Gadget Minimalism

【ミニマリスト】Sinjimoruのスマホ背面カードケースはお財布代わりになる。1年以上使用した感想・レビュー。

2021年10月13日

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

こんにちは、ひでおわーるどです。

 

「【ミニマリスト】Sinjimoruのスマホ背面カードケースはお財布代わりになる。1年以上使用した感想・レビュー。」という記事です。

かれこれ、1年ほど「Sinjimoru」のカードケースを使用しています。

青い鳥
青い鳥

お財布は本当に必要ないの?小銭とかどうしてるの?おしえて、ひでおわーるど!

こんな方におすすめ

  • お財布を手放して身軽になりたいひと
  • スマホ1台で身軽にお出かけしたいひと
  • スマホのカードケース選びに悩んでいるひと

参考になれば、幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

結論ですが、Sinjimoruのカードケースでお財布事情は解決しました。

結論ですが、Sinjimoruのカードケースでお財布事情は解決しました。

さっそく結論なのですが、Sinjimoruのカードケースのおかげで、お財布事情は解決しました。

かれこれ1年以上は使用しています。笑

何個か買い替えるなどして、1年以上は使用しています。笑

 

元々は、家族にプレゼントでいただいた、Calvin Kleinというブランドの長財布を使用していました。

見た目は超シンプルなモノで、個人的には気に入っていました。

しかし、「財布の中身は、良くも悪くもそこまでカードやお札、小銭入れてないんだよなぁ。。」という感じで、けっこうスリムでした。

 

なので2年前に「9割捨て」を実行している最中に、ついでに「長財布も手放してみよう」ということで、手放しました。

 

最初は、「ジップロック」にカードも小銭もお札も入れてました。

透明なので中身が見えるので、「お会計のときに、すぐに必要な金額やカードを取り出せる」と思っていました。

しかしそれとは逆で、「小銭がジャラジャラして取りづらい」「カードが、他のカードや小銭にぶつかり傷ついてしまい、使用不可」などの手間が発生しました。笑

 

そこから「小銭とかも持たないようにして、スマホとクレカだけにしよう」ということに決めました。

しかもラッキーなことに、その時期に

・LINEPay

・Paypay

などのスマホQR決済サービスが開始したりしてました。

 

なので、「スマホだけあれば、とりあえず買い物できる」ということになります。

 

そして「スマホの背面に貼り付けるカードケース」をいくつか購入し、期間ごとに使っていきました。

そのなかでも1番使いやすくて使用期間も長いのが、「Sinjimoru」のカードケースとなりました。

 

ぼくのこのSinjimoruカードケースを装着したスマホでの支払い方やお金管理としては、

・基本的にクレジットカード支払い(楽天カード)

・”現金払いのみ”のお店では、折りたたんである千円札を使用。小銭は短パンのチャック付きポケットへ。

・ポイントカードや会員証は、”電子版”を使う。紙のカードは本当に大事なモノ以外破棄。

・お店によって「クレカは無理。でもPaypayはOK。それか現金。」もあるので、そのときはPaypay支払い。

・レシートなどは背面カードケースに折りたたんで収納する。

このような感じで使用しています。

 

 

Sinjimoruのカードケースのメリット

一応、少しでも参考になればとの思いで、紹介させていただきますね。

 

・値段がほかのカードケースと比較して、安価(780円)

・ケースが「閉じる」ので、カードが飛び出しづらい

・カードが4枚も入り、さらにお札1枚なども入る

・プラスチックケースなので、ちょっとした雨や汚れも防げる

 

こんな感じで、特に目立つようなすごい機能があるわけではありません。

しかしそれだからこそ「シンプルに使える」ので素晴らしいです。

 

Sinjimoruのカードケースのデメリット

正直、デメリットはあまり思い浮かびません。それくらい気にいってるのと、生活にフィットしているからです。

 

しいて挙げるとするのであれば、

・プラスチックなので、長期間使っているとボロくなる

というくらいでしょうか。

 

ボロくなるとはいえ、「カードケースがしっかり閉じる」ので、あまり問題ありません。

お散歩のときも、お出かけのときも「いきなりケースが開いてしまって、カードが飛び散ってしまった」などのトラブルは、今のところありません。

ボロくなったとしても、780円でこの身軽さが再度手に入れることができます。

Amazonで売ってます>>Sinjimoru 貼り付け型スマホカードケース

 

財布を手放して、スマホだけにしたことで時間もお金も増えた。

財布を手放して、スマホだけにしたことで時間もお金も増えた。

上記では「Sinjimoru」カードケースの簡易レビューてきな感じでした。

 

そして、お財布を手放し、スマホだけにしたことで、だいぶお金や時間が増えました。

青い鳥
青い鳥

なんでお財布を手放したのに、お金も時間も増えるんだ?なにが起きたんだ?

 

なにが起きたかを、具体的に書くと、

自動販売機を使わなくなったし、使えなくなった

あの"FIREの民"で有名な厚切りジェイソンさんも、自動販売機を使いません。

 

なぜなら、「少ない容量なのに、値段が高い」からです。

それなら数km先の、スーパーやドラッグストアで「大容量2Lで、100円」の飲み物を買うほうが、長い期間飲めますし、なによりも安いです。

厚切りジェイソンさんの記事はこちらから見れます>>厚切りジェイソンの投資論「人生をリッチするために必要な投資と節約術」

 

過去のぼく自身も自販機は、あまり使っていませんでした。

厚切りジェイソンさんと同じ感覚で「ドラッグストアとかで買うほうが、安くて、何倍も飲めるから」です。

 

ただ、人間って「働いていて、お財布に650円くらい小銭がある」という状態だと、「まぁ小銭邪魔だし、ちょうど使っちゃおうか...」というように、一瞬でその数百円を消費してしまうことがあります。そのあとは「ゴクッゴクッ」と数分で飲み干します。

 

しかしぼくは、長財布を手放して、スマホだけにしたことで

「そもそも小銭がない!元々あまり自販機使わなかったけど、小銭がないから使えない!よし!」という感じが「当たり前」になりました。

 

おかげで、お金が自然と貯まるようになりました。

 

身軽に散歩ができる。「財布を用意する」という手間が省ける。

お財布を手放して、スマホだけにしたことで、時間が生まれました。

 

特に「お散歩」が身軽になり、より楽しくなりました。

ぼくは毎日お散歩をしています。けっこう早歩きなので、ウォーキング感覚です。

 

数年前のぼくは、出かけるときに「長財布を片手に持つ」とか「財布をポケットに入れるために、ズボンを履き替える」などの手間をかけていました。

 

なので外出先で、なにか「いただきもの」などをしたときに、両手がパンパンで、片手に財布を持とうとしますが、落ちてしまったり。。

又、ズボンの種類によっては「ポケットが浅い」こともあり、雨の日なのに長財布が落ちてしまって汚れる。などありました笑

 

あとは意外と年に数回発生していたのが「買い物しにきたが、お財布を忘れた」ということです笑

片道のガソリン代や、時間が単に浪費されていくあの感じは、今こうしてブログを書いていて、ジワジワと思い出してしまいました。

 

しかし、財布を手放し、スマホにしたことで簡単にそれらの悩みは解決しました。

サンダルと半袖短パンで過ごしているのですが、あとはスマホを持ってお出かけするだけです。

財布をカバンから出したり、ズボンを合わせたりする時間が減り、雨が降っていても気になりません。

 

散歩をしてるときに、メモアプリに書いていた「必要なモノ」とか「使ってみたいモノ」を思い出すのですが、散歩の帰り道に、例えば「ダイソー」があれば、そこに寄って、買い物をして、片手に荷物を持って帰ることもできます。

 

いろいろ書きましたが、これを要約して箇条書きすると、

・財布を探したりする手間が減るので、時間が増えた

・散歩の帰り道に必要なモノを買えば、別の日に行く手間が減り、時間が増えた

・お会計時に「カードでお願いします」と言えば、小銭を探したり、店員さんも小銭を数えるなどしなくていいので、スムーズに買い物を済ますことができる

・Sinjimoruスマホカードケースに「運転免許」を入れているので、急に運転をお願いされたときも、「財布の中に免許忘れた!」ということが減り、いつでも運転できる

という感じで、生活の「意外と無駄な動作」を減り、「スムーズな動き」が増えたことでラクになりました。

 

おわりに。お財布を手放してラクな生活をおくりましょう。

おわりに。お財布を手放してラクな生活をおくりましょう。

ということで、今回は「【ミニマリスト】Sinjimoruのスマホ背面カードケースはお財布代わりになる。1年以上使用した感想・レビュー。」という記事でした。

 

お財布をもたない生活をして、かれこれ2年ほどですが、本当にラクです。

「忘れた」、「無くした」、「盗られるかも」という、小さいようで何度も訪れるあのソワソワする不安や恐怖が、なくなります。

 

そして最後に「1番よかったな」と思うのは、「見栄をはらないでいい」という事が自然に身付いたことです。

 

もちろんこれは「見栄をはるな」という否定てきな発言ではありません。

むしろ高級な財布とか、美しい財布を使うことで「信用」を増やす効果も、お財布にはあります。

 

ただぼくの場合、その高級な財布を今現在持っていたとしても、僕の場合「豚に真珠」「猫に小判」状態です。笑

その「お財布の価格代金」を、自分自身の健康や、知識、スキルアップに投資したほうが、あとあとになって、プラスに作用すると思います。

 

なので今のぼくは「見栄をはってスゴイ高い財布を買う」より、「そのお金で自己投資」のほうが有意義だな思い、本を買ったり、ブログの勉強などをしています。

 

ということで、本記事は以上となります。

お財布を手放して、身軽になりましょう。

スマホと、Sinjimoruのスマホカードケースを使えば、より身軽に生活を送れるので、おすすめです。

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひでおわーるど

『小さく試しまくろう!』/試しまくってたらパラレルワーカーになってた28歳/FXトレーダー(主にドル円、原資27万円)/雑記ブロガー(500記事執筆、収益4~5桁継続)/雑系YouTuber(総再生数53万回)/ゆるミニマリスト(8割手放し、服は16枚)/S&P500積立/仮想通貨投資/学び、知識、体験など等身大で発信

-Gadget, Minimalism
-, ,