

やったー、これで仮想通貨のお財布が手に入りました!OpenSeaでNFTを買ったり、PancakeSwapでDeFiができるんですね!

 

デフォルトでは、「イーサリアムメインネットワーク」(イーサリアムチェーン上)になっています。

他のチェーンを使う際は、ネットワークの追加や切り替えなどをおこないましょう。

 

詳しくは下記の記事が参考になると思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 



まとめ:Metamask(メタマスク)に登録方法はカンタン!

まとめ:Metamask(メタマスク)に登録方法はカンタン!

 

今回は「Metamask(メタマスク)にAndroidスマホで登録する方法」を解説しました。

 

内容をまとめると、下記のとおり。

 

まとめ

  1. PlayStoreにて『メタマスク』をインストールする
  2. 新規ウォレットを作成→パスワードを作成
  3. リカバリーフレーズ(秘密鍵)をメモる
  4. リカバリーフレーズ(秘密鍵)を入力
  5. メタマスクウォレットの登録が完了

 

上記のとおり。

実際にスマホを操作しながら進めていくと、あっという間に、MetaMaskの登録が済むかと思います。

 

ここ数年で、イッキに「NFT」や「仮想通貨投資」がトレンドに上がってきました。

そこでやはり必要になるのが、今回ご紹介した『MetaMask』という、いわゆるオンライン上のお財布です。(MetaMask以外にも、TrustWalletやPhantomWalletなど様々なウォレットがあります)

この『MetaMask』(もしくはその他のウォレット)がなければ、OpenSeaでNFTを売買したり、PancakeSwapやSushiSwapなどのDeFiを使うことができません。

 

正直、MetaMaskという単語だけでも、もはや「なにそれ?怪しくね?」となって、躊躇してしまいそうになりますよね。笑

 

しかし、今回、本記事を読んでくださったあなたは、Web3.0の世界へと一歩踏み出すことができました。

 

仮想通貨やNFTの世界は、いろいろなエラーやトラブルが何度も起こる世界ではありますが、とにもかくにも、最初はちょっとずつ小さく試してきましょう。

 

まずは、しっかりと「パスワード」と「リカバリーフレーズ」はお忘れないように!

 

ということで、本記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの仮想通貨ライフの一助や参考になれば幸いです。

 


人気のレンタルサーバー

  • この記事を書いた人

ひでおわーるど

ブロガー YouTuber Kindle本出版 週4日だけ労働│東京│30歳 168cm 52kg 細マッチョ│ほぼ全身ユニクロ│ゆるミニマリスト│新NISAインデックス積立 暗号資産 FX│目標:複業で月20万円稼ぐ│INFP-T│お仕事お悩み相談はDMまで✉️

-仮想通貨
-, , , , ,