Cryptocurrency

Everdome($DOME)を5週間ステーキングしてみた結果【あとは将来に任せた】

2022年4月1日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

Everdome($DOME)を5週間ステーキングしてみた結果【あとは将来に任せた】

 

こんにちは、ひでおわーるど(@hdowrld)です。

 

EverdomeにてStakingしてから、気がつけば、5週間が経過していました。

 

ぼくが選択したStaking期間としては、「2022年2月22日22時頃から2022年3月29日22時頃まで」です。

 

EverdomeにDOMEをStakingしたときの記事はこちら。

» 低所得者がEverdomeのStakingに$DOMEを預けてみた。【忘れて放置】

 

それでは5週間ほどDOMEをステーキングしてみた結果を見ていきましょう。

 

仮想通貨やEvedome関連に興味をもっている方の参考になれば、幸いです。

 

宜しくお願い申し上げます。

 

Everdomeを5週間Stakingしてみた結果

まず結論というか結果は、以下のとおりです。

 

 

88.9 DOME を報酬(Vested reward)として得ることができました。

 

注意ポイント

ただし、この今回の88.9 DOMEがウォレットに受け取ることができるのは、12か月後です。

 

Unlock期間をおえて、今回「2022/3/30」にClaim rewardをしたため、そこから12か月後の、「2023/3/30/12:49」にウォレットに受け取ることができます。

 

ひでおわーるど
12か月後は長いように思えるけど、まぁそのときに価値が爆上がりしていたらうれしいな~と楽観的に考えています。

 

現在(2022/4/1時点)は、0.05ドルほどですが、今後、時価総額や価格が高まっていってくれたらうれしいですね。



DOMEをUnlock deposit&Claim rewardする方法や手順

この章では、DOMEをUnlock deposit&Claim rewardする方法や手順をスクショとともに解説していきます。解説というか備忘録ですね。

 

まずは、Everdomeの公式ページへいき、「Staking」を押すと、以下の画面になります。

 

 

 

「Unlock deposit & Claim reward」をタップします。

 

 

少額のガス代金(手数料)を支払います。

「Confirm」をタップします。

 

 

トランザクションが完了すると、上のような「トランザクション #〇〇〇 が完了しました」という通知が表示されます。

 

これにて完了です。

 

一応、メタマスクウォレットを確認すると、Stakingに預けていた元本のDOMEがもどってきました。

今回の場合、1800 DOMEがウォレットに返還されました。(買い増しした分も含まれているので3100 DOMEになっています)

スポンサーリンク

おわりに。この先DOMEをどうするか。

今回、Stakingに預けたことで、reward報酬として、約88.9 DOMEを仮ゲットすることができました。

 

12か月後に得られるため、良い意味で「使わずにガチホ」することができます。

 

いまは、現在保有している分のDOMEをどうしようかなと考えています。

 

  • ふたたび、DOMEをStakingに預ける(10週間とかすこし長めに設定する)
  • 現物のままウォレットに入れておいて年末くらいまで放置
  • PancakeSwapでDOME-WBNBにしてLPに預ける

などいくつか考えています。

 

DOMEをStakingに入れると、シンプルに12か月後のDOMEの枚数が増えます。

ただ、Staking期間はLockされますし、Lock期間が終わったとしても、Claimすると、そこから報酬を得られるのは12か月後のため、少し長く感じてしまいます。

 

とはいえ、今後、メタバースや、クリプトが盛り上がっていくのであれば、2022年だけでなく、2023年もさらに盛り上がっていそうな感じはあり、そのときにはDOMEやTensetなども、今よりも価格が高くなっていそうですよね。

 

青い鳥
数年間忘れて保有しておいて、数年後にめちゃくちゃ金額が増えている現象を体験するのが夢です。

 

ということで、本記事は以上となります。

 

DOMEに幸あれ。DOMEの今後の成長が楽しみです。

 

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

メタバース 完全初心者への徹底解説: 2021年 仮想世界を巡る百花繚乱時代

メタバース 完全初心者への徹底解説: 2021年 仮想世界を巡る百花繚乱時代

白辺 陽
780円(10/06 12:17時点)
発売日: 2021/11/03
Amazonの情報を掲載しています
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Cryptocurrency
-, , , , ,